ストラップを換えてオンオフ楽しむ「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」の魅力

array(4) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1216391) ["id"]=> int(1216391) ["title"]=> string(32) "c_watch_211029_audemarspiguet_09" ["filename"]=> string(36) "c_watch_211029_audemarspiguet_09.jpg" ["filesize"]=> int(117716) ["url"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_09.jpg" ["link"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/archives/1216379/c_watch_211029_audemarspiguet_09" ["alt"]=> string(44) "「ロイヤル オーク オフショア」" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(32) "c_watch_211029_audemarspiguet_09" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1216379) ["date"]=> string(19) "2021-10-22 13:41:10" ["modified"]=> string(19) "2021-10-22 13:41:24" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_09-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_09-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_09.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_09.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(340) "

1.チェンジャブルストラップ

新しいストラップ交換システムを採用したことで、工具を使わずとも誰もが簡単に替えストラップと交換できる。なおケースと同素材を用いたラバーストラップのAPピンバックルも新デザインに変更。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1216392) ["id"]=> int(1216392) ["title"]=> string(32) "c_watch_211029_audemarspiguet_10" ["filename"]=> string(36) "c_watch_211029_audemarspiguet_10.jpg" ["filesize"]=> int(97571) ["url"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_10.jpg" ["link"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/archives/1216379/c_watch_211029_audemarspiguet_10" ["alt"]=> string(44) "「ロイヤル オーク オフショア」" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(32) "c_watch_211029_audemarspiguet_10" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1216379) ["date"]=> string(19) "2021-10-22 13:41:34" ["modified"]=> string(19) "2021-10-22 13:41:38" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_10-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_10-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_10.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_10.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(476) "

2.手首へのフィット感を追求した

新しい「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」コレクションは、ケースのエッジにより幅広なポリッシュ仕上げの面取りが施され、ベゼルやリューズ、プッシュボタンもより流麗に造形された。これは最新の人間工学に基づいたデザインでもあり、手首のフィット感も格段と向上している。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1216393) ["id"]=> int(1216393) ["title"]=> string(32) "c_watch_211029_audemarspiguet_11" ["filename"]=> string(36) "c_watch_211029_audemarspiguet_11.jpg" ["filesize"]=> int(138713) ["url"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_11.jpg" ["link"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/archives/1216379/c_watch_211029_audemarspiguet_11" ["alt"]=> string(44) "「ロイヤル オーク オフショア」" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(32) "c_watch_211029_audemarspiguet_11" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1216379) ["date"]=> string(19) "2021-10-22 13:41:46" ["modified"]=> string(19) "2021-10-22 13:41:49" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_11-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_11-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_11.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_11.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(398) "

3.立体的なダイヤルデザイン

“メガタペストリー”模様を刻んだダイヤルはオフショアのアイデンティティだが、これもよりエッジの利いたデザインに刷新。ピラミッドのひとつひとつがよりシャープになり、溝が交錯する部分にはクロス模様が浮かぶように造形された。

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1216444) ["id"]=> int(1216444) ["title"]=> string(32) "c_watch_211029_audemarspiguet_12" ["filename"]=> string(36) "c_watch_211029_audemarspiguet_12.jpg" ["filesize"]=> int(145079) ["url"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_12.jpg" ["link"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/archives/1216379/c_watch_211029_audemarspiguet_12" ["alt"]=> string(81) "「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」ムーブメント" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(32) "c_watch_211029_audemarspiguet_12" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1216379) ["date"]=> string(19) "2021-10-25 03:30:20" ["modified"]=> string(19) "2021-10-25 03:30:46" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_12-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_12-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_12.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/c_watch_211029_audemarspiguet_12.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(683) "

4.新ムーブメント

「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」は最新の自社製一体型クロノグラフ・ムーブメント「Cal.4401」を搭載。フライバック機能を備えるこのムーブメントは、クロノグラフの制御をコラムホイールが行い、クロノグラフのスタート/ストップ時に針がぶれない垂直クラッチシステムや、カウンターのすべての針をぴったりゼロリセットさせる特許保持のゼロリセットメカニズムなど、APの最新技術が惜しみなく投下されている。パワーリザーブは約70時間だ。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

sponsored

人気の「ロイヤル オーク オフショア」コレクションから、新しい43㎜ラインが登場。嬉しいことに最近の時計界のトレンドである簡単にストラップ交換できる独自システムも採用された。そのクロノグラフモデルを例に、いかにミドルのスタイルアップに効くかを検証してみた。

「ロイヤル オーク オフショア」

1993年の「ロイヤル オーク オフショア」コレクションのデビューは鮮烈だった。名作ロイヤル オーク譲りのビス止めされた八角形ベゼルを備えながら、外観をより力強くダイナミックにアレンジ。その迫力ある佇まいは以後のラグジュアリースポーツウォッチの新たな規範ともなった。まさしく時計史に残るデザインと言える。

そんなロイヤル オーク オフショアから、2021年、新しい43㎜コレクションが出た。今回ご紹介するのはそのクロノグラフバージョンだ。もともとロイヤル オーク オフショアはクロノグラフの人気が高かったが、新しいケースと文字盤を得たことでよりスタイリッシュな風貌となり、合わせて最適なエルゴノミーを実現。しかも搭載するキャリバー4401は最新の自社製一体型フライバッククロノグラフと、メカニズム的にも魅力を高めている。

さらに特筆すべきはオーデマ ピゲの新しい交換ストラップシステムの採用だ。そのメリットを生かして、全モデルに色の違う2種のストラップが付属されており、その日の装いに合わせて一瞬で時計の印象をチェンジできる。美しくパワフルなクロノグラフをオンオフともに楽しみたい人にとっては、ここも嬉しいポイントといえよう。 以下、ストラップ交換でいかに印象が変わるか、おすすめのコーデとともにご紹介しよう。

アリゲーターストラップ × ON Styleで風格を

「ロイヤル オーク オフショア」アリゲーターストラップ
スーツ18万4800円/デ ペトリロ、ベージュシャツ2万9700円/アトリエ・ゴティエ(以上ビームス 六本木ヒルズ) タイ1万6500円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店) チーフ1万9800円/キートン(ストラスブルゴ)

スーツスタイルには薄型のドレスウォッチを合わせるのが王道だが、今のビジネスシーンは装いの自由度が高い。ならば主張を利かせたいときはあえて高級なスポーツウォッチというのも悪くない。それが「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」なら、風格あるダブルスーツもしっかり受け止めてくれるだろう。

ここではストラップ交換システムによりアリゲーターストラップを装着したため、よりスーツとの馴染みが増している。スーツが茶系ゆえ、18Kピンクゴールドケースとの相性もぴったりだ。

ちなみにこのダブルスーツは4つボタンデザインで、ウエストの絞りもゆるめ。少し今らしいツイストの利いたモデルゆえ、一層こういう遊んだ時計のセレクトが似合う。会談相手に自身のパワーと洒落たセンスを見せつけたいときに参考にしてほしいコーデだ。

「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」
2000年代初期に44㎜のコレクションを発表して以来、久々にデザインが更新された「ロイヤル オーク オフショア」。こちらはクロノグラフを搭載した「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」の18Kピンクゴールドケースにブラックセラミックのベゼルをセットしたモデルだ。もともとスタイリッシュなデザインだが、アリゲーターストラップを装着するとぐっと格調高い雰囲気に。 自動巻き。径43㎜。18KPGケース。ブラックラバーストラップ(ブラックアリゲーターストラップ付属)。665万5000円

ラバーストラップ × Casual Styleでスポーティに

「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」ラバーストラップ
ブルゾン7万9200円/バブアー × トゥモローランド(トゥモローランド) ニットパーカー3万8500円/フィリッポ デ ローレンティス、ロイパンツ2万9700円/ジェルマーノ(以上ビームス 六本木ヒルズ) Tシャツ2万900円/フェデリ(トレメッツォ)

「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」は、アクティブなスタイルの引き締め役にも適任。ラバーストラップを装着すればぐっとスポーティな雰囲気も高まり、写真のような軽快なブルゾンスタイルとの相性がさらに増すのもいいところだ。リッチな18Kピンクゴールドケースがトレンドのカーキカラーに映えるのもいい。

ちなみに合わせたオフ白のパンツは細畝のコーデュロイ素材。このコーデならデニムを合わせてもいいが、こういう少しドレスなアイテムを用いて上品に仕上げるのが大人のカジュアルには大切なのだ。

「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」
「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」は、大胆なデザインながら、最新のエルゴノミクスを取り入れたことで袖口での収まりがいいのも特徴。だからステアリングを握るときにもまったく邪魔にならない。クルマ好きにはクロノグラフ好きが多いが、こんな時計が腕にあれば胸のすくドライブが楽しめそうだ。 自動巻き。径43㎜。18KPGケース。ブラックラバーストラップ(ブラックアリゲーターストラップ付属)。665万5000円

【ピングゴールドモデルの詳細は】こちら

<p><strong>1.チェンジャブルストラップ</strong></p>
<p>新しいストラップ交換システムを採用したことで、工具を使わずとも誰もが簡単に替えストラップと交換できる。なおケースと同素材を用いたラバーストラップのAPピンバックルも新デザインに変更。</p>

1.チェンジャブルストラップ

新しいストラップ交換システムを採用したことで、工具を使わずとも誰もが簡単に替えストラップと交換できる。なおケースと同素材を用いたラバーストラップのAPピンバックルも新デザインに変更。

<p><strong>2.手首へのフィット感を追求した</strong></p>
<p>新しい「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」コレクションは、ケースのエッジにより幅広なポリッシュ仕上げの面取りが施され、ベゼルやリューズ、プッシュボタンもより流麗に造形された。これは最新の人間工学に基づいたデザインでもあり、手首のフィット感も格段と向上している。</p>

2.手首へのフィット感を追求した

新しい「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」コレクションは、ケースのエッジにより幅広なポリッシュ仕上げの面取りが施され、ベゼルやリューズ、プッシュボタンもより流麗に造形された。これは最新の人間工学に基づいたデザインでもあり、手首のフィット感も格段と向上している。

<p><strong>3.立体的なダイヤルデザイン</strong></p>
<p>“メガタペストリー”模様を刻んだダイヤルはオフショアのアイデンティティだが、これもよりエッジの利いたデザインに刷新。ピラミッドのひとつひとつがよりシャープになり、溝が交錯する部分にはクロス模様が浮かぶように造形された。</p>

3.立体的なダイヤルデザイン

“メガタペストリー”模様を刻んだダイヤルはオフショアのアイデンティティだが、これもよりエッジの利いたデザインに刷新。ピラミッドのひとつひとつがよりシャープになり、溝が交錯する部分にはクロス模様が浮かぶように造形された。

<p><strong>4.新ムーブメント</strong></p>
<p>「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」は最新の自社製一体型クロノグラフ・ムーブメント「Cal.4401」を搭載。フライバック機能を備えるこのムーブメントは、クロノグラフの制御をコラムホイールが行い、クロノグラフのスタート/ストップ時に針がぶれない垂直クラッチシステムや、カウンターのすべての針をぴったりゼロリセットさせる特許保持のゼロリセットメカニズムなど、APの最新技術が惜しみなく投下されている。パワーリザーブは約70時間だ。</p>

4.新ムーブメント

「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」は最新の自社製一体型クロノグラフ・ムーブメント「Cal.4401」を搭載。フライバック機能を備えるこのムーブメントは、クロノグラフの制御をコラムホイールが行い、クロノグラフのスタート/ストップ時に針がぶれない垂直クラッチシステムや、カウンターのすべての針をぴったりゼロリセットさせる特許保持のゼロリセットメカニズムなど、APの最新技術が惜しみなく投下されている。パワーリザーブは約70時間だ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop