ニューバランスのMade in USAとMade in UKは何が違う?【米国編】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

ニューバランスファンの間で聖地といわれる生産地がある。米国、そして英国だ。じつはこの両国の違いは素材選びにあるという。米国は専用ラボを設けて、日夜最先端の技術を研究するなど、同社の進化の中核を担っていることからわかるように、素材も”スポーツ”を感じさせるものが多い。対して英国は、通常スポーツシューズには使われないような、上質なレザーなどを採用しているモデルも多いのが特徴。そんな違いまで味わうのも、ニューバランスならではの楽しみ方なのだ。

Made in USA見出し

ニューバランスの母国アメリカでは現在5つの工場が稼動している。なかでも発祥の地、ボストン郊外にあるローレンス工場は米国最大級の規模を誇り、最先端の機材を完備。専用ラボを設けており、同社の進化の源となっているほか、キャリア数十年単位のベテランも多数在籍し、職人技術も継承し続けている。ちなみに服好きから人気の復刻モデル等も米国製が多い。

ニューバランスM1400 M1400

日本の熱烈なオファーで正式リリースされた傑作
1980年代に企画されるも、当時の技術では量産が困難でお蔵入りに。日本支社の熱い要望で、’94年に日の目を見た、通好みなモデルだ。こちらはその傑作のなかでもキメ細かいヌバックレザーを採用した新作。6月発売予定。2万7000円



| 作っているのはこちら |

Made in USA工場

高さ約81mの巨大な時計塔がそびえ立つローレンス工場。元々は歴史ある織物工場だった場所に最新の設備を整え、ハイスペックな靴作りの中核を担わせている。米国の雇用を下支えする、という理念のもと長年この地を本拠とし、多くの職人を育成。代代同工場に勤務する職人家族もいるほど、ボストンの地に溶け込んでいる。

<b><font color=red>M998</font></b><br /><b>往年の名作ランシューも職人技で忠実に再現</b><br />最新技術をいち早く取り入れる900番台モデルの5代目として、1993年にリリースされた「M998」を、米国ファクトリーで忠実復刻。適度に細身なフォルムと、衝撃吸収性に優れる“ABZORB”もしっかりと踏襲されている。2万4000円

M998
往年の名作ランシューも職人技で忠実に再現
最新技術をいち早く取り入れる900番台モデルの5代目として、1993年にリリースされた「M998」を、米国ファクトリーで忠実復刻。適度に細身なフォルムと、衝撃吸収性に優れる“ABZORB”もしっかりと踏襲されている。2万4000円

<b><font color=red>ML1978</font></b><br /><b>“軽くて上品”を追求して職人技を注入</b><br />代表作「M990」から着想したアッパーデザインに、ビブラム社と共同開発した高機能ソールが融合。通気孔を多数設けたピッグスキンスエードを採用することで、品のいい顔つきからは想像できないほど軽い履き心地に。1万9800円

ML1978
“軽くて上品”を追求して職人技を注入
代表作「M990」から着想したアッパーデザインに、ビブラム社と共同開発した高機能ソールが融合。通気孔を多数設けたピッグスキンスエードを採用することで、品のいい顔つきからは想像できないほど軽い履き心地に。1万9800円

<b><font color=red>M990</font></b><br /><b>新たな魅力を秘めた旗艦モデルのアースカラー</b><br />1982年の誕生以来、幾度も改良が加えられているフラッグシップモデル「M990」。その12代目として2016年に登場した最進化版「990v4」の新色・コバートグリーンは、過度なスポーツテイストを払拭してくれる美色。2万7000円

M990
新たな魅力を秘めた旗艦モデルのアースカラー
1982年の誕生以来、幾度も改良が加えられているフラッグシップモデル「M990」。その12代目として2016年に登場した最進化版「990v4」の新色・コバートグリーンは、過度なスポーツテイストを払拭してくれる美色。2万7000円

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop