爆売れクラウンとスーパースポーツ、トヨタの絶好調「コネクティッドカー」で何が変わる?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
新型クラウンとロードゴーイングカーのコンセプトモデル

絶好調のクラウンとカローラスポーツ

新型クラウンのセールスが好調だ。発売から1ヶ月間の受注台数は、月販目標である4500台を大きく超えて約3万台を記録したという。同時にデビューしたカローラスポーツも、クラウンほどではないが、月販目標2300台のところ約9200台という受注台数を実現している。

クラウン、カローラともに日本の自動車黎明期に誕生し、長い歴史をもつクルマだ。そのため従来からの固定ファンが多く、ある程度、売れることは予想できるモデルではあった。その一方で、これまで別ブランドのクルマを所有していた人たちの乗り換え組もいるという。

新型クラウンとカローラスポーツ(写真2枚)

初代コネクティッドカーとして登場した新型クラウン。国内専売モデルながらニュルブルクリンクサーキットでテストを行うなど、その開発はワールドワイド。日本の高級車を牽引してきた存在だ。

初代コネクティッドカーとして登場した新型クラウン。国内専売モデルながらニュルブルクリンクサーキットでテストを行うなど、その開発はワールドワイド。日本の高級車を牽引してきた存在だ。

まずはハッチバックモデルが登場。カローラスポーツという名にあるように、スポーティさが魅力のひとつ。上質な素材を使った内装など、ハッチバックカテゴリーながら高級感も合わせ持つ。

まずはハッチバックモデルが登場。カローラスポーツという名にあるように、スポーティさが魅力のひとつ。上質な素材を使った内装など、ハッチバックカテゴリーながら高級感も合わせ持つ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop