【美食と新服 #5】お腹いっぱい!の幸せを

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

スペシャルな美食店にどんな新作服を着ていこう?

特別な”美食”「ちゃんこ川﨑」×
お洒落な”新服” 「ジャブス アルキヴィオ」のイージースラックス

美食と新服 伝統と歴史ある佇まいの「ちゃんこ川﨑」は、力士の作る料理として言わずと知れたちゃんこ鍋を昭和12年より提供し続けている名店。

「鍋料理を食べに来る装いって難しいと思うんです。でも両国は下町ですので、そこまで気を遣わずにお食事を楽しみに来ていただけたら嬉しいです」。

とはいえ、あまりにもカジュアルな格好では失礼というもの。そこは大人らしく、最低限のマナーとしてジャケットを羽織り、イージーパンツを外しのアイテムとして遊ぶくらいがちょうど良いのではなかろうか。日本人には身近な鍋料理だからこそ、リラックスして食事を楽しみたい。

お洒落な”新服”
Giab’s Archivio

Giab's Archivioのトラウザーズ 小粋な大人カジュアルを演出する新感覚のトラウザーズ
PANTS?ジャブスアルキヴィオ


カジュアルな印象を与えつつ、ジャケットスタイルとも好相性のイージースラックス「マサッチョ」。イタリアブランドらしい洒脱さに加え、穿く人への優しさも光る。ウエストは両サイドゴムシャーリングとドローコード仕様。ストレッチ性のあるウールトロピカル素材を用い、ストレスフリーの穿き心地。クリースが取れる心配のないシームクリースにするなどのちょっとした気遣いも、嬉しい一本である。パンツ2万8000円(エフイーエヌ)

美食と新服 ジャケット6万4000円/チルコロ1901、ポロシャツ2万6000円/ジョン スメドレー(以上ビームス ハウス 丸の内) 靴18万円/ジョン ロブ(ジョン ロブ ジャパン) 時計49万5000円/タグ・ホイヤー(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー)

特別な”美食”
Chanko Kawasaki

3代続く味に惹かれて連日賑わう老舗店
「ちゃんこ川﨑」店主 川﨑正さん

「ちゃんこ川﨑」店主 川﨑正さん
PROFILE
東京・両国生まれ。初代で、元力士の横手山が作った味を3代目として守りながら、日々精進を怠らずにいる。

相撲の聖地・両国にて、創業80年の歴史を誇る老舗ちゃんこ屋。さっぱりとした醤油ベースのスープに、もも、砂肝、レ バーなどの鶏と、白菜、葱、しらたき、油揚げなどが入った、ソップ炊きのちゃんこ鍋が評判。「両国は、鶏の聖地でもあったんです」。と、話してくれたように一度は食する価値のある味わい。2017年にはミシュランガイド東京2017のビブグルマンにも選出された。ちゃんこコース5250円

RESTAURANT DATA
住所:東京都墨田区両国2-13-1 TEL:03-3631-2529  営業時間:17時〜21時 休:日曜・祝日 ※ちゃんこコースは2名以上〜(予約は4名以上〜)

[MEN’S EX 2018年2月号の記事を再構成]
撮影/長尾真志 スタイリスト/村上忠正 ヘアメイク/勝間亮平(masculine)、古川 純、TOYO(bello.) 取材・文/長崎義紹(paragraph)、中河由起恵(paragraph)、中村竜也(paragraph) 取材協力/甘利美緒

※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop