フェラーリ製V8エンジンを積んだマセラティのSUVに試乗、その加速は超過激だった!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
マセラティのレヴァンテ

市場に投入されるのは2種類のV8 レヴァンテ

イタリアの名門マセラティが自社初となるクロスオーバーSUVモデルをデビューさせたのは、2016年のことだった。

その名は、レヴァンテ。地中海をまたいで吹く風の名前だという。普段は穏便ながら突如として突風と化すという風質が、ふだんは高級実用車としてオールマイティな実力をみせつつ望めばSUVらしからぬ加速やハンドリングをみせるこのクルマの性格にぴったり合った、というわけだった。ちなみに”風”の名を車名とすることは、マセラティの伝統である。

背の高い大型SUVでありながら、モダンマセラティのデザイン文法に完全にマッチするエクステリアデザインをまとっている。V6ツインターボ(ガソリン&ディーゼル)エンジンを搭載し、既存のクワトロポルテやギブリといったスポーツサルーンと変わらぬパフォーマンスを発揮した。格好良さと高性能の両方を備えたことで、たちまちラグジュアリィSUV市場を席巻したのだった。

実は、そんなレヴァンテの発表前、マセラティ本社の預かり知らない場所(モデナのどこか)で、ひとつのプロジェクトが進行していたという。アルファロメオ・ジュリアを生み出したことでクルマ好きの間ではことに有名となったスカンク・ワークス。そのヒミツのプロジェクトのひとつとして、レヴァンテ用に開発されたSUVプラットフォームを使って、その限界パフォーマンスを確かめるべく、V8エンジンを搭載した高性能SUVがひそかに開発されていたのだった。

しかもそのエンジンは、3.8? 90度V8ツインターボで、型式名をF154と言ったからフェラーリ用3.9? V8エンジンと同系列である。要するにマラネッロ村のフェラーリ本社工場内になるエンジンファクトリーで生産されている、れっきとしたフェラーリ製ユニットだった(実はこのエンジン、すでにマセラティのフラッグシップサルーンであるクワトロポルテGTSにも搭載されている)。

要するに、フェラーリエンジンを積むSUVの開発がひそかに行なわれていた、ということもできる。

レヴァンテが登場したとき、フェラーリ製V8エンジンを搭載したGTS仕様も近い将来に登場するだろう、誰もがそう期待したものだった。そして待つこと2年、ようやくその日がやってきた。しかも二重の歓びを伴って。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop