トム フォードのスーツが官能的に見えるのは、ラペルのカタチに秘密があったー【どうしても欲しいスーツ】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

勲章スーツ名鑑
ファッション賢者を魅了する男前ラペル vol.1


クラシックびいきの紳士に愛される、メゾンがある。たとえばトム フォードとブリオーニ。クラフツマンシップ溢れる両者のスーツは、ラペルの表情も実に男前だ。象徴的な2モデルの魅力に迫ろう。

\ 華やかにして男らしい幅広のピークトラペル /


TOM FORD
トム フォードの「シェルトン」

トム フォードの「シェルトン」
トレンドとしても注目のピークトラペル。流麗な胸元のラインに吸いつくようなトムフォードのそれは、美しさが段違いだ。

スタイリッシュにして正道を行くオトコのスーツ

TOM FORD
スーツ44万円、シャツ6万円、タイ3万円、チーフ2万2000円/以上トム フォード(トムフォード ジャパン)

絞られたウエストに、長めの着丈。そして逞しい胸元へ吸いつくように据えられた、華麗にして迫力に満ちたピークトラペル——ドレッシーでありながら男らしさと、圧倒的な官能美に溢れるこのスーツは、’16年誕生のシルエット「シェルトン」をベースにした一作だ。

ネイビー×ブルーのシャークスキン生地は、スーパー110’S原毛を使用したブランド当初より続く定番。しなやかさの中にも適度なコシを備え、ラペルやボディラインを陰影豊かに、艶めかしく浮かびあがらせる。

ジェンダーレスなスタイルがもて囃される昨今だが、スーツはそもそも男性の衣服であり、男性の身体を最も魅力的に彩るもの。そんな男服の本質を研ぎ澄ませた正道の服作りこそ、トム フォードのスーツがファッション賢者に愛される理由だろう。




ファッションディレクター
森岡 弘さん

「私にとってのトム フォードの官能美」

「優雅なラペルの表情に加えて、狭いボタンの間隔や広幅のポケットフラップなど、仕立てに確信犯的な面白さが感じられます。男の身体を構築的に魅せる工夫が随所に凝らされているんです。色っぽくて艶やかで、大好きなブランド」




[MEN’S EX2018年03月号の記事を再構成]
撮影/谷田政史(CaNN)〈人物〉、若林武志〈静物、取材〉、上仲正寿〈取材〉、長尾真志〈取材〉、武蔵俊介〈静物〉、久保田彩子〈静物〉 スタイリング/武内雅英 ヘアメイク/MASAYUK(I The VOICE) 構成・文/伊澤一臣 文/池田保行(04)、秦大輔、間中美希子、吉田 巌(十万馬力) 撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー



関連記事:「トム フォード」のスーツが、男性の身体を官能的に美しく見せる理由

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Summer VOL.324

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop