革新的な新ムーブメントを搭載した“グランドセイコー「Kodo」”の実力とは

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

お家が建ちそうな価格帯の腕時計は、グランドセイコーの「Kodo」だ。時計に詳しくない方からは驚きの金額だが、そこにはお値段以上の魅力があった。

GRAND SEIKO(グランドセイコー)

Kodo コンスタントフォース・トゥールビヨン

Kodo コンスタントフォース・トゥールビヨン

ダイヤルに呈する奥行きある構造美
GS史上初のフルスケルトンが、世界初の機構を強くアピール。限定20本。手巻き。径43.8mm。Pt+チタンケース。姫路黒桟革ストラップ。10気圧防水。10月発売予定。

価格:4400万円
問:セイコーウオッチお客様相談室



2つの高精度機構を世界で初めて同軸に

トゥールビヨンとコンスタントフォースの各キャリッジを同軸上に設置する。他に類を見ないメカニズムを、グランドセイコーは2020年に、ムーブメントのみとして発表した。そして今年、全パーツの内90%以上を再設計し、ついに製品化が成し遂げられた。毎秒8振動の脱進機と、1秒毎に定力バネにトルクを蓄えるコンスタントフォースのストップ車の各打刻音が合わさり、16ビートを奏でるモデル名は「Kodo(鼓動)」。均一のトルクをトゥールビヨン内のテンプに伝えるメカニズムは、高精度を追求してきたグランドセイコーにふさわしい。コンスタントフォースのセラミック製ストップ車は、毎秒カチリという衝撃と共に停止されるが、異なるキャリッジで支持しているため、テンプの振動に影響を与えない。コンスタントフォースとトゥールビヨンの唯一無二の同軸設置は、理想的な構造なのである。

ここが凄い!
グランドセイコー×革新的

❶「高精度を追求」した結果の新機構
❷「ストップセコンド機構」で秒単位の時刻合わせ
❸ムーブメントの「鼓動音」にもこだわりが

2つの高精度機構を統合するのに要した開発期間は実に10年。「正確さ」を追求してきたグランドセイコーだから、時間がかけられた。またトゥールビヨンでは珍しいストップセコンド機構も備え、高精度がより実感できる。脱進機とストップ車の各打刻音が重ならないよう完璧に調整し、正確な16ビートとした。



※問い合わせ先は時計BeginのWeb(https://www.tokeibegin.jp/)の>> 「お問い合わせ先一覧」 をご参照ください  

もっと知りたい方はこちら!

『時計Begin 2022夏号 vol.108』980円 >> Amazon.co.jpで購入  
※表示価格は本書発売時(2022年6月10日現在)の税込み価格です

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop