「ブルックス ブラザーズ」創業200年の実力とは——【Pitti Uomo Report vol.05 まとめ後編】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
180130_bn_pittirepo.jpg

前編はこちら
中編はこちら

vol5. ブルックス ブラザーズ200周年スペシャルショーにフィレンツェの宮殿が湧いた!


ピッティ

前編≫と≪中編≫では、アイテム、コーディネートの話が主体だったが、こちらの≪後編≫では、今回のピッティで行われたイベントやショーのについて振り返る。

まず今回のピッティ・ウォモで、会場内の展示を含めて個人的に一番記憶に残ったものの1つとして、ブルックス ブラザーズの200周年記念として行われた、ブランド初のランウェイファッションショーをあげたい。

ブルックス ブラザーズは、1818年に創業したアメリカの誇る老舗ブランド。今年2018年はブランド創業200周年イヤーということで、世界各国でさまざまなスペシャルイベントが企画されている。その幕開けとして選ばれたのが、本国アメリカでなく、ピッティ・ウォモ93の開催に合わせて、イタリアのフィレンツェの地が選ばれた。これは、メンズファッション業界において、ピッティ・ウォモがいかに重要な位置づけであるかを示しているともいえる。

ショーの会場には、パラッツォ・ベッキオという、フィレンツェの街を代表する歴史的な建造物が使われた。建物のレンガの壁には、プロジェクションマッピングによりブランドのアイコンであるゴールデンフリースが映し出され、その上でNo.1ストライプの旗がなびいていた。いざランウェイショーが幕を開ければ、その音楽がオーケストラの生演奏というのもなんともクラシックで素晴らしかった。たとえば日本の国立博物館のようなところでこうしたファッションショーを行うことは、かなりハードルが高い。しかし他国ブランドのアニバーサリーイヤーを祝うイベントに、こうした国宝級の美術品がたくさん貯蔵されている、歴史的建造物を公開する懐の広さは、さすがファッション大国イタリアだと思った。



夢の一夜! ヴェッキオ宮殿でのスペシャルファッションショー(写真13枚)



また、ピッティ期間中、同じヴェッキオ宮殿の一階にはスペシャルアーカイブが展示された。創業当時の顧客ノートや、『華麗なるギャツビー』をはじめ、歴代の名作映画に使われた映画衣装、初代のBDポロシャツなどなど、ブルックス ブラザーズ ファンにはたまらない貴重なコレクションを見ることができた。このアーカイブ展は、今年2018年のうちに、日本でもフィレンツェの4倍くらいの規模で開催予定とのこと。これは見逃せない! 



ずっと見ていても飽きない! 貴重なアーカイブコレクション(写真15枚)

フィレンツェ市内のシニョーリア広場にあるパラッツォ・ヴェッキオ(ヴェッキオ宮殿)。1299年から1314年にかけて建設されたといわれ、メディチ家がその昔こちらの宮殿からピッティ宮殿に移り住んだことから、イタリア語の「旧い宮殿」の意味でパラッツォ・ヴェッキオと呼ばれている。現在も建物の一部はフィレンツェ市庁舎として使われている。この壁に、巨大なゴールデンフリースとNo.1ストライプが映し出され、一夜限りの「パラッツォ・ブルックス」となった!

フィレンツェ市内のシニョーリア広場にあるパラッツォ・ヴェッキオ(ヴェッキオ宮殿)。1299年から1314年にかけて建設されたといわれ、メディチ家がその昔こちらの宮殿からピッティ宮殿に移り住んだことから、イタリア語の「旧い宮殿」の意味でパラッツォ・ヴェッキオと呼ばれている。現在も建物の一部はフィレンツェ市庁舎として使われている。この壁に、巨大なゴールデンフリースとNo.1ストライプが映し出され、一夜限りの「パラッツォ・ブルックス」となった!

スペシャルファッションショーは、メンズ計45ルックを発表! ブルックス ブラザーズのアイコン的アイテムたちが、モダンに姿を変えた。

スペシャルファッションショーは、メンズ計45ルックを発表! ブルックス ブラザーズのアイコン的アイテムたちが、モダンに姿を変えた。

アイコニックなネクタイに合わせたスーツは、フロントの仕様がモダンに。

アイコニックなネクタイに合わせたスーツは、フロントの仕様がモダンに。

ランウェイを最高に盛り上げたのが、オーケストラ・フィルハーモニカ・イタリアーナ。ランウェイショーというと、デジタルな音が多いが、この生オーケストラというのがパラッツォ宮殿の歴史ある雰囲気とマッチして最高だった。

ランウェイを最高に盛り上げたのが、オーケストラ・フィルハーモニカ・イタリアーナ。ランウェイショーというと、デジタルな音が多いが、この生オーケストラというのがパラッツォ宮殿の歴史ある雰囲気とマッチして最高だった。

カジュアルのルックもカッコよかった。

カジュアルのルックもカッコよかった。

ところどころにウィメンズが入っていたのもよかった。こんな格好が似合うようになりたい。

ところどころにウィメンズが入っていたのもよかった。こんな格好が似合うようになりたい。

ジャケット・イン・ジャケット。パープルな挿し色は、このランウェイにも。

ジャケット・イン・ジャケット。パープルな挿し色は、このランウェイにも。

太いタイバーや、ストライプのサスペンダーがインパクトあり。

太いタイバーや、ストライプのサスペンダーがインパクトあり。

ブルックス ブラザーズ誕生の地であるニューヨークをイメージして、アリシア・キーズの楽曲を演奏。

ブルックス ブラザーズ誕生の地であるニューヨークをイメージして、アリシア・キーズの楽曲を演奏。

圧巻のフィナーレ!

圧巻のフィナーレ!

拍手が鳴り止まない。

拍手が鳴り止まない。

国宝級の美術品の間を、モデルが歩くという贅沢。これぞイタリアの懐の深さ!

国宝級の美術品の間を、モデルが歩くという贅沢。これぞイタリアの懐の深さ!

「2 CENTIRIES OF INOVVATION」。—2世紀の間、1つのブランドが続くって凄いことだ。ピッティ期間中、パラッツォ宮殿の1階ではスペシャル回顧展が開催された。これは日本にも、今年アーカイブ展として巡ってくる予定だとか。日本でも、是非見ておきたいコレクションだ。

「2 CENTIRIES OF INOVVATION」。—2世紀の間、1つのブランドが続くって凄いことだ。ピッティ期間中、パラッツォ宮殿の1階ではスペシャル回顧展が開催された。これは日本にも、今年アーカイブ展として巡ってくる予定だとか。日本でも、是非見ておきたいコレクションだ。

創業当初のニューヨークのお店の写真など、お宝のアーカイブが並ぶ。

創業当初のニューヨークのお店の写真など、お宝のアーカイブが並ぶ。

初期の顧客台帳なども。

初期の顧客台帳なども。

台帳のほか、眼鏡などのアーカイブも。

台帳のほか、眼鏡などのアーカイブも。

昔のフォーマルウェアもカッコいい!

昔のフォーマルウェアもカッコいい!

No.1サックスーツも代表作。

No.1サックスーツも代表作。

ブルックス ブラザーズのネクタイといえば、やはりストライプだ。ストライプの種類別に、No1、2、3……と名前がある。

ブルックス ブラザーズのネクタイといえば、やはりストライプだ。ストライプの種類別に、No1、2、3……と名前がある。

昔の映画の衣装などもいろいろ。

昔の映画の衣装などもいろいろ。

『華麗なるギャツビー』の衣装もあった。

『華麗なるギャツビー』の衣装もあった。

これまたお宝! 初代ブルックス ブラザーズのBDシャツ。

これまたお宝! 初代ブルックス ブラザーズのBDシャツ。

歴代のBDシャツのラインナップも面白い。

歴代のBDシャツのラインナップも面白い。

アメリカントラッドなスタイルの変遷が勢ぞろい。

アメリカントラッドなスタイルの変遷が勢ぞろい。

プレッピー・ハンドブックなどの書籍も多数。

プレッピー・ハンドブックなどの書籍も多数。

No.1ストライプのタイのコーディネートもいろいろあって新鮮。

No.1ストライプのタイのコーディネートもいろいろあって新鮮。

今、着てもお洒落!チルデン風セーター。

今、着てもお洒落!チルデン風セーター。

小さなブックレットも保存状態良好。

小さなブックレットも保存状態良好。

「インターナショナル・ウールマーク・プライズ」。ファイナリスト12組の作品をモデルが着用して登場。

「インターナショナル・ウールマーク・プライズ」。ファイナリスト12組の作品をモデルが着用して登場。

ウールの糸をイメージしたプロジェクションマッピング。

ウールの糸をイメージしたプロジェクションマッピング。

ウールマーク会長による挨拶。

ウールマーク会長による挨拶。

イノベーション部門の優勝者は「DYNE」。

イノベーション部門の優勝者は「DYNE」。

ウィメンズ部門の優勝者は「Bodice」。

ウィメンズ部門の優勝者は「Bodice」。

メンズ部門の優勝者は「マシュー・ミラー」。

メンズ部門の優勝者は「マシュー・ミラー」。

こちらがメンズ勝者のマシュー・ミラーの作品。

こちらがメンズ勝者のマシュー・ミラーの作品。

メリノウールを用いたコンテンポラリーなスタイル。

メリノウールを用いたコンテンポラリーなスタイル。

その他のファイナリストの作品たち。

その他のファイナリストの作品たち。

ファイナリストの作品たち。

ファイナリストの作品たち。

「レダ」とモダンスポーツウェアのスペシャルコラボレーション。

「レダ」とモダンスポーツウェアのスペシャルコラボレーション。

ストレッチ性や透湿性のある「レダアクティブ」の生地

ストレッチ性や透湿性のある「レダアクティブ」の生地

参加デザイナーが、各々にレダアクティブの生地を用いて、アスリートマインドなウェアを発表した。ウールマークプライズのイノベーション部門の勝者、「DYNE」も参加。

参加デザイナーが、各々にレダアクティブの生地を用いて、アスリートマインドなウェアを発表した。ウールマークプライズのイノベーション部門の勝者、「DYNE」も参加。

イタリアの老舗ファブリックと、アメリカのスポーティウェアの融合。

イタリアの老舗ファブリックと、アメリカのスポーティウェアの融合。

DYNEのデザイナーは、ナイキでも経験を積んでいるということで、テクニカルなファブリック使いに長けている。

DYNEのデザイナーは、ナイキでも経験を積んでいるということで、テクニカルなファブリック使いに長けている。

他にドイツの「AEANCE」も参加。

他にドイツの「AEANCE」も参加。

洗えるレダファブリックを使用。

洗えるレダファブリックを使用。

フィンランドブランドの注目株、「ikla Wright × Turo」。

フィンランドブランドの注目株、「ikla Wright × Turo」。

クラシックな雰囲気がありながら……

クラシックな雰囲気がありながら……

襟裏で遊びを入れるなどちょっとモードな香りも。

襟裏で遊びを入れるなどちょっとモードな香りも。

ビッグシルエットのコート

ビッグシルエットのコート

クラシカルなブルゾンに加え、こういったちょっとモードなブルゾンも。

クラシカルなブルゾンに加え、こういったちょっとモードなブルゾンも。

GUEST NATION FINLANDには、8ブランドが参加した。

GUEST NATION FINLANDには、8ブランドが参加した。

来場者の注目も集まっていた。

来場者の注目も集まっていた。

UNDERCOVERから、ショーが始まった。テーマは「order - disorder」。

UNDERCOVERから、ショーが始まった。テーマは「order - disorder」。

フリースセットアップが新鮮

フリースセットアップが新鮮

「AIに支配される人間への警告」「プロテクトウエア」な解釈が、コレクションに落とし込まれた。

「AIに支配される人間への警告」「プロテクトウエア」な解釈が、コレクションに落とし込まれた。

色とメッセージを使ったコレクション。原色のラバーブーツが効いていた。

色とメッセージを使ったコレクション。原色のラバーブーツが効いていた。

UNDERCOVERのフィナーレ。宇宙服のようなダウンジャケットの隊列がインパクト大。

UNDERCOVERのフィナーレ。宇宙服のようなダウンジャケットの隊列がインパクト大。

TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. は、アンダーカバーと逆で「disorder-order」をテーマに。

TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. は、アンダーカバーと逆で「disorder-order」をテーマに。

「怒りや悲しみ、そして喜びが入り混じった表現しきれない感情」を表現。

「怒りや悲しみ、そして喜びが入り混じった表現しきれない感情」を表現。

グランドフィナーレ。黒と白に分かれた両ブランドが左右から行きかうグランドフィナーレ。

グランドフィナーレ。黒と白に分かれた両ブランドが左右から行きかうグランドフィナーレ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop