ジャケットスタイルが洒脱に決まる・万能靴「シボ革ローファー」とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
JKスタイルが洒脱に決まる シボローファー

スーツにも適度なリラックス感を与えてくれるし、今どきなゆったりめカジュアルにも上品さを添えてくれるのがローファーの魅力だ。特に、シボ革のそれは、スムース革ほどドレッシーすぎず、スエードほどカジュアルすぎない、両者の良いとこ採りな雰囲気を叶えてくれる。季節を選ぶこともなく、コーデの相棒として一年にわたって活躍してくれる。傷が目立ちにくいシボ革とあって、ガンガン履けるのも頼もしい。ジャケットスタイルにしっくりハマり、実用的に使える米・英・仏、顔つきの異なる注目モデルをじっくり比べてみてほしい。

CHERCH’S
【ヘスウォール】

CHERCH’S
16万600円(チャーチ クライアントサービス)

ナチュラルな風合いのソフトカーフのアッパーは、控えめながら上品なシボ感があり、カジュアルなムードを醸し出している。伝統的なペニーローファーを彷彿させるサドルストラップがクラシックな雰囲気を演出。裏張りのないアンライニング仕様のしなやかな履き心地と快適なフィット感も人気の理由に。グッドイヤーウエルト製法。

ALDEN
【N9208 ペニーローファー】

ALDEN
11万7700円(ラコタ)

モカシン靴用のバンラストを採用した定番のペニーローファーをベースに、アッパーをアルパインカーフに乗せ替えた新モデル。繊細なシボ革ゆえの贅沢な光沢が、トラッド由来のローファーに大人の艶感を与えている。傷や汚れが目立ちにくい質実剛健さも魅力で、黒をセレクトすることで、カジュアルからドレスまで、幅広いスタイルに馴染む。

クロケット&ジョーンズ
【ボストン2】

クロケット&ジョーンズ
9万200円(グリフィンインターナショナル/フレーム)

名作『ボストン』の木型をベースにしながら、日本人の足型にフィットしやすいように、 踵やウエストラインをスリムに刷新したラスト「376」を採用した新モデル。アウトソールは、軽量でグリップ性に優れたハルボロ・ラバー社製のシティーソールを採用することで、シャープでエレガントなフォルムが保たれる。ジャケットはもちろん、スーツスタイルのハズシにもぴったりだ。

PARABOOTS
【コローレイド】

PARABOOTS
3万5200円(パラブーツ青山店)

ローファーながら、スニーカーに近い感覚を愉しめる隠れた人気モデルがこちら。名作とされるデッキシューズ『バース』譲りの機能性をそのままに、より街着に馴染む普遍的なローファースタイルに改良されている。アッパーには、上品ながらも耐水性と柔軟性に優れたもみ革を採用。屈曲性に優れたアウトソールに加え、アンラインドなことが、快適な履き心地につながる。

※表示価格は税込み

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop