【MADE IN JAPAN】快適・便利を叶える情熱【1】PILOT(パイロット)

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

ここでは近代日本を支えてきた老舗メーカーから、新たな発想で躍進する新進メゾンまで、こだわりのメイド・イン・ジャパンを生み出すブランドを紹介しよう。便利さの追求は、単に「ラクをしたい」という怠惰な欲求ではない。むしろ毎日の生活をより便利で快適にすることで心地よさを体感できる豊かな日常の追求だったはずだ。戦後の日本人が磨き上げてきた技術の推進力は、まさにここにある。

日本を書く、という習慣を発信

「すぐ書けるという楽しさが魅力」
パイロットコーポレーション
高筆企画グループ 課長
土江泰司さん

voice_20171017_pilot_111.jpg 和色を詰めたインキ「色彩雫」 各50ml、1500円
キャップレスのノック式万年筆 各1万5000円(以上パイロットコーポレーション)

PILOT【パイロット】/東京

前身の並木製作所は1918年創業。国産による18金のペン先を日本で初めて開発し、純国産万年筆の製造に成功した。

万年筆を効率よく、美しく使えるツール

ノック式万年筆は1963年にパイロットが世界に先駆け開発したもの。インキの漏れや乾燥を防ぐ気密性の高いシャッター機構に高度な技術力が窺える。「万年筆で書きたいとき、すぐ書ける機能性の高さを実感してください。色彩雫には24種の情緒豊かな色名を付けています。インキの色名からは日本の美しい情景を思い浮かべて使っていただきたいです」(土江さん)。

voice_20171017_pilot_2222.jpg

1963年に誕生した世界初のノック式ペン先
日本人であることを再確認できる筆記具。万年筆は日本の技術力が生みだしたキャップレスモデルの10代目「デシモ」。色彩雫のインクは日本固有の自然界の色彩を表現している。



[MEN’S EX 2017年11月号の記事を再構成]
撮影/ケビン・チャン スタイリング/武内雅英(CODE) 文/池田保行(04)

※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop