ニットタイは「黒やネイビー以外」も持っておきたい【実例コーデ4選】

array(4) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1211053) ["id"]=> int(1211053) ["title"]=> string(18) "ME2109_p14-15_sub2" ["filename"]=> string(22) "ME2109_p14-15_sub2.jpg" ["filesize"]=> int(370966) ["url"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub2.jpg" ["link"]=> string(58) "https://www.mens-ex.jp/archives/1211046/me2109_p14-15_sub2" ["alt"]=> string(108) "落ち着いた色のカラーニットタイ 貫禄ある柄ジャケ姿に程よく抜け感をプラス" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(18) "me2109_p14-15_sub2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1211046) ["date"]=> string(19) "2021-08-25 06:40:40" ["modified"]=> string(19) "2021-08-25 06:43:23" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub2-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(461) "

貫禄ある柄ジャケ姿に程よく抜け感をプラス
このジャケットに普通のブラウンタイを合わせたら渋くなりすぎるが、ニットタイなら程よく軽快に仕上がる。ジャケット7万2600円〈オーダー価格〉/麻布テーラー(Y&Mプレスルーム) シャツ3万9600円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) ※タイは上の画像[左]と同じ。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1211054) ["id"]=> int(1211054) ["title"]=> string(18) "ME2109_p14-15_sub3" ["filename"]=> string(22) "ME2109_p14-15_sub3.jpg" ["filesize"]=> int(262274) ["url"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub3.jpg" ["link"]=> string(58) "https://www.mens-ex.jp/archives/1211046/me2109_p14-15_sub3" ["alt"]=> string(111) "落ち着いた色のカラーニットタイ トラッドにまとめるのがニットタイ攻略の基本" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(18) "me2109_p14-15_sub3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1211046) ["date"]=> string(19) "2021-08-25 06:40:41" ["modified"]=> string(19) "2021-08-25 06:43:35" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub3-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(456) "

トラッドにまとめるのがニットタイ攻略の基本
ストライプのオックスBDと合わせてトラッドなVゾーンに。ストイックな色使いだからこそニットの素材感が際立つコーデだ。スーツ14万3000円/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ) シャツ7700円/麻布ザ・カスタムシャツ(Y&Mプレスルーム) ※タイは上の画像[左]と同じ。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1211055) ["id"]=> int(1211055) ["title"]=> string(18) "ME2109_p14-15_sub4" ["filename"]=> string(22) "ME2109_p14-15_sub4.jpg" ["filesize"]=> int(345441) ["url"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub4.jpg" ["link"]=> string(58) "https://www.mens-ex.jp/archives/1211046/me2109_p14-15_sub4" ["alt"]=> string(105) "落ち着いた色のカラーニットタイ 夏の日差しに映えるライトトーンの合わせ" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(18) "me2109_p14-15_sub4" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1211046) ["date"]=> string(19) "2021-08-25 06:40:41" ["modified"]=> string(19) "2021-08-25 06:43:43" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub4-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub4-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub4.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub4.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(465) "

夏の日差しに映えるライトトーンの合わせ
淡いベージュ×グレーという、いかにも今季らしい柔らかなカラートーンでまとめたコーデ。洒脱にして程よく寛ぎも感じさせるため、会食があるような日にもぴったり。スーツ14万8500円/タリアトーレ、シャツ2万6400円/バグッタ(以上トレメッツォ) ※タイは上の画像[右]と同じ。

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1211056) ["id"]=> int(1211056) ["title"]=> string(18) "ME2109_p14-15_sub5" ["filename"]=> string(22) "ME2109_p14-15_sub5.jpg" ["filesize"]=> int(382727) ["url"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub5.jpg" ["link"]=> string(58) "https://www.mens-ex.jp/archives/1211046/me2109_p14-15_sub5" ["alt"]=> string(105) "落ち着いた色のカラーニットタイ ブルーとグレーの寒色系で清涼感たっぷり" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(18) "me2109_p14-15_sub5" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1211046) ["date"]=> string(19) "2021-08-25 06:40:42" ["modified"]=> string(19) "2021-08-25 06:43:54" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub5-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub5-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub5.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/ME2109_p14-15_sub5.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(472) "

ブルーとグレーの寒色系で清涼感たっぷり
メランジ調のネイビーに二重でペーンを配したかなり洒落たジャケット。そこにグレーのタイを締めたことですっきりまとまった。ジャケットの素材感もニットがしっかり受け止めている。ジャケット24万2000円、シャツ2万9700円/以上カナーリ(コロネット) ※タイは上の画像[右]と同じ。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
落ち着いた色のカラーニットタイ コーディネート実例
落ち着いた色の[カラーニットタイ]によるコーデイネート実例

落ち着いた色の[カラーニットタイ]

ニットタイに慣れていないのなら、まずは落ち着いた色から挑戦するといい。ブラウンやグレーなら装いに馴染み、タイだけ浮いた感じにならない。

落ち着いた色のカラーニットタイ [左]ATTO VANNUCCI[右]FAIRFAX

[左]ATTO VANNUCCI(アット ヴァンヌッチ)

 

スカーフのような締め心地のセッテピエゲタイで有名なアット ヴァンチッチの隠れた名品。細身のニットタイが多いなか、剣先幅8.5cmとワイドに仕立てられ、クラシックな幅広ラペルとも相性抜群。シルク100%。1万8700円(meSTORE)

[右]FAIRFAX(フェアファクス)

 

シルクニットタイで有名な1908年創業のドイツの老舗、アスコットとのダブルネーム。通常のシルクサテンだとグレーはやや使いづらいが、素材感があるため幅広い装いに映える。シルク100%。剣先幅6cm。1万2100円(フェアファクスコレクティブ)

<p><b>貫禄ある柄ジャケ姿に程よく抜け感をプラス</b><br />
このジャケットに普通のブラウンタイを合わせたら渋くなりすぎるが、ニットタイなら程よく軽快に仕上がる。ジャケット7万2600円〈オーダー価格〉/麻布テーラー(Y&Mプレスルーム) シャツ3万9600円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) ※タイは上の画像[左]と同じ。</p>

貫禄ある柄ジャケ姿に程よく抜け感をプラス
このジャケットに普通のブラウンタイを合わせたら渋くなりすぎるが、ニットタイなら程よく軽快に仕上がる。ジャケット7万2600円〈オーダー価格〉/麻布テーラー(Y&Mプレスルーム) シャツ3万9600円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) ※タイは上の画像[左]と同じ。

<p><b>トラッドにまとめるのがニットタイ攻略の基本</b><br />
ストライプのオックスBDと合わせてトラッドなVゾーンに。ストイックな色使いだからこそニットの素材感が際立つコーデだ。スーツ14万3000円/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ) シャツ7700円/麻布ザ・カスタムシャツ(Y&Mプレスルーム) ※タイは上の画像[左]と同じ。</p>

トラッドにまとめるのがニットタイ攻略の基本
ストライプのオックスBDと合わせてトラッドなVゾーンに。ストイックな色使いだからこそニットの素材感が際立つコーデだ。スーツ14万3000円/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ) シャツ7700円/麻布ザ・カスタムシャツ(Y&Mプレスルーム) ※タイは上の画像[左]と同じ。

<p><b>夏の日差しに映えるライトトーンの合わせ</b><br />
淡いベージュ×グレーという、いかにも今季らしい柔らかなカラートーンでまとめたコーデ。洒脱にして程よく寛ぎも感じさせるため、会食があるような日にもぴったり。スーツ14万8500円/タリアトーレ、シャツ2万6400円/バグッタ(以上トレメッツォ) ※タイは上の画像[右]と同じ。</p>

夏の日差しに映えるライトトーンの合わせ
淡いベージュ×グレーという、いかにも今季らしい柔らかなカラートーンでまとめたコーデ。洒脱にして程よく寛ぎも感じさせるため、会食があるような日にもぴったり。スーツ14万8500円/タリアトーレ、シャツ2万6400円/バグッタ(以上トレメッツォ) ※タイは上の画像[右]と同じ。

<p><b>ブルーとグレーの寒色系で清涼感たっぷり</b><br />
メランジ調のネイビーに二重でペーンを配したかなり洒落たジャケット。そこにグレーのタイを締めたことですっきりまとまった。ジャケットの素材感もニットがしっかり受け止めている。ジャケット24万2000円、シャツ2万9700円/以上カナーリ(コロネット) ※タイは上の画像[右]と同じ。</p>

ブルーとグレーの寒色系で清涼感たっぷり
メランジ調のネイビーに二重でペーンを配したかなり洒落たジャケット。そこにグレーのタイを締めたことですっきりまとまった。ジャケットの素材感もニットがしっかり受け止めている。ジャケット24万2000円、シャツ2万9700円/以上カナーリ(コロネット) ※タイは上の画像[右]と同じ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop