【西口修平の大人のヴィンテージ入門】ウォークオーバーのホワイトバックス

array(5) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1212044) ["id"]=> int(1212044) ["title"]=> string(18) "ME2110_p96-99_sub3" ["filename"]=> string(22) "ME2110_p96-99_sub3.jpg" ["filesize"]=> int(161788) ["url"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub3.jpg" ["link"]=> string(58) "https://www.mens-ex.jp/archives/1212038/me2110_p96-99_sub3" ["alt"]=> string(136) "西口修平の「大人のヴィンテージ」入門 #5「ウォークオーバーのホワイトバックス」 実は綺麗な縫製" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(18) "me2110_p96-99_sub3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1212038) ["date"]=> string(19) "2021-09-02 04:52:37" ["modified"]=> string(19) "2021-09-02 04:53:48" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub3-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(292) "

実は綺麗な縫製
「米国靴は質実剛健さが魅力である一方、大味な縫製が多いのも事実。しかしウォークオーバーのそれは乱れが少なく綺麗な印象です。目立ちやすい白糸だけに嬉しいポイントですね」

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1212045) ["id"]=> int(1212045) ["title"]=> string(18) "ME2110_p96-99_sub4" ["filename"]=> string(22) "ME2110_p96-99_sub4.jpg" ["filesize"]=> int(120449) ["url"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub4.jpg" ["link"]=> string(58) "https://www.mens-ex.jp/archives/1212038/me2110_p96-99_sub4" ["alt"]=> string(150) "西口修平の「大人のヴィンテージ」入門 #5「ウォークオーバーのホワイトバックス」年代によって異なるソール" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(18) "me2110_p96-99_sub4" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1212038) ["date"]=> string(19) "2021-09-02 04:52:37" ["modified"]=> string(19) "2021-09-02 04:53:56" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub4-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub4-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub4.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub4.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(319) "

年代によって異なるソール
「ウォークオーバーといえばブリックソールですが、実は年代によって微妙に違いがあります。’80年代のものは底がフラットなのですが、’90年代製のこちらは溝が切ってあるのが特徴」

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1212046) ["id"]=> int(1212046) ["title"]=> string(18) "ME2110_p96-99_sub5" ["filename"]=> string(22) "ME2110_p96-99_sub5.jpg" ["filesize"]=> int(167583) ["url"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub5.jpg" ["link"]=> string(58) "https://www.mens-ex.jp/archives/1212038/me2110_p96-99_sub5" ["alt"]=> string(147) "西口修平の「大人のヴィンテージ」入門 #5「ウォークオーバーのホワイトバックス」いまや希少なヌバック製" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(18) "me2110_p96-99_sub5" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1212038) ["date"]=> string(19) "2021-09-02 04:52:38" ["modified"]=> string(19) "2021-09-02 04:54:05" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub5-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub5-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub5.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub5.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(310) "

いまや希少なヌバック製
「革の銀面(表皮)を起毛加工して作るヌバックは、スエードに比べて毛足が短く非常に滑らかな手触りが特徴。現在製造されているホワイトバックスではまず採用されないアッパーです」

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1212048) ["id"]=> int(1212048) ["title"]=> string(18) "ME2110_p96-99_sub7" ["filename"]=> string(22) "ME2110_p96-99_sub7.jpg" ["filesize"]=> int(135689) ["url"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub7.jpg" ["link"]=> string(58) "https://www.mens-ex.jp/archives/1212038/me2110_p96-99_sub7" ["alt"]=> string(159) "西口修平の「大人のヴィンテージ」入門 #5「ウォークオーバーのホワイトバックス」さりげない本格感が薫る小物使い" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(18) "me2110_p96-99_sub7" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1212038) ["date"]=> string(19) "2021-09-02 04:52:39" ["modified"]=> string(19) "2021-09-02 04:54:39" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub7-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub7-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub7.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub7.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(367) "

さりげない本格感が薫る小物使い
手巻きムーブメントを搭載したミリタリーウォッチは英国製のタイメックス、右手のリングはともにロンドンのファインジュエラー、バニーのもの。アメリカンスタイルを基調としつつ、本格にこだわった手元が印象的だ。

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1212049) ["id"]=> int(1212049) ["title"]=> string(18) "ME2110_p96-99_sub8" ["filename"]=> string(22) "ME2110_p96-99_sub8.jpg" ["filesize"]=> int(132004) ["url"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub8.jpg" ["link"]=> string(58) "https://www.mens-ex.jp/archives/1212038/me2110_p96-99_sub8" ["alt"]=> string(165) "西口修平の「大人のヴィンテージ」入門 #5「ウォークオーバーのホワイトバックス」太すぎず細すぎずのストレートパンツ" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(18) "me2110_p96-99_sub8" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1212038) ["date"]=> string(19) "2021-09-02 04:52:40" ["modified"]=> string(19) "2021-09-02 04:54:47" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub8-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub8-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub8.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2110_p96-99_sub8.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(379) "

太すぎず細すぎずのストレートパンツ
ホワイトバックスを今どきに履きこなすなら、過度なタイトフィットパンツは禁物。西口さんは太すぎず細すぎずのストレートパンツを選ぶことで、上品さと今どきのリラックス感を両立させている。裾はひと折りして軽快に。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
西口修平の「大人のヴィンテージ」入門

西口修平の「大人のヴィンテージ入門」#5
高級でなくても「本物」の靴。トラッド好き必携の名品!「ウォークオーバーのホワイトバックス」

西口修平の「大人のヴィンテージ」入門 #5「ウォークオーバーのホワイトバックス」

現在のクラシックと古き良きヴィンテージの双方に精通する西口修平さんが“大人のヴィンテージ入門”を手ほどき。ぜひ手に入れたい名作と、その着こなし方について解説してもらおう。

西口さん的・名作ヴィンテージ#5
【ウォークオーバーのホワイトバックス】

西口修平の「大人のヴィンテージ」入門 #5「ウォークオーバーのホワイトバックス」

100年以上の歴史を有するアメリカの老舗。白の起毛革によるアッパーに、ブリックソールと呼ばれるレンガ色のラバーソールを組み合わせたホワイトバックスの代表的メーカーとして名を馳せるも、1990年代にはブランド消滅の憂き目に。2010年にイタリアの会社が商標を取得して復活し、気鋭デザイナーのマーク・マクネイリー氏が参画したことでも注目を集めた。写真は1990年代製のヴィンテージ。ソールの仕様に加え、インソックのロゴが箔押しではなくスタンプになっているのも’90年代製の特徴だ。市場価格は状態のいいもので1万円前後。

西口さんが解説!名品の見どころはココ!

 
<p><b>実は綺麗な縫製</b><br />
「米国靴は質実剛健さが魅力である一方、大味な縫製が多いのも事実。しかしウォークオーバーのそれは乱れが少なく綺麗な印象です。目立ちやすい白糸だけに嬉しいポイントですね」</p>

実は綺麗な縫製
「米国靴は質実剛健さが魅力である一方、大味な縫製が多いのも事実。しかしウォークオーバーのそれは乱れが少なく綺麗な印象です。目立ちやすい白糸だけに嬉しいポイントですね」

<p><b>年代によって異なるソール</b><br />
「ウォークオーバーといえばブリックソールですが、実は年代によって微妙に違いがあります。’80年代のものは底がフラットなのですが、’90年代製のこちらは溝が切ってあるのが特徴」</p>

年代によって異なるソール
「ウォークオーバーといえばブリックソールですが、実は年代によって微妙に違いがあります。’80年代のものは底がフラットなのですが、’90年代製のこちらは溝が切ってあるのが特徴」

<p><b>いまや希少なヌバック製</b><br />
「革の銀面(表皮)を起毛加工して作るヌバックは、スエードに比べて毛足が短く非常に滑らかな手触りが特徴。現在製造されているホワイトバックスではまず採用されないアッパーです」</p>

いまや希少なヌバック製
「革の銀面(表皮)を起毛加工して作るヌバックは、スエードに比べて毛足が短く非常に滑らかな手触りが特徴。現在製造されているホワイトバックスではまず採用されないアッパーです」

<p><b>実は綺麗な縫製</b><br />
「米国靴は質実剛健さが魅力である一方、大味な縫製が多いのも事実。しかしウォークオーバーのそれは乱れが少なく綺麗な印象です。目立ちやすい白糸だけに嬉しいポイントですね」</p>

実は綺麗な縫製
「米国靴は質実剛健さが魅力である一方、大味な縫製が多いのも事実。しかしウォークオーバーのそれは乱れが少なく綺麗な印象です。目立ちやすい白糸だけに嬉しいポイントですね」

<p><b>年代によって異なるソール</b><br />
「ウォークオーバーといえばブリックソールですが、実は年代によって微妙に違いがあります。’80年代のものは底がフラットなのですが、’90年代製のこちらは溝が切ってあるのが特徴」</p>

年代によって異なるソール
「ウォークオーバーといえばブリックソールですが、実は年代によって微妙に違いがあります。’80年代のものは底がフラットなのですが、’90年代製のこちらは溝が切ってあるのが特徴」

<p><b>いまや希少なヌバック製</b><br />
「革の銀面(表皮)を起毛加工して作るヌバックは、スエードに比べて毛足が短く非常に滑らかな手触りが特徴。現在製造されているホワイトバックスではまず採用されないアッパーです」</p>

いまや希少なヌバック製
「革の銀面(表皮)を起毛加工して作るヌバックは、スエードに比べて毛足が短く非常に滑らかな手触りが特徴。現在製造されているホワイトバックスではまず採用されないアッパーです」

<p><b>さりげない本格感が薫る小物使い</b><br />
手巻きムーブメントを搭載したミリタリーウォッチは英国製のタイメックス、右手のリングはともにロンドンのファインジュエラー、バニーのもの。アメリカンスタイルを基調としつつ、本格にこだわった手元が印象的だ。</p>

さりげない本格感が薫る小物使い
手巻きムーブメントを搭載したミリタリーウォッチは英国製のタイメックス、右手のリングはともにロンドンのファインジュエラー、バニーのもの。アメリカンスタイルを基調としつつ、本格にこだわった手元が印象的だ。

<p><b>太すぎず細すぎずのストレートパンツ</b><br />
ホワイトバックスを今どきに履きこなすなら、過度なタイトフィットパンツは禁物。西口さんは太すぎず細すぎずのストレートパンツを選ぶことで、上品さと今どきのリラックス感を両立させている。裾はひと折りして軽快に。</p>

太すぎず細すぎずのストレートパンツ
ホワイトバックスを今どきに履きこなすなら、過度なタイトフィットパンツは禁物。西口さんは太すぎず細すぎずのストレートパンツを選ぶことで、上品さと今どきのリラックス感を両立させている。裾はひと折りして軽快に。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop