1本約2億円ナリ! これぞ宝飾芸術なモンブランの万年筆。でもなぜ蜘蛛モチーフなのか?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
モンブランの万年筆

蜘蛛のモチーフが意味するもの

モンブランから、約2億円というド級価格の万年筆「モンブラン ハイアーティストリー ヘリテイジ メタモルフォシス リミテッドエディション1」(Montblanc High Artistry Heritage Metamorphosis Limited Edition 1)が発表された。筆記具の王者として、ブランドの威信をかけたという宝飾品のような万年筆は、このとおり、きらびやかな蜘蛛(スパイダー)をモチーフにいただく。

なぜ蜘蛛が選ばれたのか?について、発表されたリリースによれば次の通りだ。

「古来、『執筆』という創造行為のメタファーであり続けたスパイダー(クモ)。たとえば、珠玉の詩的言語で織り上げられた文学作品は、その精緻さゆえに『クモの巣のようだ』と表現されます。また、古代ギリシャの詩人オウィディウスが『変身物語』でアラクネーを取り上げて以来、繰りかえし文学に登場するモチーフであり、18世紀後半から20世紀初頭にかけては、詩人のヴァレリーやマラルメ、随筆家のポンジュの作品に見られるとおり、頻繁に文芸作品の中に表れています。」

ちなみに、モンブランでは2014年に3億円近い価格の万年筆を発表しており、本作は残念ながら(?)”最高額”とはならなかった。

百聞は一見に如かず。下のフォトギャラリーにてその詳細をご覧いただこう。

これが約2億円の万年筆!(写真5枚)

お問い合わせ先

モンブラン コンタクトセンター
TEL:0120-39-4810
http://www.montblanc.com/

文/MEN’S EX ONLINE編集部



RM 53-01 トゥールビヨン パブロ・マクドナウ

関連記事:予価1億230万円、リシャール・ミルの機械式腕時計はどこがそんなに凄いのか?【SIHH2018新作】

ボディとキャップは、ホワイトゴールド製のスケルトン構造。

ボディとキャップは、ホワイトゴールド製のスケルトン構造。

計13カラットのフルパヴェダイヤモンドが有機的なパターンで絡みつく。

計13カラットのフルパヴェダイヤモンドが有機的なパターンで絡みつく。

蜘蛛の脚だけで16個のダイヤモンドがセットされている。

蜘蛛の脚だけで16個のダイヤモンドがセットされている。

ペン先にも蜘蛛巣の精緻なエングレービングが。

ペン先にも蜘蛛巣の精緻なエングレービングが。

ちなみに蜘蛛は取り外し可能で、ブレスレットやブローチにもなる。

ちなみに蜘蛛は取り外し可能で、ブレスレットやブローチにもなる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Mar. VOL.331

3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop