近代トラッドで重要な6つのキーワードを解説「トラッド用語辞典」

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

中村達也のトラッド50年史
【1990〜2010s】知っておきたい用語集

MEN’S EX summer 2022では「世界のトラッド」を徹底回答。我らが指南役・中村達也氏にじっくり取材し、解説している。そこで出てくる服飾ワードをここで解説する「トラッド用語辞典」。最終回である今回は近代トラッドにおいて重要な6つのキーワードを解説する。

3G

ジョルジオ・アルマーニ、ジャンニ・ヴェルサーチ、ジャンフランコ・フェレの頭文字に由来。いずれもミラノを拠点とし、’80〜’90年代に世界を席巻した。

Molto Inglese

Very Britishを意味する伊語。クラシックな品格が漂う様子を讃えて使用される。

ボリオリ

1890年に創業した老舗。イタリアの有力ファクトリーとして古くから知られていたが、洗いをかけたジャケットの提案でブランドとして一躍有名に。

ニューリーダー

ドレイクスのマイケル・ヒルやアーモリーのマーク・チョー、アングロ・イタリアンのジェイク・グランサムなどが有名。

クラシック回帰

この潮流を機にワイドラペルや低めのゴージ、プリーツパンツなどが復権し、主流となった。

ヘリテージ

「遺産」の意。骨太な英国調トレンチやヘリンボーンジャケットなどを指して用いる。



[MEN’S EX Summer 2022の記事を再構成]
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop