オーダースーツの「DANKAN」がビジネスマンに伝え続けたい魅力とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

sponsored by DANKAN

オーダースーツDANKAN

ビジネスシーンにおいてとりわけ大切にしたいのが第一印象。そしてそんな第一印象を左右する最重要ポイントこそ、スーツのフィット感だ。ビシッと体型に合ったスーツがビジネスにもたらす好影響は大きい。そんなビジネスマンの鉄則からオーダースーツを作る人が増えているそう。

こちらの記事では、なんと1万8700円~という低価格でオーダースーツを実現する「DANKAN」に、その魅力からオーダー時の注意点などを語ってもらった。

オーダースーツの醍醐味はフィット感

菊谷さんと真田さん
教えてくれたのはDANKAN西宮店店長 菊谷氏(左)、豊中店店長 真田氏(右)

――ビジネスマンがオーダースーツを作るメリットはどこにありますか?

真田氏:オーダースーツの醍醐味は体形にビシッと合ったフィット感。フィットしたスーツがもたらすのは良い第一印象、いわゆる「仕事ができる感」です。それは仕事をする上での安心感や信頼感につながります。

また自分に合ったスーツを着ていることで自己肯定感も上がり、仕事へのモチベーションアップにもなります。仕事相手だけでなく自分自身にまで良い効果をもたらすのがオーダースーツの魅力です。

――自分にフィットしていないスーツのよくある失敗例は?

菊谷氏:若い方に多いのが細身のシルエットを求めるあまり、窮屈な印象になっているケース。例えばジャケットの着丈が短かすぎると貧相に見えたりするので要注意です。

逆に年配の方は、大きめを着ていらっしゃることも多いのですが、パンツの丈が長すぎたり、肩が落ちていたりするとルーズな印象になりがちです。

また最近はフィットネスブームで体を鍛えている方も多いかと思いますが、バストとウエストがフィットしたスーツを探すのは既製品だと難しいですね。既製品でもある程度調整できますがアームホールがきつくなる、ボトムのサイズ感と合っていないなど無理が生じます。

自分に合ったスーツを着ることで体形を上手くカバーしたり、魅力的に見せたりできるのでオーダースーツはおすすめです。

――オーダースーツの種類は「パターンオーダー」、「カスタムオーダー」、「フルオーダー」などがありますが、それぞれの違いとオーダースーツ初心者へのおすすめを教えて下さい。

菊谷氏:まず「パターンオーダー」と「カスタムオーダー」は同じカテゴリーになります。その2つの違いとしては「カスタムオーダー」はお客様それぞれの体形に合わせ細かく型紙を組み合わせて縫製するため体形補正が効き、「パターンオーダー」よりもフィット感が得られます。

「フルオーダー」は個人個人に合わせて型紙から作るので高いフィット感を得られますが、その分、コストは高くなり、納期もかかります。

オーダースーツの醍醐味であるフィット感をしっかり味わいながらコスト面まで考えたときにパフォーマンスが一番良いのは「カスタムオーダー」だと思います。DANKANではそんな「カスタムオーダー」のスーツを提供しています。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop