ハイテク素材に注目が集まる今、「アルカンターラR」の可能性とは——?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
voice_20181215_alcantara_sp.jpg

世界展開するハイテク高級素材・アルカンターラRは
今やあらゆるシーンとスタイル、カスタマイズ加工に対応している

12月に入ってシャネルが発表した「エキゾチックレザーの不使用」は世界的なニュースとなったが、ファーやレザーなどの価格高騰と過小供給と共に、動物愛護や環境保護など様々な観点からいま皮革製品は岐路に立たされている。

そんな時代だからこそハイテク素材をはじめ人工素材に注目が集まっている。なかでもアルカンターラRは、特許を取得した100%カーボン・ニュートラルな生産で、スエードに代わるハイテク高級素材の提供を可能にしていることから、いま世界中で注目されている。

ファッションの先進都市、ミラノに本社を置くアルカンターラ社はすべてイタリア国内生産。もともとは日本の繊維メーカー東レの技術をベースに、独自の進化を遂げてきたものだ。現在、東レと三井物産が株式資本を所有する日本とも縁の深い企業なのである。

来日したアルカンターラ社CEO、アンドレア・ボラーニョ氏は自社プレゼンテーションで、これから5 年で生産量を倍増するという。現在はラグジュアリーメゾンをはじめ、高級車の内装、アート作品へも素材を提供し、様々な分野への利用が期待されている。

アルカンターラR
セルジオ ロッシ制作のこのロングブーツは、最新の技術革新でユニークに表面処理されたアルカンターラRを使い、シルバーカラーに仕上げたもの。箔やメタリック、ビニールなどとも異なる、フューチャリスティックな魅力に溢れている。

セルジオ ロッシ制作のこのロングブーツは、最新の技術革新でユニークに表面処理されたアルカンターラRを使い、シルバーカラーに仕上げたもの。箔やメタリック、ビニールなどとも異なる、フューチャリスティックな魅力に溢れている。

ミラノにあるアルカンターラRのコンセプトショップには、アルカンターラR素材を使った様々なブランドアイテムが置かれている。このデイパックもその一つ。上掲のセルジオ ロッシが採用したシルバーのアルカンターラRと同じものだ。

ミラノにあるアルカンターラRのコンセプトショップには、アルカンターラR素材を使った様々なブランドアイテムが置かれている。このデイパックもその一つ。上掲のセルジオ ロッシが採用したシルバーのアルカンターラRと同じものだ。

前のブーツとデイパックに使われているシルバーのアルカンターラR素材は、拡大するとサフィアーノ調に刷毛目の型押しが施されている。特殊なフィルムをコーティングして仕上げたもので、生産には熟練した職人の仕事が要されるのだそう。

前のブーツとデイパックに使われているシルバーのアルカンターラR素材は、拡大するとサフィアーノ調に刷毛目の型押しが施されている。特殊なフィルムをコーティングして仕上げたもので、生産には熟練した職人の仕事が要されるのだそう。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop