無地見えするジャケットが1枚あれば、オンオフで大活躍【厳選5着】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

今、一番使える【ジャケット選び】大研究
一枚あると重宝する無地見えジャケットガイド

ベーシックに見えて、よく見ると色合いや風合いに表情あり。そんなヒネリの利いた無地=「無地見え」ジャケットは装いの幅を広げる強い味方。今季の新作から厳選して紹介しよう。

無地見えジャケットガイド


PLAIN JACKET Guide

DESIGNWORKS(デザインワークス)

華やかな光沢を兼備したウールのネイビージャケット(デザインワークス)

華やかな美光沢をたたえたアンコンジャケット
ざっくりした涼やかな風合いと華やかな光沢を兼備したウールジャケット。芯地やパッドなどを大幅に省き、カーディガンのような軽やかさを実現している。スリムなラペルに若々しさも薫る一着は、Tシャツなどカジュアルインナーと絶好の相性だ。6万4900円(デザインワークス 銀座)


ドレス度:★★★★★ 汎用性:★★ 軽さ:★★★




MACKINTOSH LONDON(マッキントッシュ ロンドン)

程よいゆとりをもたせたシルエットのジャケット(マッキントッシュ ロンドン)

時代を超えて愛用できるベーシックブレザー
英国の名門サヴィル クリフォードのホップサック生地を採用。流行不問のベーシックジャケットとして長年愛用できること請け合いだ。身頃に程よいゆとりをもたせたシルエットにより、現代的な寛ぎ感が漂うのも魅力。前ボタンを開けて羽織ってもサマになる。6万9300円(SANYO SHOKAI)


ドレス度:★★★★★ 汎用性:★★★ 軽さ:★★


今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop