「ダフリやトップが出ないアプローチの打ち方は?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.03】

Facebook
Twitter
「ダフリやトップが出ないアプローチの打ち方は?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.03】

プロコーチの奥嶋誠昭氏が、アマチュアから寄せられたゴルフのお悩みや疑問を解決するレッスンコラム。スキルアップとスコア向上を目指す人は、さっそく練習場で試してみてください!

今回のお悩み

「アプローチでダフリやトップのミスをよくやらかします。一度ダフってやってしまうと、次はダフらせないように意識しすぎてトップのミスが出てしまうことも......。正確に打てる簡単なアプローチの打ち方を知りたいです」

ミスが出づらいアプローチの構え方を身に付けよう!

アプローチが苦手な人は、ボールを過剰に右足寄りにセットしていたり、アドレス時にカラダが傾きすぎている場合がほとんど。ボールを打つ前から、ミスが出やすい構え方になっています。

ボールが右サイドにありすぎると、ヘッドが鋭角に下りてくることになって、ダフったときにヘッドが地面に突き刺さる「チャックリ」のミスになります。ボールがほとんど前に飛ばないので、少しのミスが致命傷になってしまうんです。

 NGのアドレス
NGのアドレス。ボールを右足寄りに置きすぎていたり、ハンドファーストが強すぎると、ヘッドが鋭角に下りてきてダフリやトップが出やすくなる

ボールを左サイドにセットしておけば、ヘッドがシャローに下りてくるようになります。少しぐらいのダフってもヘッドが地面に突っかかりにくくなって、球はグリーンまで飛んでくれます。アプローチでは、打つ前の構え方がとても大切なんです。

正しいアドレス
正しいアドレス。アドレス時には肩のラインがなるべく地面と平行になるように心掛ける
アドレス時の両手の位置
ボール位置は左胸の前ぐらい。アドレス時の両手の位置は、ボールよりも少し前に出るぐらいでOK
正しくアドレスしたときの視界
正しくアドレスしたときの視界はこんな感じ。オープンスタンスにする必要ななく、両足は打ち出したい方向に対して平行になるようセット。フェース向きもスクエアでいい

手首をコネず、肩の回転でボールを打つように心掛けよう

アドレスが正しければ、もうアプローチは成功したも同然です。アプローチのスイングは小さいので、肩を上下に回転させる意識だけでOK。左肩を下げてヘッドが上がったら、その左肩をアドレスの状態に戻すような意識でスイングしましょう。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop