“性別の呪縛”からの脱却とは? フランシス・クルジャンの25周年記念フレグランスが発売

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

肌と心で感じる新しい香り

香水を作り出すのは調香師の仕事。今、若手で最も人気のある一人と言えば、キャリア25周年を迎えたフランシス・クルジャン、その人です。すでに自分の名前を冠したブランドは世界的なヒットを飛ばしていて、日本でもクリアな香調の”アクア ユニヴェルサリス”は大変人気があります。また他の有名メゾンでも、ゲストパフューマーとして活躍もしているクルジャンが、斬新な香りを発表しました。

フランシス・クルジャン
来日したフランシス・クルジャン氏。

そのコンセプトは非常にユニーク。調香に用いた49種類の香料の中から、メインとする6つの香料(ジュニパーベリーエッセンス、ナツメグエッセンス、コリアンダーシードエッセンス、ムスク、アンバリーウッド、バニラアコード)にフォーカス。それらをハイライトにし、配合比率を変えることによってまったく異なる香水を2本作り出したのです。

それらは”ジェントル フルイディティ ゴールド オードパルファム”と”ジェントル フルイディティ シルバー オードパルファム”と名付けられました。この香りに触れたらきっと「基本的に同じ香料でありながら、こんなにも違う表現ができるのか!」と驚くことでしょう。ゴールドはムスクやバニラのほの甘さとコリアンダーのふくよかさが際立ちます。一方でシルバーはナツメグのドライさや、ジュニパーベリーによるお酒のジンを彷彿とさせるスパイシーさの爽やかな仕上がりになっています。

発表会の様子
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop