オメガのスピードマスターに"ダークサイド"シリーズ最新作降臨!【BASEL2018新作】

Facebook
Twitter
オメガ
オメガ

オメガ
スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号

伝統の手巻きクロノグラフ・ムーブメントを美しいオープンワークで披露する

NASAのアポロ計画では11号による人類初の月面着陸が最も有名だが、史上初めて人類が月を周回し、地球上からは決して見ることのできない月の裏側を目の辺りにした1968年のアポロ8号ミッションも、宇宙史に燦然と輝く偉業と言える。

それから50年を記念して発表されたのがご覧の「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号」だ。

過去に発表された「ダーク サイド オブ ムーン」との最大の違いは、アポロ11号とともに月に降り立ったスピードマスターと同じ、手巻きのクロノグラフ・ムーブメント(Cal.1869)を搭載したところだろう。このCal.1869は、ムーンウォッチに搭載されたCal.1861をベースに、月面を表現するためブラック仕上げにレーザー加工を施すなどした特別なムーブメント。そのスペシャルな名機の駆動をシースルーバックからだけでなく、一部スケルトナイズした文字盤側からも確認できるようにしたのは、"スピマス"ファンには嬉しい配慮だ。

もちろんデザインも隙がなく、文字盤やムーブメントのブリッジなどには月面をイメージしたレーザー装飾がなされ、ブラックセラミックケースの滑らかな質感と相まって、なんともミステリアスな雰囲気を醸成している。パンチング加工を施したレザーストラップや、クロノグラフ針などに配されたイエローも、宇宙空間に散らばる星々を思わせる絶妙なアクセントとなっている。

オメガ スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号のディテールをチェック!(写真6枚)

オメガ
スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号

ケース径:44.25mm
ケース素材:ブラックセラミック
ベルト素材:ブラックレザー×イエローラバー
ムーブメント:手巻き(Cal.1869)
価格:104万円
発売時期:2018年8月
お問い合わせ先:
オメガお客様センター Tel.03-5952-4400
https://www.omegawatches.jp/

撮影/岸田克法 文/吉田 巌(十万馬力)
※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop