今、知っておくべき「スーツ最近事情」とは?【識者4人が座談会】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

スーツスタイルを仕事に、人生にどう活かすかは、一人一人の働き方や自己プロデュースのあり方によって大きく違う。スーツスタイルに”普遍”はあれど、スーツの選び方に絶対の正解はないのだ。着る人を魅力的な人物に見せる服=スーツを、アナタの”これから”にどう、上手に役立てるか?ここではその術を様々な目線から、明らかにしていこう。

森岡 弘さん,金森 陽,山浦勇樹さん,中村達也さん

ファッションディレクター 森岡 弘さん(左)
編集者からスタイリストへ転身し、現在は企業向けの講演なども多数こなすオールマイティな知性派。
MEN’S EX編集長 金森 陽(中左)
新しいモノもコトも大好き。世相の変化を見つつ、大人への新しいライフスタイル提案を日々模索中。
三越伊勢丹 バイヤー 山浦勇樹さん(中右)
クラシコ系インポートブランドの担当バイヤー。今年からメイドトゥメジャー担当にも就任。
ビームス クリエイティブディレクター 中村達也さん(右)
ドレスクロージング部門の統括役。クラシックとは”普遍”であっても”不変”ではないと語る。

スーツのあり方が今、変わりつつある

金森 皆様、お集まりいただきありがとうございます。働き方も装い方も大きく変化している昨今、スーツのあり方も変わってきています。ここからは今、そしてこれからのスーツ事情について、皆様にお伺いしたく思います。

中村 私が感じるのは、スーツの”スタンダード”が変わりつつあるということ。大きな転換期を迎えていると言えますね。ですが、全く新しいスタイルに変わっていくというわけではなく、スーツ本来のエレガンスが見直されているということです。

山浦 クラシックに回帰する流れは三越伊勢丹でも顕著です。オーダーが活況なのもそれゆえでしょうね。一方で、より仕事のパフォーマンスを上げるためのイージーなスーツに対する需要もかつてない高まりを見せています。一言で言うと、二極化の時代に突入したなという印象があります。

金森 品格を求めるのか快適を求めるのかで、スーツ選びの正解が全く異なってくるという点が今の特徴ですよね。ただ、どちらにも共通するのは、”他人への敬意を表すための服“ということだと思います。ビジネスにおいて、この意識を忘れてはいけないかなと。

森岡 スーツで自分をデザインするという意識も一流企業人の間で芽生えつつあります。相手へ礼を尽くしつつ、自分をどのような人間に演出するか。ここに、スーツは大きな役割を果たしてくれると考えています。

金森 なるほど。では、皆様のお考えをここから詳しく伺っていきましょう!

「装いに対する意識の格差が広がっています」(森岡さん)
「何のために着るのか改めてよく考えないとダメですね」(金森)
「カラスのような画一的なスタイルはもはや過去のもの」(山浦さん)
「むしろ若い人が今、クラシックを支持し始めています」 (中村さん)



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2018年12月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop