ジャケットのインナーは「ジョン スメドレーのニット」に限る【ふく部長に聞いた】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

ハイゲージニットの最高峰といえば、英国の老舗ニットメーカー「ジョン スメドレー」のそれ。数多のブランドの中でも特別視されるのには、理由があります。今回は本誌公式ECサイト「meSTORE」のキャラクター“ふく部長”とヒラ社員の対話から、その絶対的安心感の源に迫ります。

冬のJKインナーはジョンスメドレーに限る” width=

オン・オフを問わず
長きに渡って愛用できる定番

品のよさをキープしつつ、こなれたスタイルを装える

ヒラ社員 ヒラ社員(以下、ヒラ) いやぁー今日はメチャメチャ寒いッスね。会社来るまでの間にもう冷え冷えですよ。


ふく部長 ふく部長(以下、部長) 天気予報で言っていたじゃないか。それより、どうしてビシッ!とタイドアップしているんだ?


ヒラ社員 ヒラ社員 ミーティングがあるんでつい気合いが入ってしまいまして。部長はシャツの代わりにタートルネックニットですか? 相変わらずお洒落だなぁ。こなれてるなぁ。


ふく部長 ふく部長 タートルネックは、毎日のローテーションに変化を付ける意味でも使い勝手がイイ。最近はドレスコードもゆるくなったから、キミも活用したらどうだ?


ヒラ社員 ヒラ社員 もう今買って着たいくらいですよ。ちなみに部長のはどこのニットですか?


ふく部長 ふく部長 ジョン スメドレーの「レノルド」というモデルだ。まあ、定番中の定番だな。


“冬のJKインナーはジョンスメドレーに限る”
奇をてらったところのない、正攻法にして最高峰のタートルネックニット「レノルド」。

ヒラ社員 ヒラ社員 ジョンスメ! 英国の老舗ですよね。やっぱり品のよさが違うなぁ。


ふく部長 ふく部長 ハイゲージニットの中でもとりわけ目の細かい、30ゲージのウールニットなんだ。タッチもさらりとしていて、とても心地いい。


“冬のJKインナーはジョン
ゲージとは、編機の針を入れる密度を差す単位。数値が上がるほど目が細かい。30ゲージともなると極めてハイゲージであり、編むにも高度な技術が要される。

作りへの信頼感も、ジョンスメのジョンスメたる由縁

ヒラ社員 ヒラ社員 でも、見た感じ繊細そうで……着た後のケアとか大変じゃないですか?


ふく部長 ふく部長 いや、じつは繊細に見えて毛玉になりにくいし、型崩れしにくいのがジョン スメドレーのニットのいいところなんだよ。根強いファンがいるのは、見た目だけじゃなく、根幹の作りに信頼が置けるから──というわけだ。


ヒラ社員 ヒラ社員 なるほど、俄然欲しいですね! 自分で言うのも何ですけど、2021年は結構がんばりましたし、自分へのご褒美に買ってあげたい!!


ふく部長 ふく部長 いいじゃないか。そういう前向きな姿勢、服好きの鑑だよ。ちなみにジョンスメにはハイゲージのニットポロもあってだな。「ホルトン」ってモデルは襟羽根も小ぶりだし台襟も付いているから、スーツやジャケットにとても合わせやすい。休日に一枚で着てもサマになるし、こちらもオススメだぞ。


“冬のJKインナーはジョンスメドレーに限る”
ややゆとりのあるシルエットの「ホルトン」。台襟が付いているため、ボタンを開けて着ても襟がペタッとせず、品よく着られる。

ヒラ社員 ヒラ社員 たしかにニットポロという手もありですね! 大人の余裕っていうんですかね。この独特のリラックスした雰囲気にも憧れるんですよねぇー。まだボクには早いですかね?


ふく部長 ふく部長 いやいや、そんなことはないだろう。いいモノを買っておいてソンはない。「いいモノは、必ず元が取れる」から。


ヒラ社員 ヒラ社員 出た部長の名言! もういっそ、両方欲しくなってきちゃいましたよ。ボクも大人の階段登っちゃいますかね。


ヒラ社員&ふく部長のおすすめ

名門ならではの品格を宿す
定番タートルネック「レノルド」

“冬のJKインナーはジョンスメドレーに限る”

1784年創業の英国名門、ジョンスメドレーの伝家の宝刀といえば、30ゲージという極めて目の細かいハイゲージ編み。上質なエキストラファインメリノウールの使用と相まって、さらりとして心地よい極上のタッチを堪能できます。タートルネックニットの「レノルド」は、定番の一着。meSTOREではブラック、インディゴ、シルバー、スレートグレー、スノーホワイトと、ビジネス使いしやすい落ち着いたカラーを展開します。各3万4100円。

スーツやジャケットに映える
台襟付きのニットポロ「ホルトン」

“冬のJKインナーはジョンスメドレーに限る”

タートルネックニットと並びブランドの定番として愛されているのが、ニットポロ。こちらの「ホルトン」は襟羽根がやや小さく、襟が付いているのが特徴のモデルです。台襟があることで襟元が凜とし、30ゲージというハイゲージも相まって、一般的なそれよりもドレッシーな印象に映ります。シルエットは全体にややゆとりがあり、モダンな印象。meSTOREでは着回しの効くブラック、チャコール、シルバーの3色を展開します。各3万5200円。

    話したのはこの2人


    ふく部長 ふく部長
    コロナ禍に部長職となったエグゼクティブ。お洒落の知識と着こなしのセンスから、誰が呼んだか通称「ふく部長」。ニューノーマルに適応すべく部下に気を遣う一面も。髪はロマンスグレーに移行中。


    ヒラ社員 ヒラ社員
    なかなか新人が入ってこない中堅ヒラ社員。ニューノーマルな働き方を目指しつつ、スーツをバシッと着こなして「デキるビジネスマン」に見られたい煩悩ももつ。お洒落メガネ男子で、結構イケメン。




文=秦 大輔

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Mar. VOL.331

3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop