男の定番「サイドゴアブーツ」 実は、今季が買い時!?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
男の定番「サイドゴアブーツ」 実は、今季が買い時!?

革靴ならではの上品な顔立ちと、スリッポンのような着脱の利便性を兼備するのがサイドゴアブーツの魅力。重厚さがありながらも、スマートでエレガントな足元を演出できことから、秋冬の装いの定番靴として愛用している読者諸兄も多いはず。最近は、トウやソールにボリュームのあるデザインも人気だが、ミドル世代がオン・オフ兼用するなら、やはりシャープなデザインの一足に限る。

しかも、どんな着こなしにもマッチしてくれて、シーンを選ばず履くことができるのが黒のスムースレザー。特に今冬は、サイドゴアブーツを取り入れたコーディネート提案も多く、主力アイテムとして多くの靴ブランドが展開している。アンダー10万円からバリエーション豊富に揃うこの冬こそ、実は、サイドゴアブーツの買い時!

ジョンロブ
【ロウリー】

ジョンロブ
32万3400円<参考価格>(ジョン ロブ ジャパン)

往年の名作チェルシーブーツの品格を受け継ぐ、サイドゴアブーツ。ラストは定番の8695を使用しており、トウからヒールまで流れるような美しいラインのアーモンドトウが特徴に。グッドイヤーウェルト製法ながら、しなやかなシングルレザーソールが柔らかくて快適な履き心地を約束してくれる。

トッズ
【サイドゴア アンクルブーツ】

トッズ
10万100円(トッズ・ジャパン)

ドライビングシューズ『ゴンミーニ』でもお馴染みの、ラバーペブルをエンボス加工したラバーアウトソールが装着されたサイドゴアブーツ。ダブルステッチによる重厚なコバの程よいボリューム感が、足元のアクセントに。指をひっかけるためのつまみが、レザー製で大きく設計されているので、脱ぎ履きがしやすい。ホットスタンプのモノグラムロゴが、履き口からチラリとのぞく。

パラブーツ
【シャンフォート】

パラブーツ
8万2500円(パラブーツ青山店)

光沢のあるカーフレザーが魅力のサイドゴアブーツ。しっかりとした厚みあるアッパーに、ドレス・ビジネスライン用に開発されたラバーソールのギャラクシーソールを採用。土踏まず部分は薄め、フロントに向かって適度に厚みを増すことで、返りの良さや弾力性をもたらしてくれる。ノルヴェイジャン製法により、水の侵入を防いでくれる。

ジェイエムウエストン
【サイドゴアブーツ ♯705】

ジェイエムウエストン
13万7500円(ジェイエムウエストン 青山店)

上質なボックスカーフを贅沢に使用したサイドゴアブーツ。緻密に計算されたパターンでカッティングされたレザーを、コバステッチを排したシングルピースで仕立てられている。優れたグリップ性とドレッシーさを兼ね揃えたモノグラムラバーのアウトソールが、あらゆるシーンで足元を快適に支える。無駄のないフォルムの美しいブレイク製法による一足。

クロケット&ジョーンズ
【チェルシー12】

クロケット&ジョーンズ
9万9000円(グリフィンインターナショナル/フレーム)

程よくリラックスした表情のシボ革のアッパーが魅力のサイドゴアブーツ。適度にボリュームのあるラスト『335』をベースに、踵部分のホールド感をよりアップさせた『378』ラストが採用されたオーソドックスなフォルムが人気の理由だ。アウトソールは、グリップ性に優れながらもスマートさも兼ね備えるダイナイトスタッド・ソール。

※表示価格は税込み

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop