休日定番「501」R、ドレスに着こなす5つのテクとは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

デニムはリラックスしてラフに穿くもの。そんな固定観念に囚われていないだろうか?休日定番の501は、実はエレガントに穿きこなしてこそ魅力的。鍵は”ドレスマインド”だ。

リーバイス® ビンテージ クロージング / LEVIS® VINTAGE CLOTHING

リーバイス ビンテージ クロージング
3万円(リーバイ・ストラウス ジャパン)

ドレスに穿く501、最適モデルは”1954年”仕様

年代ごとに様々な変遷を遂げてきた501のアーカイブを復刻させたシリーズが”ビンテージ クロージング”。1954年モデルは、深すぎない股上や適度に細身のテーパードレッグなどドレスに穿きやすいデザインが大人にオススメだ。

<strong>革パッチひとつにも様々な語りどころが</strong><br>レザーパッチに表記されているとおり、正式名は「501 Z XX」。Zはジップフライ、XXは高品質を謳う'エクストラ エクシード'を表す。

革パッチひとつにも様々な語りどころが
レザーパッチに表記されているとおり、正式名は「501 Z XX」。Zはジップフライ、XXは高品質を謳う'エクストラ エクシード'を表す。

<strong>ジップフライにも歴史的な背景が</strong><br>フロントはジップフライ。当時、米国東海岸での販売を始めたリーバイスが、ボタンフライに馴染みのない人のために採用したものだ。

ジップフライにも歴史的な背景が
フロントはジップフライ。当時、米国東海岸での販売を始めたリーバイスが、ボタンフライに馴染みのない人のために採用したものだ。

<strong>ステッチにもエピソードあり</strong><br>物資不足の大戦中にはペイントで表現されていたアーキュエイトステッチだが、1954年モデルは縫いが復活。やや浅めのアーチも特徴。

ステッチにもエピソードあり
物資不足の大戦中にはペイントで表現されていたアーキュエイトステッチだが、1954年モデルは縫いが復活。やや浅めのアーチも特徴。

<strong>生地はもちろんコーンミルズ製</strong><br>長年のパートナーであるコーンミルズ社のセルビッジデニム。リジッドデニムは洗って馴染ませるシュリンク トゥ フィットを楽しめる。

生地はもちろんコーンミルズ製
長年のパートナーであるコーンミルズ社のセルビッジデニム。リジッドデニムは洗って馴染ませるシュリンク トゥ フィットを楽しめる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop