【2018年まとめ】人気だった「月曜日」のコーディネートはコレだ!

Facebook
Twitter
fashion_1224_mon_sp.jpg

スーツやジャケットをはじめとする少数精鋭のアイテムを駆使しながら、1週間を通して毎日いかに変化をつけたコーディネートを作れるか?——に挑戦する「スーツの着回し1週間チャレンジ!」。MEN’S EX ONLINEにて大人気のこの着回し企画、2018年を振り返って、曜日ごとのおすすめコーディネートをご紹介! 春夏、秋冬通して、仕事にも休日にも参考になるコーディネートがたくさんあるので、是非チェックしてみよう! 

2018年、人気だった「月曜日のコーディネート」はコレだ!(写真6枚)



スタッフクレジットは各コーディネートの詳細ページに記載

関連記事:火曜、水曜、木曜・・・他の曜日のコーディネートは?

<b><font color=red>BEAMS</font><br />週始めの長丁場会議や国内出張は、伸びるスーツで体力温存</b><br />「裏地や芯地をなくしたアンコンスーツなら、長時間座りっぱなしの会議や出張でも疲れません。」と、ビームス プレスの安武さんが着回し1週間チャレンジの1発目に提案してくれたのは、ラルディーニのスーツ。<br />ウールながら実にストレッチ性が高く、撥水もしてパッカブルにもなるという機能派だ。しかもこれ、パンツのウエスト部分の後ろはゴムになっているのもポイント。長時間座っているときでも、腰回りのストレスをやわらげてくれるだろう。<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/180423_12.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

BEAMS
週始めの長丁場会議や国内出張は、伸びるスーツで体力温存

「裏地や芯地をなくしたアンコンスーツなら、長時間座りっぱなしの会議や出張でも疲れません。」と、ビームス プレスの安武さんが着回し1週間チャレンジの1発目に提案してくれたのは、ラルディーニのスーツ。
ウールながら実にストレッチ性が高く、撥水もしてパッカブルにもなるという機能派だ。しかもこれ、パンツのウエスト部分の後ろはゴムになっているのもポイント。長時間座っているときでも、腰回りのストレスをやわらげてくれるだろう。
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>STRASBURGO</font><br />シワが気にならないパッカブルスーツは、月曜から普段使いにも活躍!</b><br />この手のイージースーツは今、スーツ界の一大トレンドになっている。そのブームを牽引するのが、花を模したラペルピンでお馴染みのイタリアブランド、ラルディーニ。ストレッチ性や防シワ性、優れたシワ回復力は、出張時の携行性を考えた仕様だが、普段使いにも活用度大。スーツを着用しなければならない真夏日の憂鬱も、緩和してくれるはずだ。 <br />「今回は白のドレスシャツ、レジメンタル柄のネクタイをコーディネート。あらゆるスーツスタイルの基本形となる着こなしです」。<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/180521_8042.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

STRASBURGO
シワが気にならないパッカブルスーツは、月曜から普段使いにも活躍!

この手のイージースーツは今、スーツ界の一大トレンドになっている。そのブームを牽引するのが、花を模したラペルピンでお馴染みのイタリアブランド、ラルディーニ。ストレッチ性や防シワ性、優れたシワ回復力は、出張時の携行性を考えた仕様だが、普段使いにも活用度大。スーツを着用しなければならない真夏日の憂鬱も、緩和してくれるはずだ。
「今回は白のドレスシャツ、レジメンタル柄のネクタイをコーディネート。あらゆるスーツスタイルの基本形となる着こなしです」。
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>伊勢丹</font><br />王道のネイビースーツで爽やかに始める一週間</b><br />社内での会議やプレゼンで始まる月曜日は、王道の紺無地スーツできりりとスタート。 <br />「週始めは決めすぎのスーツよりは、肩の力を抜いたやわらかいスーツの方がエンジンがかかりやすく、パフォーマンスも引き出せる気がします。とはいえ、仕事なのでくだけすぎた印象はご法度。しっかりとネクタイを締めて業務に臨みます。その上でボタンダウンシャツのボタンをあえて外したり、カラーバーを使って襟元に立体感を演出したりして、抜け感を意識すると若手社員のネイビースーツとは差をつけられます」(バイヤー山浦勇樹さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/180917_9028.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

伊勢丹
王道のネイビースーツで爽やかに始める一週間

社内での会議やプレゼンで始まる月曜日は、王道の紺無地スーツできりりとスタート。
「週始めは決めすぎのスーツよりは、肩の力を抜いたやわらかいスーツの方がエンジンがかかりやすく、パフォーマンスも引き出せる気がします。とはいえ、仕事なのでくだけすぎた印象はご法度。しっかりとネクタイを締めて業務に臨みます。その上でボタンダウンシャツのボタンをあえて外したり、カラーバーを使って襟元に立体感を演出したりして、抜け感を意識すると若手社員のネイビースーツとは差をつけられます」(バイヤー山浦勇樹さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>TOMORROWLAND</font><br />月曜日はプレタポルテ並の上等なスーツでやる気を注入</b><br />週始めの一着に選んだのは、無地感覚で着こなせるグレンチェック柄のネイビースーツ。 <br />「気持ちを引き締めたい月曜日は、フォーマル感のあるネイビースーツを。おすすめは'限りなくテーラーメイドの手法を取り入れたプレタポルテ'がコンセプトのトゥモローランド ピルグリム。なかでもこちらは、エグゼクティブに向けた最もハイエンドなメイド・イン・ジャパンコレクションです。ネクタイは無地の落ち着いたボルドーカラーであくまでストイックにし、存在感のあるスーツとバランスをとりましょう。さらにシャツは黒のロンドンストライプのクレリック、靴はハンガリーの工房にてハンドソーンで作られるキャップトウを。品がありながら程よくボリューム感があり、英国的な今年らしいコーディネートと好相性です」(プレス関内健太郎さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/181022_9320.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

TOMORROWLAND
月曜日はプレタポルテ並の上等なスーツでやる気を注入

週始めの一着に選んだのは、無地感覚で着こなせるグレンチェック柄のネイビースーツ。
「気持ちを引き締めたい月曜日は、フォーマル感のあるネイビースーツを。おすすめは'限りなくテーラーメイドの手法を取り入れたプレタポルテ'がコンセプトのトゥモローランド ピルグリム。なかでもこちらは、エグゼクティブに向けた最もハイエンドなメイド・イン・ジャパンコレクションです。ネクタイは無地の落ち着いたボルドーカラーであくまでストイックにし、存在感のあるスーツとバランスをとりましょう。さらにシャツは黒のロンドンストライプのクレリック、靴はハンガリーの工房にてハンドソーンで作られるキャップトウを。品がありながら程よくボリューム感があり、英国的な今年らしいコーディネートと好相性です」(プレス関内健太郎さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>La Gazzetta 1987</font><br />きちんと見えてラクできるスーツでパフォーマンスUP</b><br />定例会議などの多い週初めはタイドアップ必須という方も多いはず。とはいえ会議の後は先週溜まった仕事や今週の計画に追われて、結構バタつくものだ。そこで佐々木さんが提案するのがこちらの着こなし。<br />「ストレッチの効いた超軽量仕立てながら、周囲からはそう見えないドレス感が特徴のスーツを軸にしました。これなら長時間会議で座っていてもラクですし、ハードなデスクワークもストレスなくこなせます。きちんと見えつつラクな服装は、仕事のパフォーマンスを最大限高めてくれるでしょう。グレー無地のスーツに白シャツ、ストライプタイという定番的なビジネススタイルですが、タイが9.5cmと太幅だったり、シャツがタブカラーだったりと、さりげないところで個性をプラスしています。コートもベーシックな紺無地ですが、ダブルブレストで一格上の佇まいを意識しました」(プレス 佐々木皓哉さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/181126_9618.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

La Gazzetta 1987
きちんと見えてラクできるスーツでパフォーマンスUP

定例会議などの多い週初めはタイドアップ必須という方も多いはず。とはいえ会議の後は先週溜まった仕事や今週の計画に追われて、結構バタつくものだ。そこで佐々木さんが提案するのがこちらの着こなし。
「ストレッチの効いた超軽量仕立てながら、周囲からはそう見えないドレス感が特徴のスーツを軸にしました。これなら長時間会議で座っていてもラクですし、ハードなデスクワークもストレスなくこなせます。きちんと見えつつラクな服装は、仕事のパフォーマンスを最大限高めてくれるでしょう。グレー無地のスーツに白シャツ、ストライプタイという定番的なビジネススタイルですが、タイが9.5cmと太幅だったり、シャツがタブカラーだったりと、さりげないところで個性をプラスしています。コートもベーシックな紺無地ですが、ダブルブレストで一格上の佇まいを意識しました」(プレス 佐々木皓哉さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>DESIGNWORKS</font><br />忙しい師走の月曜日はネイビースーツで気合注入</b><br />多忙を極める師走の月曜日は、紺のスーツで気持ちを引き締めて好スタートを切ろう。 <br />「会議も多い月曜日は、隙のないビジネススタイルがおすすめです。定番の紺スーツを中心に、紺のストライプシャツ、紺のネクタイと、紺づくしでまとめれば、慌ただしい週明けの朝もコーディネートが迷いなく決まり、清潔感のある身嗜みを瞬時に作ることができます。これに羽織ったのは、今回唯一のアウターとして選んだチェスターコート。落ち着いたグレーのヘリンボーン織りと品格を感じるシルエットが、あらゆるビジネススタイルに万能です」(プレス大橋 渡さん)。 <br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/181203_9662.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

DESIGNWORKS
忙しい師走の月曜日はネイビースーツで気合注入

多忙を極める師走の月曜日は、紺のスーツで気持ちを引き締めて好スタートを切ろう。
「会議も多い月曜日は、隙のないビジネススタイルがおすすめです。定番の紺スーツを中心に、紺のストライプシャツ、紺のネクタイと、紺づくしでまとめれば、慌ただしい週明けの朝もコーディネートが迷いなく決まり、清潔感のある身嗜みを瞬時に作ることができます。これに羽織ったのは、今回唯一のアウターとして選んだチェスターコート。落ち着いたグレーのヘリンボーン織りと品格を感じるシルエットが、あらゆるビジネススタイルに万能です」(プレス大橋 渡さん)。
コーディネートの詳細はこちら

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019

Dec. VOL.307

12

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop