1着で「ゴルフ⇄仕事⇄休日」すべて着回せるセットアップ、発見! 1着で「ゴルフ⇄仕事⇄休日」すべて着回せるセットアップ、発見!

予算200万円から購入できる! 国内最大級ヘリテージカーの祭典「オートモビル カウンシル2018」詳細レポート

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

国内最大級となるヘリテージカーの祭典「オートモビル カウンシル2018」が千葉市の幕張メッセで行われた。”クラシック・ミーツ・モダン”をテーマにした自動車メーカーによる新旧モデルの展示と専門店によるヘリテージ即売会も実施。ますます輝きを増しつつある、魅力溢れる名車たちに出会った。

オートモビル カウンシル2018

“遺産”を意味するヘリテージ

ファッションや宝飾品、家具はもとより、自動車にも波及した世界的なヘリテージブーム。最新型にはないアート的デザインや、古さゆえの味わいが魅力の、言わば嗜好品だ。ことクルマにおいては、ヘリテージカーブームを一気に押し上げた空冷ポルシェ911のバブルが弾けて久しい。投機対象としての高まりを受け、希少モデルの億を超えるオークションプライスをはじめ、200万円以下でダブついていたタイプ964の911素カレラでさえ、当時は500万円以上の価格を掲げたことも。そんな”狂乱相場”はポルシェだけでなく、ほかの希少モデルや名車にも飛び火。特にコンディションの良い(日本には車検制度があるからそもそも状態が良い)空冷911モデルの多くが海外へ流出したと言われている。今や一時の過熱ぶりはすっかり下火になっているとはいえ、依然として伝説的ヘリテージカーの人気は高い。

そんなヘリテージカーを「一部の富裕者層のための道楽として終わらせるのではなく、後世に繋いでいくための場にしたい」と行われたのが、去る8月3日〜5日に千葉市・幕張メッセにて開催された「オートモビル カウンシル2018」である。国内自動車文化の創生とさらなる発展を目的に、今年3年目を迎えるヘリテージカーの国内最大級イベントだ。展示会場となる幕張メッセ、ホール4には国内メーカー5社、海外メーカー1社、サプライヤー4社、そして専門店の32社が出展。展示車両は昨年にもまして、100台余りがディスプレイ。わずか3日間という短い会期にもかかわらず、全国から述べ3万484名ものヘリテージカーラバーが押し寄せた。

オートモビル カウンシル2018
2016年の初開催以来、日本における自動車文化の新たな創生をテーマに展開してきた「Automobile Council」。今後は「展示イベント」の枠を超え、クルマを中心とした大人の社交場のクラブ組織立ち上げを行うという。
主催者展示によって展示された名門アルピーヌの新旧A110。奥が1974年式アルピーヌA110 1600SC。

主催者展示によって展示された名門アルピーヌの新旧A110。奥が1974年式アルピーヌA110 1600SC。

初お披露目となった国内限定50台の復活第1弾アルピーヌ A110 プルミエールエディション。

初お披露目となった国内限定50台の復活第1弾アルピーヌ A110 プルミエールエディション。

1969年7月から1970年11月までの間に、わずか38台のみが生産された1970年のDB6 Mk2ヴォランテ。アストンマーティン ワークスで完全レストアされた同車の価格はなんと2億2000万円。

1969年7月から1970年11月までの間に、わずか38台のみが生産された1970年のDB6 Mk2ヴォランテ。アストンマーティン ワークスで完全レストアされた同車の価格はなんと2億2000万円。

写真左は“英国製ヴィンテージスポーツカーの最高峰”こと、1928年にル・マン優勝を果たした1929年式ベントレー 4 1/2リットル“ブラワー”。価格は1億6000万円。写真右は、英BENSPORTS社のラ・サルト(La Sarthe)。

写真左は“英国製ヴィンテージスポーツカーの最高峰”こと、1928年にル・マン優勝を果たした1929年式ベントレー 4 1/2リットル“ブラワー”。価格は1億6000万円。写真右は、英BENSPORTS社のラ・サルト(La Sarthe)。

ヘリテージカーブームを巻き起こした空冷ポルシェ911。当時の価格高騰は落ち着きをみせたが、役付きや希少モデル、程度良好車は依然価値は変わらず。写真のイエローカラーは「ゴーランドカンパニー」が展示した1973年式の911Tタルガ。価格は980万円。

ヘリテージカーブームを巻き起こした空冷ポルシェ911。当時の価格高騰は落ち着きをみせたが、役付きや希少モデル、程度良好車は依然価値は変わらず。写真のイエローカラーは「ゴーランドカンパニー」が展示した1973年式の911Tタルガ。価格は980万円。

「シルバースター」が出展したのは、絶賛レストア中の1957年製メルセデス・ベンツ300SL。お値段は2億円!完成車のお披露目は来年予定とのこと。

「シルバースター」が出展したのは、絶賛レストア中の1957年製メルセデス・ベンツ300SL。お値段は2億円!完成車のお披露目は来年予定とのこと。

テスタロッサや512BBi、V8ミドシップの328GTBなどを一同に展示した、フェラーリを専門に手がける「AUTO SPECIALE」。7年ほど前には500万円台が相場だった328GTBは、ここでは既に2100万円のプライスを掲げている。

テスタロッサや512BBi、V8ミドシップの328GTBなどを一同に展示した、フェラーリを専門に手がける「AUTO SPECIALE」。7年ほど前には500万円台が相場だった328GTBは、ここでは既に2100万円のプライスを掲げている。

868万円のプライスを掲げるのは、ポルシェ専門店「ショップナインプロダクション」ブースの1997年式ポルシェ911 カレラS/ティプトロニック。

868万円のプライスを掲げるのは、ポルシェ専門店「ショップナインプロダクション」ブースの1997年式ポルシェ911 カレラS/ティプトロニック。

VWゴルフ専門店「スピニングガレージ」が展示した2代目ゴルフ。1990年式フォルクスワーゲン・ゴルフII CLi)の価格は189万9000円。

VWゴルフ専門店「スピニングガレージ」が展示した2代目ゴルフ。1990年式フォルクスワーゲン・ゴルフII CLi)の価格は189万9000円。

V12エンジンを搭載する1987年式のジャガーXJSコンバーチブルを展示した「はらモータース」。価格は330万円。

V12エンジンを搭載する1987年式のジャガーXJSコンバーチブルを展示した「はらモータース」。価格は330万円。

「BUZZ FACTORY」が展示した2018年式Superformance・Mk.III 427(ACコブラモチーフ)は1150万円。

「BUZZ FACTORY」が展示した2018年式Superformance・Mk.III 427(ACコブラモチーフ)は1150万円。

「初代のクラシックレンジは所有するのにハードルが高くなってきました。そこで提案しているのが、もっと気軽に乗れる2台目レンジローバー」とはブリティッシュ・レーベル代表。プライスタグは220万円!

「初代のクラシックレンジは所有するのにハードルが高くなってきました。そこで提案しているのが、もっと気軽に乗れる2台目レンジローバー」とはブリティッシュ・レーベル代表。プライスタグは220万円!

「ワクイミュージアム」と「ベントレー」の共同ブースでは、新旧の並列展示として、20世紀後半のベントレー最高傑作と呼び声も高い1955年式ベントレー Rタイプ コンチネンタル(非売品)と、新型ベントレー コンチネンタルGTが出そろった。

「ワクイミュージアム」と「ベントレー」の共同ブースでは、新旧の並列展示として、20世紀後半のベントレー最高傑作と呼び声も高い1955年式ベントレー Rタイプ コンチネンタル(非売品)と、新型ベントレー コンチネンタルGTが出そろった。

ボルボが展開する公式のクラシックカー部門「KLASSISK GARAGE(クラシックガレージ)」の展示ブース。 1980年代?90年代の“シカクいボルボ”こと740や780、240といったモデルに加え、スペシャリティークーペP1800のワゴンモデルもディスプレイ。

ボルボが展開する公式のクラシックカー部門「KLASSISK GARAGE(クラシックガレージ)」の展示ブース。 1980年代?90年代の“シカクいボルボ”こと740や780、240といったモデルに加え、スペシャリティークーペP1800のワゴンモデルもディスプレイ。

「RANGERS」が展示したランドローバーの初代レンジローバー3ドア/AT(1982年)。クラシックレンジとして、人気の高い一台で、3ドアの個体。

「RANGERS」が展示したランドローバーの初代レンジローバー3ドア/AT(1982年)。クラシックレンジとして、人気の高い一台で、3ドアの個体。

イタフラ専門店「コレツィオーネ」が展示した希少な1971年式マセラティ・ギブリ4.9SS。

イタフラ専門店「コレツィオーネ」が展示した希少な1971年式マセラティ・ギブリ4.9SS。

京都にあるシトロエンの専門店「アウトニーズ」。シトロエンDS21パラスにID19、そして希少なワゴンボディのID19ファミリアーレを出展。

京都にあるシトロエンの専門店「アウトニーズ」。シトロエンDS21パラスにID19、そして希少なワゴンボディのID19ファミリアーレを出展。

時には脇役として、時には主人公の愛車として銀幕に欠かせない存在といえるクルマ。往年の映画のポスターを展示したブースの姿も。

時には脇役として、時には主人公の愛車として銀幕に欠かせない存在といえるクルマ。往年の映画のポスターを展示したブースの姿も。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Oct. VOL.315

10

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop