休日の上品メンズパンツ、クリースは「あり」派、「なし」派?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

休日くらいは、ウールも「クリースフリー」でいこう

仕事で好印象をキープするのに、ビシッとクリースの入ったパンツを穿くのは鉄則。でも休日くらい、アイロンがけから解放されたい。そんな思いは、クリース作業不要(フリー)でも上品な見映えを築ける、下のようなタイプのウールパンツでカタチにしよう。

「マサッチョ」モデル着用
パンツ2万8000円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ) ブルゾン8万6000円/ストーンアイランド(トヨダトレーディング プレスルーム) ニット4万円/ザノーネ(スローウエアジャパン) カットソー1万2000円/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム) 靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ 青山店) 鞄11万8000円/ザネラート(アマン)
「ヴェルディ」モデル着用
パンツ2万6000円/ジャブスアルキヴィオ(エフーエヌ) ニット2万2000円/エストネーション(エストネーション) ポロシャツ2万9000円/ドルモア(バインド ピーアール) メガネ2万2000円/レイバン(ミラリ ジャパン) 時計70万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン) 靴1万9800円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド) 鞄4万5000円/モールヒル(オカベ アンド パートナーズ) 

GIAB’S ARCHIVIO
ジャブスアルキヴィオの「マサッチョ」(モデルカット上)、「ヴェルディ」(モデルカット下)

シックさとリラックス感とのさじ加減が絶妙なブランド
1953年にフィレンツェでパンツ工房として創業したジャブスアルキヴィオ。老舗のノウハウを生かしつつ、素材や形で攻め抜いたコレクションが近年大ヒット中だ。中でもとりわけ人気の高いのがこの2モデル。ともに生地は僅かにポリウレタンを混紡したウールで伸縮性も高い。

fashion_20180323_woolpants_4.jpg 「マサッチョ」(モデルカット上):ドローコード+両脇のゴムシャーリングを備えたベルトレスモデル。ステッチによるクリースは寛ぎ感と折り目正しさのバランスが絶妙な意匠。2万8000円(以上エフイーエヌ)

fashion_20180323_woolpants_2.jpg 「ヴェルディ」(モデルカット下):デビュー以来アップデートを続ける、定番ワンプリーツモデル。腰回りにゆとりをもたせつつ、裾にかけてぐっとテーパードするシルエットは、クリースなしでも品ある佇まいをキープしてくれる。2万6000円。



[MEN’S EX 2018年4月号の記事を再構成]
撮影/平井敬治、岡田ナツ子、武蔵俊介 文/吉田 巌(十万馬力)、安岡将文、桐田政隆 スタイリング/武内雅英(CODE)

※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Sep. VOL.314

9

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop