“シェラトン鹿児島”で、シティホテルの洗練体験と 鹿児島ラーメンの食べ比べ【男のひとり旅 前編】

bool(false)
“シェラトン鹿児島”で、シティホテルの洗練体験と 鹿児島ラーメンの食べ比べ【男のひとり旅_前編】

先日、鹿児島初の外資系シティホテル“シェラトン鹿児島”が開業するという、ウワサを聞きつけて弾丸トリップで行ってきた。思い起こしてみると、鹿児島に来たのはなんと19年ぶりとか。なぜ覚えているかというと、2004年の3月に鹿児島中央駅と新八代駅間の九州新幹線が開業した折に乗ったから。決して“乗り鉄”ではないのだけれど、新しもの好きとしては、話題のものはとりあえずトライしてみたいと思って出張ついでに乗ったのだ。あのころは、新八代より北はまだリレー特急で繋いでいたっけなあ、と感慨深い。

鹿児島中央駅
鹿児島の玄関口、鹿児島中央駅

さて、久しぶりの鹿児島出張、まずは羽田から空路で鹿児島空港へ。午前中の便はほぼ満席で、コロナ禍から比べるとその盛況ぶりに驚く。先日、長崎へ行った時も朝イチの便に乗るべく向かった羽田空港の混雑ぶりに圧倒され、「みんな、こんなに朝早くからどこに行くんだろう?」なんて、自分のことを棚に上げて思ったり。

鹿児島空港から市内へはバス。チケットを買うのにも、バスに乗り込むのにも行列だった。後から知ったけど、チケットがなくてもタッチ機能がついているクレジットカードならそのまま乗れたんだそう。早く言ってよ~。道はスムーズで、40分強で鹿児島中央駅へと到着。とりあえずは、ランチだ。

老舗の鹿児島ラーメンは、意外にも胃に優しいあっさり系

生ビール
暑い日だったので、 つい、グビリ

いくつか目星はつけてきたのだが、この日はどうにもラーメンな気分で駅ビルのアミュプラザの中をうろうろ。やっぱり老舗の“こむらさき”ですかねえ。この後、別の出張も控えていて大きめのスーツケース持参だったので、こういう施設内の店舗が便利なのだ。

小さめの黒豚チャーシューが乗ったラーメン
小さめの黒豚チャーシューがゴロゴロと

昼時にもかかわらず、運良くすんなり入れた。ラッキー! ラーメンは基本的に二択で鹿児島黒豚チャーシュー入りか、否か。もちろん、“入り”にてオーダーするわけですよ。麦で造った大人のジュースを飲(や)りつつ、待つことしばし。ドーンと到着したのはキャベツたっぷりの鹿児島ラーメン。

鹿児島ラーメン
麺はストレートの中細系

見た目とは裏腹なあっさりしいたけ出汁のきいたスープに縮れのないストレートな麺。博多とか久留米とかの豚骨に慣れていると、ちょっと肩透かしにあったような感じもするけど、これはこれでアリ。優しいお味の豚骨って、こういうことか。

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
2
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop