2020年的クールビズ「軽装化の最適解」はタカシマヤにあり! 2020年的クールビズ「軽装化の最適解」はタカシマヤにあり!

ピッティ発・2019年春夏メンズ最新トレンド速報!【Pitti 94 Report ♯01】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
fashion_pitti_title.jpg

「Pitti Imagine Uomo94」全体を振り返ってみよう!

2018年6月12日(火)−6月15日(金)の4日間にわたり、イタリア・フィレンツェにてメンズファッションの大展示会「ピッティ・イマージネ・ウォモ」が開催されました。

2018_pitti_1_5619.jpg
初日のMEN’S EX チーム。暑い中でも、ピッティ初日はやはりタイドアップでいきたい。

今回は、MEN’S EX本誌から編集長の金森と副編集長の小曽根、そしてMEN’S EX ONLINE編集長の平澤が参戦。これから今回のピッティにて気になった色や素材のトレンド、イチオシVゾーン、イベント報告等々、随時レポートしていきます!

fashion_pitti_1_1380796.jpg

第94回目となる今回は「PITTI OPTICAL POWER」。”OPTICAL”(視覚的な)その名の通り、会場となるフォルテッツァ・バッソのエントランスや中庭などにも、カラフルな色のトーンやコンビネーションを印象づけるディスプレイが目を引きました。

クラシックブランドのブースが固まるメイン館の前には、カラフルな人が腰かけた壮大なディスプレイ。

クラシックブランドのブースが固まるメイン館の前には、カラフルな人が腰かけた壮大なディスプレイ。

横にもPOPの文字が華やかに。

横にもPOPの文字が華やかに。

初日のビームスチームと、モデルのDavidのスタイル。常夏のフィレンツェの陽射しと石畳には、こうしたブラウン系のスーツが映えます。

初日のビームスチームと、モデルのDavidのスタイル。常夏のフィレンツェの陽射しと石畳には、こうしたブラウン系のスーツが映えます。

こちらは2日目から合流した西口さん。ネイビージャケットのインナーにラガーシャツを挟み、その下にデニムシャツでタイドアップという新しいスタイル!

こちらは2日目から合流した西口さん。ネイビージャケットのインナーにラガーシャツを挟み、その下にデニムシャツでタイドアップという新しいスタイル!

L.B.M.1911は、いつもトルソーでのコーディネート提案が上手。今回はグリーン、ブラウン、ベージュの組み合わせが目立った。

L.B.M.1911は、いつもトルソーでのコーディネート提案が上手。今回はグリーン、ブラウン、ベージュの組み合わせが目立った。

ジーゼニアは、テニスをイメージしたコーディネートやディスプレイ。スーツにもカジュアルにもハイテク素材が多数。

ジーゼニアは、テニスをイメージしたコーディネートやディスプレイ。スーツにもカジュアルにもハイテク素材が多数。

チルコロ1901は、転写プリントの技術力がどんどん上がっている。近くで見ると、もはや織りにしか見えないレベル!

チルコロ1901は、転写プリントの技術力がどんどん上がっている。近くで見ると、もはや織りにしか見えないレベル!

今年で創業70周年を迎えるヘルノは、フィレンツェのレオポルダ駅で、過去のアーカイブとともに、これまでの素材の進化を見ることができるスペシャルパーティを行った。

今年で創業70周年を迎えるヘルノは、フィレンツェのレオポルダ駅で、過去のアーカイブとともに、これまでの素材の進化を見ることができるスペシャルパーティを行った。

圧巻の色バリを誇る、フェデーリのコットンシャツ。ネイビーやベージュ系だけでも、トーンの違いで多様な色がある。

圧巻の色バリを誇る、フェデーリのコットンシャツ。ネイビーやベージュ系だけでも、トーンの違いで多様な色がある。

ラルディーニのディスプレイの美しさは、いつも圧巻だ。今回は、イエローを効かせたブラウン系コーデが満載。

ラルディーニのディスプレイの美しさは、いつも圧巻だ。今回は、イエローを効かせたブラウン系コーデが満載。

ドルモアは、コントラストを効かせたニットonニットの提案が良かった。

ドルモアは、コントラストを効かせたニットonニットの提案が良かった。

3代続くミラノのタイメーカー、ステファノ ビジは今年で80周年。おじいさんの代のアーカイブネクタイやカードケースなども公開。

3代続くミラノのタイメーカー、ステファノ ビジは今年で80周年。おじいさんの代のアーカイブネクタイやカードケースなども公開。

クロケット&ジョーンズは、ローファーのバリエーションが多かったのも印象的。

クロケット&ジョーンズは、ローファーのバリエーションが多かったのも印象的。

GTAからは、ウエストのサイドアジャスタが内側で自在にゆるめられるスペシャルギミックのパンツが登場。

GTAからは、ウエストのサイドアジャスタが内側で自在にゆるめられるスペシャルギミックのパンツが登場。

ソンリーザのジャージープリントシャツ。プリントを、ジャージー素材に施したというのが新鮮。

ソンリーザのジャージープリントシャツ。プリントを、ジャージー素材に施したというのが新鮮。

日本ではまだ新しいニットブランド、アルフレッド。ブロークンマシンというものを使い、わざと引っかいたような編みあがりにしているのが面白い。

日本ではまだ新しいニットブランド、アルフレッド。ブロークンマシンというものを使い、わざと引っかいたような編みあがりにしているのが面白い。

人気のブース、ドレイクスのコーディネート例。スーツにもこうしたカジュアルなニットを巻いたりして、「スーツを楽しく着る」というメッセージが伝わってきた。

人気のブース、ドレイクスのコーディネート例。スーツにもこうしたカジュアルなニットを巻いたりして、「スーツを楽しく着る」というメッセージが伝わってきた。

サンタニエッロは、素材開発力にかなり力を入れている。ブラウン系やソラーロ生地のバリエーションも多数。こちらは後日詳しくレポート予定。

サンタニエッロは、素材開発力にかなり力を入れている。ブラウン系やソラーロ生地のバリエーションも多数。こちらは後日詳しくレポート予定。

ナポリの靴ブランド、フランチェスコ・べニーニョ。ひだひだになった靴の模様は、すべて革でプリーツのように作っている。

ナポリの靴ブランド、フランチェスコ・べニーニョ。ひだひだになった靴の模様は、すべて革でプリーツのように作っている。

ガブリエレ パジーニ。英国テイストな胸元だが、実は結構派手柄を組み合わせている。しかし、色のトーンや柄のピッチのバランスが絶妙なので違和感なく馴染むのがさすが。

ガブリエレ パジーニ。英国テイストな胸元だが、実は結構派手柄を組み合わせている。しかし、色のトーンや柄のピッチのバランスが絶妙なので違和感なく馴染むのがさすが。

made in Italy の新星、アカーテ。服を邪魔しない、シンプル&上質な佇まいが海外&日本のバイヤーからも好評価。

made in Italy の新星、アカーテ。服を邪魔しない、シンプル&上質な佇まいが海外&日本のバイヤーからも好評価。

ベルヴェストは、超軽量&アンコンのジャケットを発表。これだけの軽さ、柔らかさがありながら、きちんと見えるのは作りの良さの証拠。

ベルヴェストは、超軽量&アンコンのジャケットを発表。これだけの軽さ、柔らかさがありながら、きちんと見えるのは作りの良さの証拠。

PT01のサマーコーデュロイパンツ。かなり細畝で柔らかなタッチ、少し色あせたようなトーンも夏に◎。

PT01のサマーコーデュロイパンツ。かなり細畝で柔らかなタッチ、少し色あせたようなトーンも夏に◎。

サルトリオのディスプレイは、フォーマルにスニーカーを合わせたりと、スーツの着こなしの幅広さを提案していた。

サルトリオのディスプレイは、フォーマルにスニーカーを合わせたりと、スーツの着こなしの幅広さを提案していた。

日本の丹後発・ネクタイメーカーのクスカ。職人が、反物を織るのと同じように、1本1本全工程を手織りしているという手間のかけ方により、独自の風合いが生まれる。

日本の丹後発・ネクタイメーカーのクスカ。職人が、反物を織るのと同じように、1本1本全工程を手織りしているという手間のかけ方により、独自の風合いが生まれる。

海外からも大人気のカモシタ。スーツって、そんなに肩肘張らずに、もっとリラックスして楽しく着てもいいんじゃない? という気持ちになる。

海外からも大人気のカモシタ。スーツって、そんなに肩肘張らずに、もっとリラックスして楽しく着てもいいんじゃない? という気持ちになる。

パオロ アルビザッティのこちらは、ネクタイと見せかけて、実はタイ生地ベルト! 夏の腰周りお洒落に最適。 

パオロ アルビザッティのこちらは、ネクタイと見せかけて、実はタイ生地ベルト! 夏の腰周りお洒落に最適。 

エリコ フォルミコラは、サファリシャツなどもリリース。薄手のシャツアウターも人気だった模様。

エリコ フォルミコラは、サファリシャツなどもリリース。薄手のシャツアウターも人気だった模様。

ムンガイのシアサッカーチーフ。チーフでシアサッカーというのが面白い。

ムンガイのシアサッカーチーフ。チーフでシアサッカーというのが面白い。

フランコ バッシは、イエローに着目。ネイビーとのコントラストも、夏に映えそうだ。

フランコ バッシは、イエローに着目。ネイビーとのコントラストも、夏に映えそうだ。

べグ アンド コーは、ロンドンのアーティストであるジョン・ブースにスペシャルオーダーした絵画を、そのままストールの柄に! 

べグ アンド コーは、ロンドンのアーティストであるジョン・ブースにスペシャルオーダーした絵画を、そのままストールの柄に! 

REDAのプレゼンテーションは、最新機能素材の「レダ アクティブ」が出来るまでを分かりやすく展示。

REDAのプレゼンテーションは、最新機能素材の「レダ アクティブ」が出来るまでを分かりやすく展示。

エルネストは、ジャケットだけでなくスーツも。強く、渋い色のトーンが存在感大。

エルネストは、ジャケットだけでなくスーツも。強く、渋い色のトーンが存在感大。

ロトゥセの、すべて土に還るエコな素材を使ったスリッポン。ソールの返りの良さ、歩き安さは抜群だ。

ロトゥセの、すべて土に還るエコな素材を使ったスリッポン。ソールの返りの良さ、歩き安さは抜群だ。

ロロ・ピアーナ一族の新ブランド「シーズ」。環境に配慮したハイテク素材が多数登場。

ロロ・ピアーナ一族の新ブランド「シーズ」。環境に配慮したハイテク素材が多数登場。

ヘルノの素材開発力も毎回、凄い。今回の目玉は、雨が降って生地が濡れると文字が浮かびあがり、雨が止んで生地が乾くと文字が消えるというスペシャルファブリック。実際に商品に水をかけての展示もインパクト大。

ヘルノの素材開発力も毎回、凄い。今回の目玉は、雨が降って生地が濡れると文字が浮かびあがり、雨が止んで生地が乾くと文字が消えるというスペシャルファブリック。実際に商品に水をかけての展示もインパクト大。

こうしたジュエリーブランドも、多数出展している。中でも美しかったのが天然石を大胆に使ったプロジェット・フェードのもの。

こうしたジュエリーブランドも、多数出展している。中でも美しかったのが天然石を大胆に使ったプロジェット・フェードのもの。

ブルネロ クチネリのコーディネート提案も、いつも統一感があって美しい。今回はスポーティなアイテムとドレスなアイテムのコンビネーションがカッコよかった。

ブルネロ クチネリのコーディネート提案も、いつも統一感があって美しい。今回はスポーティなアイテムとドレスなアイテムのコンビネーションがカッコよかった。

ロサーセンは、スペシャルなイラストが描かれたポロシャツを発表。ゴルフだけじゃなく、街着カジュアルとしても着られそう。

ロサーセンは、スペシャルなイラストが描かれたポロシャツを発表。ゴルフだけじゃなく、街着カジュアルとしても着られそう。

フィオリオのネクタイも、イエロートーンが目立った。こちらは細やかな小紋柄が多数。

フィオリオのネクタイも、イエロートーンが目立った。こちらは細やかな小紋柄が多数。

タリアトーレの生地感も良かった。とくに青のグラデーション、バリエーションの美しさは圧巻。

タリアトーレの生地感も良かった。とくに青のグラデーション、バリエーションの美しさは圧巻。

イーヴォからは、シャツのように見える極薄アウターも登場。アウターブランドは、夏に勝負できる軽量素材の開発に余念がない。

イーヴォからは、シャツのように見える極薄アウターも登場。アウターブランドは、夏に勝負できる軽量素材の開発に余念がない。

バグッタのカラーシャツはビビッドなトーン、多様な襟柄のバリエーションが目を引いた。

バグッタのカラーシャツはビビッドなトーン、多様な襟柄のバリエーションが目を引いた。

ナポリのティト・アレグレットは、ティトさんご本人が好む着こなしをそのままトルソーに。シャツの襟出し、中にスカーフをイン。

ナポリのティト・アレグレットは、ティトさんご本人が好む着こなしをそのままトルソーに。シャツの襟出し、中にスカーフをイン。

ヴァルスターは、日本製のシャリ感ある軽量ファブリックを投入。ラスティカラーも美しい。

ヴァルスターは、日本製のシャリ感ある軽量ファブリックを投入。ラスティカラーも美しい。

白場を多めに取り、鮮やかな色を差し込んだドレイクスのストライプタイも良かった。

白場を多めに取り、鮮やかな色を差し込んだドレイクスのストライプタイも良かった。

毎回ピッティで特定の国にフォーカスするゲストネーション。今回は、ジョージアに注目。知られざる新鋭ブランドが多数登場。

毎回ピッティで特定の国にフォーカスするゲストネーション。今回は、ジョージアに注目。知られざる新鋭ブランドが多数登場。

ベルスタッフからも、イエローを効かせた軽量アウターが登場した。

ベルスタッフからも、イエローを効かせた軽量アウターが登場した。

マリア サンタンジェロからは、夏に涼しげなウォッシュドリネンやガルザ調シャツが登場。

マリア サンタンジェロからは、夏に涼しげなウォッシュドリネンやガルザ調シャツが登場。

エドワード グリーン。ドレッシーな木型ながら、革の質感がラフという組み合わせが新鮮。

エドワード グリーン。ドレッシーな木型ながら、革の質感がラフという組み合わせが新鮮。

ルイジ ボレッリからは、今回もアーカイブ柄からとられたストライプシャツがたくさん登場。ブルーとブラウンを多用した逆抜きストライプは、この秋も気分だ。

ルイジ ボレッリからは、今回もアーカイブ柄からとられたストライプシャツがたくさん登場。ブルーとブラウンを多用した逆抜きストライプは、この秋も気分だ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop