今からでも遅くない、ソブリンのドレスシャツで新年の襟を正そう

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
ソブリンのドレスシャツ

ソブリンのドレスシャツ

新年、襟を正せるグレードアップしたドレスシャツの傑作

ドレス服の気分が高まっている!昨今はテレワークなどで、タイドアップする機会が少なかったが、その反動だろうか、今、久しぶりにカッコよくドレス服を着こなしたいという声を耳にする。そんな“ドレス好き”がぜひ押さえておくべき今季再注目のシャツを紹介する。

こちらのシャツは、ドレススタイルの名手である太田裕康氏がディレクターを務める、「ソブリン」のもの。今季、大きくアップグレードを果たし、そのクオリティは、既製シャツの最高峰と言っても過言ではない。

ソブリンのドレスシャツ アップ

まず注目したいのは新たに登場したセミワイドの襟型(写真の白・青無地シャツ)。やや長めの襟先が適度に開いたこの襟型は、レギュラーカラーほどクラシックになりすぎず、今らしい佇まいに仕上げてくれる。

また、生地はトーマス・メイソンの高密度ポプリンの「ギャツビー」を使用。袖付けはギャザーを入れてエレガントに、またアームホールは手まつりで小さ目にすることで、腕が動かしやすい仕立てになっているのだ。シャツを変えるだけで、抜群にクラス感を高められ、新年、襟を正すには絶好な逸品なのだ。

SOVEREIGN(ソブリン)

ソブリンのドレスシャツ 袖付けのギャザー

微差こそ大差なドレススタイルの相棒に
袖付けのギャザーもエレガントで(写真1)、また脇のシームのステッチ幅も最高級シャツのものと同じぐらい細い(写真2)。袖の剣ボロは、肘に近い剣先部分の縫い代を内側に巻き込むことで、厚みを抑えて美しい見た目を実現している。また、台襟の内側を手まつりで縫製することで、細部の着心地も格段に向上させているのだ。シャツ各3万3000円/ソブリン、タイ1万7600円/ニッキー(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)


お問い合わせ先

ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 TEL 03-5772-5501



[MEN’S EX 2022年2月号DIGITAL Editionの記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
※表示価格は税込み

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Mar. VOL.331

3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop