今季のニットは「くすみ色」& 厳選ブランドの買いな逸品を解説する。

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

2023春夏新作からM.E.が厳選!
“買って得する”大人服45

アフターコロナに向けて少しずつ動き始めた2023年。人々の装い方にも、少しずつ変化が出てきたようだ。しかし、市場はみるみるうちに価格が上昇中……。そこで、これからの装い方と傾向を考えながら今季買って得する大人服をご紹介しよう。

頑張りすぎないお洒落をくすみ色ニットで叶える

くすみ色ニット

[右上]JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)

3万6300円(リーミルズ エージェンシー)

写真のモデル「エメット」は、日本人の体型に馴染むモダンフィットを採用するロングセラーとして有名。編みが細かい30ゲージによる着心地のよさも特徴だ。

[左上]BIBLIOTHECA(ビブリオテカ)

5万600円(伊勢丹新宿店)

ミドルゲージで、ほどよい厚みがありながら、コットンカシミアの柔らかさが大人のカジュアルに最適。スエットシャツ感覚で気楽に装いに取り入れたい。 ※4月上旬展開予定。

[右下]RIVORA(リヴォラ)

3万9600円(リヴォラ)

使用したコットン×和紙のユニークな素材は、独特のシャリ感があり、爽やかな着心地が持ち味だ。それでいて、伸縮性、適度なゆとりが生み出す、抜群の着やすさもたまらない。

[左下]RENCONTRANT(レンコントラント)

5万600円(エイチジェイエム)

上質なシルク素材ならではの、滑らかな肌触りに加え、美しい光沢、ドレープ感など、絶大な高級感は見事。シルエットはほどよいリラックス感があり、大人にはうってつけだ。

初掲載する名ブランドや知っておいてほしいブランドをご紹介。

[ビブリオテカ]
「ヘリテージラグジュアリー」をコンセプトとするブランド。ミリタリーウエアの規定をクリアしたミルスペックをデザインソースにしながら、イタリアで生産を行っている点に注目したい。
[レンコントラント]
長年メゾンでの生産や、アート業界に携わってきたフランス人女性デザイナーのディレクションによるブランド。上質な普段着をコンセプトに掲げ、パリらしさを味わえるのが魅力。

他の買って得する大人服はこちら!: 買って得する大人服45



※表示価格は税込み
[MEN’S EX Spring 2023の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop