色気を装いに添えるCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲの日本限定モデルとは?

array(4) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1238210) ["id"]=> int(1238210) ["title"]=> string(26) "c_watch_220910_piguet_pg01" ["filename"]=> string(30) "c_watch_220910_piguet_pg01.jpg" ["filesize"]=> int(186671) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg01.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1238167/c_watch_220910_piguet_pg01" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_watch_220910_piguet_pg01" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1238167) ["date"]=> string(19) "2022-08-29 00:37:26" ["modified"]=> string(19) "2022-08-29 00:37:26" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg01-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg01-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg01.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg01.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(242) "

アラビア数字とバーを組み合わせたインデックスは、ゴールド素材を植字して立体的に仕上げている。ここも高級感を高めるポイントであり、どの角度からも視認性が高い。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1238211) ["id"]=> int(1238211) ["title"]=> string(26) "c_watch_220910_piguet_pg02" ["filename"]=> string(30) "c_watch_220910_piguet_pg02.jpg" ["filesize"]=> int(130008) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg02.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1238167/c_watch_220910_piguet_pg02" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_watch_220910_piguet_pg02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1238167) ["date"]=> string(19) "2022-08-29 00:37:27" ["modified"]=> string(19) "2022-08-29 00:37:27" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg02-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg02-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg02.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(279) "

真正面からはラウンドケースに見えるが、じつはミドルケースはオーデマ ピゲが大切にしている八角形のデザイン。ラグ部分も大胆にスケルトナイズされ、サイドからの眺めは非常にスタイリッシュ。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1238212) ["id"]=> int(1238212) ["title"]=> string(26) "c_watch_220910_piguet_pg03" ["filename"]=> string(30) "c_watch_220910_piguet_pg03.jpg" ["filesize"]=> int(147704) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg03.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1238167/c_watch_220910_piguet_pg03" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_watch_220910_piguet_pg03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1238167) ["date"]=> string(19) "2022-08-29 00:37:28" ["modified"]=> string(19) "2022-08-29 00:37:28" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg03-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg03-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg03.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(230) "

風防ガラスは内側がドーム型に形成され、表側は6—12時方向にカーベックス。このダブルカーブにより、時計文字盤が見る角度で独特の表情を浮かべるのが面白い。

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1238213) ["id"]=> int(1238213) ["title"]=> string(26) "c_watch_220910_piguet_pg04" ["filename"]=> string(30) "c_watch_220910_piguet_pg04.jpg" ["filesize"]=> int(328029) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg04.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1238167/c_watch_220910_piguet_pg04" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_watch_220910_piguet_pg04" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1238167) ["date"]=> string(19) "2022-08-29 00:37:28" ["modified"]=> string(19) "2022-08-29 00:37:28" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg04-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg04-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg04.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/c_watch_220910_piguet_pg04.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(338) "

どのモデルもオーデマ ピゲの自社製ムーブメントを搭載し、その精緻な動きをシースルーバックから鑑賞できる。写真はフライバッククロノグラフのCal.4401。22K製のローターをオープンワークとし、美しいメカニズムの全貌をくまなく見渡せる。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

sponsored

オーデマピゲTU

人気沸騰中の「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」に、日本でしか買えない限定モデルが3種類登場した。それぞれ美しい天然石をセットし、持ち前のエレガンスと色気が高まっている。メゾンの新たなアイコンの、よりスペシャルな仕様が欲しいなら見逃せない。

色味の妙で進化してきたCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲの新境地

オーデマ ピゲ四半世紀ぶりの新コレクションとして2019年にリリースされるや、たちまち世界中で大人気となった「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」。読者にも以前からこのコレクションに興味を感じていた人は多いと思うが、新たに登場する日本限定モデルを見ればさらに購入意欲が刺激されるはずだ。じつはCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲの日本限定はこれが初。

世界的に見ても限定モデルは初年度の「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ “ボリショイ”」しか例がない。 そんなレアコレクションに相応しく、時計そのものの仕上がりも非常にスペシャルだ。バリエーションは3種類。すべてラグジュアリーな18Kホワイトゴールド製ケースで、3針モデルにはソーダライト文字盤とオニキス文字盤、クロノグラフモデルにはオニキス文字盤が用意される。

そんなレアコレクションに相応しく、時計そのものの仕上がりも非常にスペシャルだ。バリエーションは3種類。すべてラグジュアリーな18Kホワイトゴールド製ケースで、3針モデルにはソーダライト文字盤とオニキス文字盤、クロノグラフモデルにはオニキス文字盤が用意される。

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲはもともと多彩なカラーリングの文字盤を展開し、それがコレクションの魅力を高めていたが、天然石を用いた文字盤の色合いはまた格別。より優雅でミステリアスな雰囲気に満ちる。いずれもダイヤモンドのアワーマーカーをセットし、さりげなくリッチに煌めくのもいい。この佇まいなら、スタイリングの格上げ効果も最高だろう。

以下、それぞれのモデルを、おすすめのコーディネートとともにより詳細に紹介しよう。

日本限定モデル① 爽快な青と独特の石目が奥行きある大人に見せる

日本限定モデル①
ジャケット7万4800円/チルコロ 1901 (トヨダトレーディング プレスルーム) ボーダーニット2万5300円/バフィー(バインド ピーアール) パンツ2万7500円/トリプル ダブル(ノウン)

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲのスタイリッシュなデザインは、フォーマルからカジュアルまで幅広い装いに馴染む。いや、合わせる装い次第で、逆に内包する様々な魅力を引き出すことができるのがこのコレクションの面白いところだろう。

ここでは日本限定のソーダライト文字盤モデルをジャケットスタイルに合わせてみた。時計の文字盤色に合わせて青×白のボーダーニットとブルーデニムをコーデしたところ、CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲのスポーティな側面が際立ち、ぐっと軽快な雰囲気に仕上がった。それでいて近づくとリッチな18KWGケースやダイヤモンドのアワーマーカー、そして何よりソーダライトの神秘的なブルーと石目模様により、ただの男でないことをアピールできる。この時計を幸運にも手に入れた方には、ぜひ参考にしていただきたいコーデだ。

日本限定モデル①時計アップ

「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック」

こちらは爽やかなブルーの色味と独特の石目により、1点1点微妙に印象が異なるソーダライトを文字盤に使用した日本限定モデル。ソーダライトは直観力と洞察力を高め、前に進もうという意思を育むとされるパワーストーンだ。ちなみにこの石を文字盤に使うのはオーデマ ピゲとしても初。30m防水。約70時間パワーリザーブの自社製自動巻きムーブメント(Cal.4309)搭載。18KWGケース。バゲットカットダイヤモンドアワーマーカー。ソーダライトダイヤル。ブルーアリゲーターストラップ。737万円。

日本限定モデル② 深みあるブラックで引き立つ“CODE”のモダニズム

日本限定モデル②
カーディガン6万3800円/レンコントラント(エイチジェイエム) カットソー2万5300円/フェデリ(トレメッツォ) パンツ4万7300円/ピーティー トリノ(PT JAPAN) サングラス〈スタイリスト私物〉

大柄チェックのカーディガンをポイントにしたコーデ。リラックス感がありながら、色使いを黒と白に絞ったことでクールな雰囲気も漂う。こんなモノトーンルックには、漆黒のオニキス文字盤を使ったCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲは絶好。シンプルなスタイリングの中で、しっかり大人の格と色気を発散するアクセントになってくれる。

日本限定モデル②時計アップ

「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック」

意志貫徹や、厄除けなどの効果もあるとされるオニキスを使用した日本限定モデル。じつはオーデマ ピゲは過去にもオニキスダイヤルの日本限定「ロイヤル オーク」を発表。あっという間に完売した。これも大人気を博しそうだ。30m防水。約70時間パワーリザーブの自社製自動巻きムーブメント(Cal.4309)搭載。18KWGケース。ブリリアントカットダイヤモンドアワーマーカー。オニキスダイヤル。ブラックラバー加工ストラップ。588万5000円。

限定モデル③ メカニカルな盤面とグロッシーなオニキスが抜群の相性

限定モデル③
シャツ3万4100円/バグッタ、カットソー2万5300円/フェデリ(以上トレメッツォ) パンツ4万6200円/ジェルマーノ(バインド ピーアール) ニット6万4900円/フィリッポ デ ローレンティス(トヨダトレーディング プレスルーム)

イエローのシャツジャケットとブラックのカーゴパンツ、そしてセーターを肩がけというスポーティな休日スタイル。こういう格好にはクロノグラフを搭載したCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲはよく似合う。とくにこのモデルはグロッシーなオニキスを文字盤に用い、アワーマーカーにバゲットカットダイヤモンドをセットしているため、スタイル全体をぐっとリッチに見せる効果も高い。たとえばドライブ旅行にこんな装いで出かければ、助手席のパートナーも喜ぶだろう。

限定モデル③時計アップ

「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ」

オニキスダイヤルを使用した日本限定モデルには、自社製のフライバッククロノグラフを積んだモデルも用意された。深く艶やかなブラックがメカニカルな盤面に抜群のマッチングを見せている。30m防水。約70時間パワーリザーブの自社製自動巻きムーブメント(Cal.4401)搭載。18KWGケース。バゲットカットダイヤモンドアワーマーカー。オニキスダイヤル。ブラックラバー加工ストラップ。990万円。

 column 
デビュー4年目を迎えたCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲの歩みを振り返る

オーデマピゲの歩み
右:「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ」18KPGxブラックセラミック。610万5000円 商品詳細はこちら>> 中:「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック」18KWGx18KPGケース。407万円 商品の詳細はこちら>> 左:「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック」18KWGケース。407万円 商品の詳細はこちら>>

「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」は2019年にデビューした。CODEとはChallenge(挑戦)、Own(継承)、Dare(追求心)、Evolve(進化)の頭文字を合わせたもの。11.59とは11時59分、つまり新しい日の1分前を表し、新しい時代の幕開け、そしてメゾンの過去と未来の境界線を意味している。遠目はラウンドケースのドレス時計だが、よく見ると今までの時計にはない造形やディテールがそこかしこに散りばめられ、独特のエレガンスやモダンな艶気を発散。このオーデマ ピゲの新たなデザインコードに時計ファンは痺れ、世界中で人気となった。

その後、サンバースト仕上げのグラデーション文字盤や、ピンクゴールドとホワイトゴールドのバイカラーケース、ミドルケースをブラックセラミックとした異素材ミックスケースなど、年を追うごとにバリエーションを拡充。人気モデルは常に品薄が続き、今では「ロイヤル オーク」と並ぶメゾンのアイコンウォッチとなっている。

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲに隠されたデザインコード

<p>アラビア数字とバーを組み合わせたインデックスは、ゴールド素材を植字して立体的に仕上げている。ここも高級感を高めるポイントであり、どの角度からも視認性が高い。</p>

アラビア数字とバーを組み合わせたインデックスは、ゴールド素材を植字して立体的に仕上げている。ここも高級感を高めるポイントであり、どの角度からも視認性が高い。

<p>真正面からはラウンドケースに見えるが、じつはミドルケースはオーデマ ピゲが大切にしている八角形のデザイン。ラグ部分も大胆にスケルトナイズされ、サイドからの眺めは非常にスタイリッシュ。</p>

真正面からはラウンドケースに見えるが、じつはミドルケースはオーデマ ピゲが大切にしている八角形のデザイン。ラグ部分も大胆にスケルトナイズされ、サイドからの眺めは非常にスタイリッシュ。

<p>風防ガラスは内側がドーム型に形成され、表側は6—12時方向にカーベックス。このダブルカーブにより、時計文字盤が見る角度で独特の表情を浮かべるのが面白い。</p>

風防ガラスは内側がドーム型に形成され、表側は6—12時方向にカーベックス。このダブルカーブにより、時計文字盤が見る角度で独特の表情を浮かべるのが面白い。

<p>どのモデルもオーデマ ピゲの自社製ムーブメントを搭載し、その精緻な動きをシースルーバックから鑑賞できる。写真はフライバッククロノグラフのCal.4401。22K製のローターをオープンワークとし、美しいメカニズムの全貌をくまなく見渡せる。</p>

どのモデルもオーデマ ピゲの自社製ムーブメントを搭載し、その精緻な動きをシースルーバックから鑑賞できる。写真はフライバッククロノグラフのCal.4401。22K製のローターをオープンワークとし、美しいメカニズムの全貌をくまなく見渡せる。

隠されたデザインコード

右から「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック」のソーダライトダイヤル。自動巻き。径41mm。18KWGケース。ブルーアリゲーターストラップ。737万円。「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック」のオニキスダイヤル。自動巻き。径41mm。18KWGケース。ブラックラバー加工ストラップ。588万5000円。「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ」のオニキスダイヤル。自動巻き。径41mm。18KWGケース。ブラックラバー加工ストラップ。990万円。

NEWS!「こんなロイヤル オーク、見たことない」展開催中!

オーデマ ピゲ ブティック 銀座

オーデマ ピゲ ブティック 銀座 地下1階で開催の『こんなロイヤル オーク、見たことない』展は、お客様の個人所有の希少な「ロイヤル オーク」をラインアップする日本ならではのユニークなモデルをご覧いただける機会です。ぜひご来場ください。

開催概要
「こんなロイヤル オーク、見たことない」

会期:12月末までの予定
開館時間:12:00~19:00(18:30最終受付)
会場:オーデマ ピゲ ブティック 銀座 地下1階(東京都中央区銀座6-5-13)
入場料:無料(事前予約優先)
予約はこちら
お問い合わせ先:03-6830-0789

オーデマ ピゲの商品のお問い合わせ先
オーデマ ピゲ ジャパン TEL:03-6830-0000
オフィシャルサイトはこちら
日本オリジナルコンテンツはこちら

撮影=谷田政史〈人物〉 江藤義典〈物〉 スタイリング=武内雅英(CODE) ヘアメイク=松本和也 文=吉田 巌(十万馬力)

※表示価格は税込み
<p>アラビア数字とバーを組み合わせたインデックスは、ゴールド素材を植字して立体的に仕上げている。ここも高級感を高めるポイントであり、どの角度からも視認性が高い。</p>

アラビア数字とバーを組み合わせたインデックスは、ゴールド素材を植字して立体的に仕上げている。ここも高級感を高めるポイントであり、どの角度からも視認性が高い。

<p>真正面からはラウンドケースに見えるが、じつはミドルケースはオーデマ ピゲが大切にしている八角形のデザイン。ラグ部分も大胆にスケルトナイズされ、サイドからの眺めは非常にスタイリッシュ。</p>

真正面からはラウンドケースに見えるが、じつはミドルケースはオーデマ ピゲが大切にしている八角形のデザイン。ラグ部分も大胆にスケルトナイズされ、サイドからの眺めは非常にスタイリッシュ。

<p>風防ガラスは内側がドーム型に形成され、表側は6—12時方向にカーベックス。このダブルカーブにより、時計文字盤が見る角度で独特の表情を浮かべるのが面白い。</p>

風防ガラスは内側がドーム型に形成され、表側は6—12時方向にカーベックス。このダブルカーブにより、時計文字盤が見る角度で独特の表情を浮かべるのが面白い。

<p>どのモデルもオーデマ ピゲの自社製ムーブメントを搭載し、その精緻な動きをシースルーバックから鑑賞できる。写真はフライバッククロノグラフのCal.4401。22K製のローターをオープンワークとし、美しいメカニズムの全貌をくまなく見渡せる。</p>

どのモデルもオーデマ ピゲの自社製ムーブメントを搭載し、その精緻な動きをシースルーバックから鑑賞できる。写真はフライバッククロノグラフのCal.4401。22K製のローターをオープンワークとし、美しいメカニズムの全貌をくまなく見渡せる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.335

Autumn

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop