3台のロータリー車コンセプトモデルが幕張メッセに集結

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

「オートモビルカウンシル」で楽しめるロータリーエンジンの未来

1967年にマツダが開発し、長く同社のシンボルとして市販されたロータリーエンジン。三角形のローターを回転させて発生させるエネルギーを動力にするこの特殊なエンジンは、これまでRX-7やRX-8といったモデルに搭載され、多くのファンを獲得してきた。

現在、ラインアップから外れているがロータリーエンジンだが、マツダでの研究は続いており、これまで多くのコンセプトモデルが発表されている。

今年、4月12〜14日に幕張メッセで開催されるイベント「オートモビルカウンシル 2024」では、そんなロータリーエンジンの歩みが楽しめるよう、2023年に発表された「マツダ アイコニックSP」など、過去のコンセプトカーなど3台が展示される。

2024

VOL.341

Spring

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop