春コーデのアクセントには「クセありベルト」が効く

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

2023春夏新作からM.E.が厳選!
“買って得する”大人服45

アフターコロナに向けて少しずつ動き始めた2023年。人々の装い方にも、少しずつ変化が出てきたようだ。しかし、市場はみるみるうちに価格が上昇中……。そこで、これからの装い方と傾向を考えながら今季買って得する大人服をご紹介しよう。

ひと飾りするなら腰周りが最適!

ひと飾りするなら腰周りが最適
[左]2万5300円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) [中]3万800円(デザインワークス 銀座) [右」2万4200円(クローチア)

[右]ANDERSON’S(アンダーソンズ)

ANDERSON'S(アンダーソンズ)

フランスのタンナーの柔らかなヌバックレザーを採用。長めの設計ゆえ、あえて先を垂らして、ベルトを主役にした着こなしを楽しみたい。

[中]D’AMICO(ダミーコ)

ウエスタンテイストながら、ベルトが2.5cm幅なので、武骨になりすぎず、取り入れやすい。本作は剣先の長さを調整した別注モデル。

[左]ALBERTO LUTI(アルベルト ルッティ)

ドレッシーな細身の革ベルトに、ガラスを取り付けた金具をセットするアイデアが斬新だ。装いにヒネリを加えたいならぜひ。

ベルト

他の買って得する大人服はこちら!: 買って得する大人服45



※表示価格は税込み
[MEN’S EX Spring 2023の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop