「仕事で着るポロシャツ」、一枚でも上品に見えるのはこんな素材!

Facebook
Twitter

ビジネスシーンへと活躍の場を広げ、夏スタイルの主役となったポロシャツ。元来、スポーティなアイテムだけに、仕事で着るなら不用意な選択は避けたい。ポロ一枚の装いには、大人の流儀に沿った選び方が必要だ。

夏ビジネスの主役ポロは上質ニットがうってつけ

爽やかさが求められる夏のビジネスウェアとしてポロシャツは最適なアイテムだ。しかし、動きやすさだけで選んでは、周囲と差をつけるのは難しい。動きやすいうえ、大人としての威厳もしっかり保てる一着が望ましい。そこで意識すべきポイントは、ジャストなサイズ感、シックな色、そしてナチュラルに涼を感じさせる上質な素材使い。こうした配慮こそが、見栄えを大きく左右する。

リラックスしたまま着られて、襟付きの上品な佇まいにより、相応の品格も維持できるニットポロ。内勤の日や馴染みの取引先との打ち合わせなどでも十分通用する。上質なニットが、夏ビジネスのポロイチを優雅で余裕のある装いへと導いてくれるに違いない。


DUNHILL

ダンヒル
ポロシャツ7万1000円/ダンヒル(ダンヒル) メガネ4万2000円/カトラー&グロス(オブジェ・イースト) 時計54万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

初夏の日差しを受けて上品な光沢を放つ素材は、コットンにシルクが混紡された上質なもの。袖と身頃で編み方を変えたデザインも、ラグジュアリーブランドならではの遊び心。シンプルなポロイチスタイルの程よいアクセントになる。シックな濃紺も大人の余裕を感じさせる。


プレミアム素材で魅せる大人ならではの存在感

プレミアム素材で魅せる大人ならではの存在感

各シャツの詳細はコチラ!




[MEN'S EX2018年06月号の記事を再構成]
撮影/野口貴司(San・Drago)、鈴木泰之、岡田ナツ子 スタイリング/四方章敬、宮崎 司(CODE) ヘアメイク/松本 順(辻事務所) 構成・文/伊澤一臣 文/秦 大輔、吉田 巌(十万馬力)、安岡将文

<span style=ANDOREA FENZI
1962年、イタリアで創業。最新技術に熟練の職人技を融合させたニットアイテムで人気上昇中のブランド。コットン100%のナチュラルなブラウンの表情が、リラックスした雰囲気だ。台襟付きでジャケットを羽織っても襟が綺麗に見える。1万8000円(伊勢丹新宿店)"/>

ANDOREA FENZI
1962年、イタリアで創業。最新技術に熟練の職人技を融合させたニットアイテムで人気上昇中のブランド。コットン100%のナチュラルなブラウンの表情が、リラックスした雰囲気だ。台襟付きでジャケットを羽織っても襟が綺麗に見える。1万8000円(伊勢丹新宿店)

<span style=JOHN SMEDLEY
ニットポロといえばお馴染みのジョン スメドレー。通常のニットよりも数段きめ細かく編み上げたシーアイランドコットンの肌触りは、軽く柔らかくシルクのような光沢と滑らかさを持つ。肌にしっくりと馴染み、気品漂う美しさ。2万6000円(リーミルズ エージェンシー)"/>

JOHN SMEDLEY
ニットポロといえばお馴染みのジョン スメドレー。通常のニットよりも数段きめ細かく編み上げたシーアイランドコットンの肌触りは、軽く柔らかくシルクのような光沢と滑らかさを持つ。肌にしっくりと馴染み、気品漂う美しさ。2万6000円(リーミルズ エージェンシー)

<span style=SETTEFILI CASHMERE
  袖口や裾のリブがクラシックな雰囲気のニットポロ。素材はコットン100%ながら、滑らかな肌触りに微かな清涼感が宿る絶妙なニュアンスを生み出している。2万9000円(伊勢丹新宿店)"/>

SETTEFILI CASHMERE
  袖口や裾のリブがクラシックな雰囲気のニットポロ。素材はコットン100%ながら、滑らかな肌触りに微かな清涼感が宿る絶妙なニュアンスを生み出している。2万9000円(伊勢丹新宿店)

<span style=FEDELI
GIZA45の最高級エジプト綿を39ゲージで編み上げた至高の肌触りが何よりの魅力。着丈や身幅、袖丈に至るまで非常に計算されている。 6万7000円(伊勢丹新宿店)"/>

FEDELI
GIZA45の最高級エジプト綿を39ゲージで編み上げた至高の肌触りが何よりの魅力。着丈や身幅、袖丈に至るまで非常に計算されている。 6万7000円(伊勢丹新宿店)

<span style=CRUCIANI
袖口や裾リブ幅が細く非常にスマートでモダンな印象。アームホールはコンパクトで着丈はやや短めの美シルエットも魅力だ。涼感たっぷりの風合いは、紳士の夏の定番アイテムといえる。4万1000円(ビームス ハウス 丸の内)"/>

CRUCIANI
袖口や裾リブ幅が細く非常にスマートでモダンな印象。アームホールはコンパクトで着丈はやや短めの美シルエットも魅力だ。涼感たっぷりの風合いは、紳士の夏の定番アイテムといえる。4万1000円(ビームス ハウス 丸の内)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop