美術館とギャラリーの違いって? 直接、作家やオーナーと話せるギャラリーがおすすめ!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

シュウゴアーツ代表 佐谷周吾さんとアートコレクター 吉野誠一さん (c)Yukio Fujimoto

(左)シュウゴアーツ代表 佐谷周吾さん
銀座・佐谷画廊でディレクターを務めた後、独立。2000年、現代美術に特化したギャラリー「シュウゴアーツ」を設立。

(右)アートコレクター 吉野誠一さん
現代美術の作品を幅広く収集。また都内近郊のギャラリー等を紹介するフリーペーパー『GUIDE』の発行人でもある。


美術品を収集・保存・展示する施設が美術館なら、アーティストの作品を展示・販売する施設がいわゆるギャラリーだ。

「その中でも生きている作家の作品を展示して売っているのが、現代美術のギャラリー」と佐谷さん。展示会のオープニングには作家もギャラリーに詰めていることが多く、彼らと直接会話を交わせる場面も少なくない。そこで発想の深部に触れることができれば、それが刺激となって自分の中にもまた新たなアイデアが湧くこともあるだろう。「多忙な人には六本木や天王洲のように複数のギャラリーが狭い範囲に集まっているところがお勧め。2時間もあれば一気に見て回れます」と、吉野さんも言うように、まずは様々なギャラリーを見て回りたい。繰り返し作家との対話やアート作品に触れる中で、仕事に活かせる発想力やそこからの気付きが磨かれていくことだろう。



アートコレクターの吉野さんに教えてもらう感性を養えるギャラリー(写真4枚)



[MEN’S EX 2018年2月号の記事を再構成]
文/星野勘太郎

<b>世界が認める巨匠の作品をまとめて見られる<br><font color=red>六本木complex665</font></b><br>佐谷さんが経営する「シュウゴアーツ」、「小山登美夫ギャラリー」(写真)、「タカ・イシイギャラリー」(写真2枚目)の3ギャラリーが集結する複合商業施設。「隣のピラミデビルにも著名なギャラリーが複数入っています。このエリアに来れば世界のアートの潮流を知ることができます」(吉野さん)。<br>住所:東京都港区六本木6-5-24

世界が認める巨匠の作品をまとめて見られる
六本木complex665

佐谷さんが経営する「シュウゴアーツ」、「小山登美夫ギャラリー」(写真)、「タカ・イシイギャラリー」(写真2枚目)の3ギャラリーが集結する複合商業施設。「隣のピラミデビルにも著名なギャラリーが複数入っています。このエリアに来れば世界のアートの潮流を知ることができます」(吉野さん)。
住所:東京都港区六本木6-5-24

「タカ・イシイギャラリー」

「タカ・イシイギャラリー」

<b>カフェついでに気負わず立ち寄れる<br><font color=red>アートスペース CAPSULE</font></b><br>吉野さんがオーナーを勤める世田谷・三宿のアートギャラリー。ギャラリーながら販売は行わず、所蔵品を展示したり、ギャラリーを横断する形で気になる作家を紹介したりしている。「体験型のアート展示など遊び場みたいな場所。隣にはカフェSUNDAYも併設しています」(吉野さん)。<br>住所:東京都世田谷区池尻2-7-12 B1F

カフェついでに気負わず立ち寄れる
アートスペース CAPSULE

吉野さんがオーナーを勤める世田谷・三宿のアートギャラリー。ギャラリーながら販売は行わず、所蔵品を展示したり、ギャラリーを横断する形で気になる作家を紹介したりしている。「体験型のアート展示など遊び場みたいな場所。隣にはカフェSUNDAYも併設しています」(吉野さん)。
住所:東京都世田谷区池尻2-7-12 B1F

<b>若手作家が生み出す最先端のセンスに触れられる<br><font color=red>TERADA ART COMPLEX</font></b><br>2016年に寺田倉庫が天王洲に開設した現代アートギャラリーの集積拠点。施設の中には6つのギャラリーが入居しているので、六本木同様、一度にたくさんの作品を見て回ることができる。「若手作家の作品を扱う元気のあるギャラリーが多いので、思わぬ出会いもあるかもしれません」(吉野さん)。<br>住所:東京都品川区東品川1-33-10

若手作家が生み出す最先端のセンスに触れられる
TERADA ART COMPLEX

2016年に寺田倉庫が天王洲に開設した現代アートギャラリーの集積拠点。施設の中には6つのギャラリーが入居しているので、六本木同様、一度にたくさんの作品を見て回ることができる。「若手作家の作品を扱う元気のあるギャラリーが多いので、思わぬ出会いもあるかもしれません」(吉野さん)。
住所:東京都品川区東品川1-33-10

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop