大人の休日のニットは「明るい色」がオススメ。その理由とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

シアワセを呼ぶ「暖かい」服
休日ニットは美しき“攻め色”で遊ぶ
今冬は攻め色ニットが各社で大充実

同じ差し色ニットでも、休日使いを想定するならより明るい美発色を取り入れたい。ダークトーン中心で重苦しくなりがちな冬の装いが一気に垢抜けるのを実感できるはずだ。休日を楽しむための技として心得ておきたい。



ESTNATION(エストネーション)

 シアワセな訳 
最小限の投資で冬のマンネリを一気に解消

休日ニットは美しき“攻め色”で遊ぶ。エストネーション

キザに見えず着こなせる絶妙なパープル
下写真でも登場する、存在感のあるパープルニットだが、発色がキツすぎないので嫌味なく着られるのが魅力。程よくボリュームのあるミドルゲージなので、ジャケットやブルゾンのインナーにはもちろん、コートの下に合わせるのにもちょうどいい。タートルより首が低いモックネックもポイントで、スッキリと一枚で着てもいいし、スカーフをチラリと覗かせても洒脱だ。

休日ニットは美しき“攻め色”で遊ぶ。インナーとして使うのが攻め色ニットのコツ
ブルゾン10万3400円/モンテドーロ(コロネット)

インナーとして使うのが攻め色ニットのコツ
今季は多彩なカラーバリエーションのニットが各ショップでラインナップされているが、中でも注目したいのがパープル。派手に思えるかもしれないが、黒、グレー、ネイビーといった定番色に合わせれば悪目立ちせず、冬のマンネリを劇的に解消してくれる。ニット2万9700円/エストネーション(エストネーション)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop