ヴーヴ・クリコのラ・グランダム2015とヴィラアイーダ小林寛司シェフとの美味の饗宴を見逃すな

bool(false)
ラ・グランダム2015

シャンパーニュメゾンのヴーヴ・クリコの礎を築いたマダム・クリコ。シャンパーニュ地方の「ラ・グランダム(偉大なる女性)」と呼ばれた彼女へのオマージュを込めて造られる「ラ・グランダム」はヴーヴ・クリコの最高峰のシャンパーニュだ。

今回、最新ヴィンテージとなる2015のリリースに合わせて、“色彩の巨匠”とうたわれるイタリア出身の現代アーティスト、パオラ・パロネットがデザインしたパッケージ「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2015×パオラ・パロネット」が発売となった。

6色のギフトボックス

色彩の豊かさを表現するパオラ・パロネットらしく、今回は6色のギフトボックスが展開され、それぞれの色には情熱やオプティミズムといったヴーヴ・クリコのブランド精神が反映されている。

ピノ・ノワールが90%、シャルドネが10%という、黒ブドウを主体に構成されたラ・グランダム2015は、繊細かつ滑らかな味わいの中にも、豊かなミネラル感と果実味を湛える味わいに仕上がっている。

ラ・グランダムガーデンラウンジ

さらに今回、その発売に合わせて、5月26日(金)~28日(日)の3日間限定で、東京ミッドタウン日比谷内のDRAWING HOUSE OF HIBIYAにて「ラ・グランダム2015 ガーデンラウンジ」を開催。会場には、パオラ・パロネットの世界観を表現した色彩豊かな空間が設けられ、和歌山県「villa aida(ヴィラアイーダ)」の小林寛司シェフによるペアリング体験を楽しむことができる。

小林シェフ

2021年に「ミシュランガイド京都・⼤阪+和歌⼭ 2022」⼆つ星、ミシュラングリーンスターをダブル受賞し、23年には「Asia’s 50 Best Restaurants」14位を2年連続で獲得するという快挙を成し遂げた、小林シェフ。「ラ・グランダム2015」のために開発したフードペアリングを堪能できるランチ、ディナーセッションに加え、「ラ・グランダム2015」をグラス一杯から楽しめるアフタヌーンティーセッションやシャンパン・テイスティングといった4つのセッションが3日間限定で開催されるのだ。

自然の恵みから生まれた珠玉のシャンパーニュと、自然の恵みを大胆に生かした小林シェフの料理との饗宴をぜひ、ご堪能あれ。

ラ・グランダムガーデンラウンジ

ラ・グランダム2015 ガーデンラウンジ開催概要

開催期間:2023年5月26日(金)~28日(日)
会場:DRAWING HOUSE OF HIBIYA
東京都千代田区有楽町1丁目1-2東京ミッドタウン日比谷6F
予約はこちら:https://lagrandedame2015-japanpopup.peatix.com/
※席数限定のため、売り切れる場合があります。

6色のギフトボックス
ヴーヴ・クリコラ・グランダム2015×パオラ・パロネットは2万9370円。

ヴーヴ・クリコラ・グランダム2015 ×パオラ・パロネットスペシャルWEBサイトはこちら>>



※表示価格は税込み

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop