「曲がりを抑える新設計と弾道調整機能を搭載」テーラーメイド M3 460 ドライバー【プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー vol.8】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

プロゴルフコーチの奥嶋誠昭氏と、ゴルフ大好きゴルフライターの鶴原弘高氏が最新の注目ゴルフクラブを試打計測、気になる性能を徹底レビュー!

TAYLORMADE M3 460 DRIVER

「ツイストフェース」と「ハンマーヘッド」は効果アリ!
兄弟モデルのM4よりも球をつかまえやすい

TAYLORMADE M3 460 DRIVER

TAYLORMADE M3 460 DRIVER

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ  前回に試打したテーラーメイドの「M4 ドライバー」に続いて、今回は兄弟モデルの「M3 460 ドライバー」を試打しますよ。ヘッド体積が440ccの小ぶりモデルもラインナップされていますが、本命はこちらの460ccモデルでしょう。PGAツアーの多くの選手たちもヘッドの大きい460を選んで使っていますからね。「M4 ドライバー」との違いは、ソールに移動式のウェイトが搭載されているところ。もちろん、新テクノロジーの「ツイストフェース」は「M3 460 ドライバー」にも採用されています。

TAYLORMADE M4 460 DRIVER
「ツイストフェース」は、ねじれた形状のフェースによってチーピンやスライスの曲がりを抑える注目の新テクノロジー


奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ 「ツイストフェース」については、前回の「M4 ドライバー」の試打で曲がりを軽減する効果を体感できましたよね。「M3 460 ドライバー」は、ソールの移動式ウェイトが従来のT字型からY字型になっているのもポイントですよ。これによって「M4 ドライバー」と同じ形状のソール溝「ハンマーヘッド」が採用されています。前モデルの「M1 460 ドライバー」は、この部分にタテ方向に動くウェイトが配置されていましたからね。

TAYLORMADE M4 460 DRIVER
ソールのフェース側には、低スピン化とボール初速アップに貢献する溝構造「ハンマーヘッド」を搭載。こちらの写真は、移動式ウェイトを前方に移動させた状態のもの


TAYLORMADE M3 460 DRIVER
「M3 460 ドライバー」と「M4 ドライバー」は、ヘッド形状がとてもよく似ている。クラウン後方に青いポイントカラーが使われているのが「M3 460 ドライバー」、赤いポイントカラーが「M4 ドライバー」


鶴原弘高さん ライター・ツルハラ では、今回も奥嶋プロからヘッドスピード50m/sと40m/sで試打してくださいまし!





ゴルフクラブ試打レビュー
奥嶋プロがヘッドスピード約50m/sで試打


ゴルフクラブ試打レビュー
奥嶋プロがヘッドスピード約40m/sで試打


奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ いや?、めちゃ飛んだ! これはイイ!!!



鶴原弘高さん ライター・ツルハラ プロとはいえ、感じ悪いぐらいに飛んでますね。奥嶋プロがヘッドスピード約50m/sで振ると、軽々と300ヤードをオーバーしています。計測値を見ると、打ち出し角が約15度でスピン量が2500回転。高弾道かつほどよいスピン量で、安定感のある球筋になっていますね。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ ボールスピードも速いです! これは「ハンマーヘッド」の効果かも。実は僕、この「M3 460 ドライバー」をすでにオーダーしちゃってるんですよね。テヘヘ(笑)

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ なんだ、もう買っちゃってるのかよ?。それにしても、奥嶋プロにはバッチリの性能です。ただし、ヘッドスピード40m/sで打つとスピン量が2000回転を下回っています。これだとちょっとスピン量が少なすぎるかな。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ ソールのウェイトをヘッド後方に移動させると、ちゃんと打ち出しが上がってスピン量も増えるんですよ。そういう調整ができるのも「M3 460 ドライバー」の長所です。ハードヒッターだけでなく、平均的なヘッドスピードのアマチュアにも無理なく使える性能だと思いますよ。ツルハラさんはアマチュアのなかではヘッドスピードが速いほうなんで、ウェイト位置はデフォルトの状態でいいと思います。打ってみてください。

ゴルフクラブ試打レビュー
アマチュア代表、ツルハラがヘッドスピード約46m/sで試打


鶴原弘高さん ライター・ツルハラ ほんとだ?。打ち出し角が約14度、スピン量が2200回転ぐらい。まさに僕が理想とする飛ばせる数値が出ました! そのうえ「M4 ドライバー」よりもまっすぐ打ちやすい。こっちのほうが球をつかまえやすくない?

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ ヘッドをターンさせやすいんですよね。そのわりにヘッドが機敏に動きすぎることがなく、「ツイストフェース」の効果で曲がりも抑えてくれます。PGAツアープロが使うアスリート御用達のモデルですが、ぜんぜん難しくないですよ。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ ぜんぜんは言いすぎだと思うけど、自分に合ったロフト角でウェイトの調整機能をちゃんと使えば、アベレージゴルファーでも扱いやすいドライバーですよね。ゴルファーのなかには「M4 ドライバー」のほうがやさしく打てると思っているゴルファーが多いけど、それは違うかも。

奥嶋誠昭さん奥嶋プロ 標準で装着されているシャフトは、「M3 460 ドライバー」のほうがしっかりしています。けれど、打ちやすく感じるヘッドはゴルファーのスイングタイプによると思いますね。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 世間では予約注文の時点から圧倒的に「M4 ドライバー」のほうが人気でしたが、購入前には「M3 460 ドライバー」と打ち比べてみるべきですね。意外にこっちのほうがいいって言う人が多いと思います。



試打した製品の情報はコチラ
テーラーメイド公式サイト

奥嶋誠昭さん 奥嶋誠昭/おくしま・ともあき
JGTOツアープレーヤー資格を持ち、プロコーチとしても活躍中。横浜市都筑区にあるヒルトップ横浜クラブ内にある「ノビテック・ゴルフスタジオ」でヘッドコーチを務め、弾道計測器フライトスコープ、3DモーションキャプチャーGEARSなどの最新機器を使ったレッスンをアマチュアにも展開中。
http://www.nobby-tech.co.jp/swinggear/

鶴原弘高さん 鶴原弘高/つるはら・ひろたか
雑誌やウェブで多くの記事を手掛けるゴルフ専業のライター。もちろん自身も大のゴルフ好きで、最新ギアも大好き。オフィシャルハンデは7。ゴルフギア情報を発信する会員制サイト「3up CLUB」のキャスターも務めている。
https://3up.club



文/鶴原弘高

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.335

Autumn

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop