ランドローバーのアイコン「ディフェンダー」に追加された「本格オフローダー×V8エンジン」がクルマ好きを魅了する理由

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
ランドローバーのアイコン「ディフェンダー」に追加された「本格オフローダー×V8エンジン」がクルマ好きを魅了する理由

ラグジュアリーなV8エンジンを搭載した最上級モデル

ランドローバー ディフェンダーの2024年モデルに5リッターV型8気筒スーパーチャージドエンジンを搭載した最上級モデルが追加された。

ランドローバーはいま3つのブランドを展開している。ラグジュアリー、洗練性を打ち出す「レンジローバー」、デュアルパーパス、頑強性の「ディフェンダー」、レジャー、多用途性の「ディスカバリー」だ。

なかでもディフェンダーは、1940年代のランドローバーシリーズⅠの系譜を受け継ぐ、メルセデス・ベンツ Gクラスやジープ ラングラーなどと同様にブランドのアイコン的な存在といえるモデルだ。そして2021年に現行型がデビューして以来、モダンクラシックともいえるスタイリングを得て世界的なヒット作となった。

ランドローバーは1970年代後半からオフロードカーに、ラグジュアリーなV8エンジンを組み合わせるという手法を取り入れてきた。そしてこのたび現行型にもV8を投入したというわけだ。

ディフェンダー V8モデル
V8モデルには、シャドーアトラスエクステリアアクセントやブラックコントラストルーフなどを標準装備。

パワートレインは、最高出力525ps、最大トルク625Nmの5リッターV8スーパーチャージドエンジンに8速ATを組み合わせる。ショートホイールベースの3ドアモデル「90」と5ドアモデル「110」の両方に設定され、グレード名はシンプルに「V8」である。

2024

VOL.341

Spring

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop