「今シーズン、買い足すなら"タータンチェック"のアイテムを」【BEAMS中村達也の買い足しノート・前編】

Facebook
Twitter
中村達也の買い足しノート

今月の買い足し

正統なタータンチェック柄でクラシックな英国気分を高める

今季、昨年以上の高まりを見せるブリティッシュテイストの潮流を受けて、トラッドな趣のタータンチェックが大注目。さて、懐古にならない取り入れ方とは?



\ 中村さんの選択はコレ /


中村さんの選択はコレ
ジャケット9万円、シャツ1万5000円/以上ブリッラ ペル イル グスト、マフラー1万7000円/ベグアンド コー(以上ビームス 六本木ヒルズ)


ジャケットから小物まで今季はタータン柄が席巻

手持ち服と合わせやすい、落ち着いた配色をチョイス。ジャケットは伝統的なブラックウォッチ柄だが、うっすらブラウンがかっているのが独特。シャツは丸襟タブカラー&クレリックで英国感をより高めたドレスシャツ。生地はトーマス メイソン製。マフラーはウール&アンゴラによる柔らかな肌触りが魅力。180×32cm。

去年までの定番スタイル

去年までの定番スタイル

同じ英国調でも、去年までの定番は柄が控えめなウインドウペーン。むろんこれもアリだが、より旬度を高めるなら...


旬の英国ムードを端的に表現できるアイテム


MEN'S EX M.E. タータンチェック、去年はマフラーで多く見かけましたが、今年はほかのアイテムにも波及しているようですね。


中村さん 中村 そうですね。以前からお伝えしているとおり、今季はこれまで続いた英国調の傾向がいっそう強まっています。グレンプレイドやハウンズトゥースと並ぶ英国の象徴柄ということで、タータンチェックも昨年以上に注目されているというわけです。


MEN'S EX M.E. 色の傾向はありますか?


中村さん 中村  緑、青、赤など様々ですね。ただ特徴としては、以前のタータンチェックがイタリア的にアレンジされたものが主流だったのに対し、今年は本来の英国タータンに近い色柄がメインになっているという点です。これは'80年代後半〜'90年代前半の英国ブーム以来の傾向といえるでしょう。


MEN'S EX M.E. 選びのコツは?


中村さん 中村 ジャケットやコートに関してはブラックウォッチのような濃色が取り入れやすいですね。今季的な装いを築くのに不可欠な柄なので、是非活用してみてください。


<span style=【着まわし1】 合わせの鉄板はタートルネックニット
「去年までの定番スタイル(上写真)と比べると、似たような色みのジャケットでもガラリと印象が変わるのがおわかりでしょう。コーディネートが最も簡単なのはタートルネックのニットを合わせるスタイルですが、タイドアップするならオックスフォードやシャンブレー素材のシャツに紺無地タイなどがおすすめ。また、もっと上級な雰囲気にするなら足元をシングルモンクシューズにしてもよいでしょう」。
ジャケットは前項と同じ。ニット1万9000円/ビームスF、パンツ2 万3000円/ジェルマーノ、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)"/>

【着まわし1】 合わせの鉄板はタートルネックニット
「去年までの定番スタイル(上写真)と比べると、似たような色みのジャケットでもガラリと印象が変わるのがおわかりでしょう。コーディネートが最も簡単なのはタートルネックのニットを合わせるスタイルですが、タイドアップするならオックスフォードやシャンブレー素材のシャツに紺無地タイなどがおすすめ。また、もっと上級な雰囲気にするなら足元をシングルモンクシューズにしてもよいでしょう」。
ジャケットは前項と同じ。ニット1万9000円/ビームスF、パンツ2 万3000円/ジェルマーノ、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

<span style=【着まわし2】 ベーシックなジャケパンもシャツ1点で見違える
「紺無地ジャケットにベージュパンツという大定番のスタイルも、シャツにタータンチェックを取り入れればグッと今季らしく見せられます。タイも紺無地ですが、カシミア素材を選ぶことでシャツの雰囲気に合わせています。実はこのようなスタイルは、'80年代のトラッドスタイル全盛期に定石とされていたコーディネートですね」。
シャツは前項と同じ。ジャケット10万6000円/ラルディーニ、タイ1万4000円/ジョン コンフォート、パンツ2万3000円/ジェルマーノ、チーフ2800円/ビームスF(以上ビームス 六本木ヒルズ)"/>

【着まわし2】 ベーシックなジャケパンもシャツ1点で見違える
「紺無地ジャケットにベージュパンツという大定番のスタイルも、シャツにタータンチェックを取り入れればグッと今季らしく見せられます。タイも紺無地ですが、カシミア素材を選ぶことでシャツの雰囲気に合わせています。実はこのようなスタイルは、'80年代のトラッドスタイル全盛期に定石とされていたコーディネートですね」。
シャツは前項と同じ。ジャケット10万6000円/ラルディーニ、タイ1万4000円/ジョン コンフォート、パンツ2万3000円/ジェルマーノ、チーフ2800円/ビームスF(以上ビームス 六本木ヒルズ)

<span style=【着まわし3】 注目のダッフルコートにはタータンマフラーが映える
「この冬に再注目されているダッフルコートには、タータンチェックのマフラーが絶好の相性。こちらも往年のブリティッシュブームを彷彿させる組み合わせです。ベージュとグリーンのタータンはよく合うので、是非取り入れていただきたい色合わせですね。インナーはクルーネックニットでシンプルにまとめつつ、パンツはホワイトの5ポケットで全体が重苦しく見えないようにしたのがポイント」
マフラーは前頁と同じ。コート13万2000円/グレンフェル、ニット3万6000円/ルトロワ、パンツ2万6000円/シビリア(以上ビームス 六本木ヒルズ)"/>

【着まわし3】 注目のダッフルコートにはタータンマフラーが映える
「この冬に再注目されているダッフルコートには、タータンチェックのマフラーが絶好の相性。こちらも往年のブリティッシュブームを彷彿させる組み合わせです。ベージュとグリーンのタータンはよく合うので、是非取り入れていただきたい色合わせですね。インナーはクルーネックニットでシンプルにまとめつつ、パンツはホワイトの5ポケットで全体が重苦しく見えないようにしたのがポイント」
マフラーは前頁と同じ。コート13万2000円/グレンフェル、ニット3万6000円/ルトロワ、パンツ2万6000円/シビリア(以上ビームス 六本木ヒルズ)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年May VOL.301月号

2019

May VOL.301

5

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop