これぞ優等生の”色”仕掛け!? ジョン スメドレーの別注半袖ニットポロ/今、欲しいモノの話。

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

JOHN SMEDLEY
ジョン スメドレーの別注半袖ニットポロ

ジョン スメドレーの別注半袖ニットポロ
ナチュラルなコットンの風合いが気持ちいい。色は、右からチャコールグレー、インディゴブルー、ホワイト、オレンジ、ボルドー、ラベンダー。各2万7000円(エストネーション)

甘編みの小襟が今どきモダンに装える

甘編みの小襟が今どきモダンに装える

ジョンスメのニットポロといえば、ロングポイントの襟羽根がトレードマーク。そこを今回あえて5cmのショートポイントに別注。通常30ゲージの身頃も24ゲージで仕上げることで、程よいリラックス感を獲得した。


ニットポロも色で季節感を楽しもう

ポロシャツほど使い勝手のいい夏アイテムはない。襟があるので程よくきちんと感を出せたり、かと思えば襟を立てるなど、着崩してカジュアルにも装える。

なかでも1784年に英国で創業したジョン スメドレーの軽量かつファインゲージのニットポロは格別。2世紀以上にわたり築き上げられた技術で信頼を得ている優等生と言える。

そこに目をつけたのがエストネーション。もともと30ゲージあった編みを、少しだけ甘編みの24ゲージに。さらっとしたワッフル調の生地は肌にベタつきにくい。小襟にしたことで、軽やかさも加わった。何より、初夏の気分を盛り上げる6色展開が嬉しい。あまり深く考えずスニーカーを選ぶような感覚で、初夏らしい”色”を楽しもう。似合う色がきっとある。


お問い合わせ先

エストネーション
TEL:03-5159-7800



[MEN’S EX 2018年6月号の記事を再構成]
撮影/赤尾昌則 スタイリング/武内雅英(CODE) 文/伊澤一臣

※表示価格は税抜き
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop