ドレスコードの基本ルール「ダークスーツ」って具体的にどんなスーツのこと?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

ビジネスの装いとは、その人の第⼀印象を決めるコミュニケーションツールの⼀つ。

MEN’S EX編集部がまとめた新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』は、そんな「きちんと感」の装い方をスーツ、ビジネスカジュアル、冠婚葬祭などのフォーマルまで網羅しています。ここでは、その中から一部をピックアップしてご紹介!

特別なハレの日の「適切」を知っておこう
「ドレスコード指定」時の正解

ドレスコード指定

招待状が届き、そこにドレスコードが書かれていたら、きちんと理解して守るのが出席者のマナーだ。基本となるルールをしっかり把握し、場に合わせたファッションで出かけよう

[ダークスーツ]パーティで広く用いられる
“抑制”と“華やぎ”の装い

ダークスーツ
ダークスーツのフォーマル度

最も活用度の高いフォーマルスタイルの王道

様々なパーティやレセプションで最も広く用いられるドレスコードが「ダークスーツ」。濃色のスーツが基本で、派手なストライプやチェック柄は相応しくない。

フォーマルの格付けとしては略礼装にあたり、抑制美を機軸にした装いが求められるが、夜の会の場合は華やぎも意識したいところだ。

スーツは光沢のあるファインウールやシルク、カシミア混の上質素材が適切。タイも柄は控えめにしつつ、素材感は艶やかなものを選ぶとエレガントな装いになる。

【ダークスーツ】4つのルール

[RULE 01]濃紺か濃グレーのスーツ
ネイビーもしくはチャコールグレーが定番。濃色ならば落ち着きを、程よい光沢で華やかさを主張できる。シャドーストライプなど無地調の柄も許容される。

[RULE 02]シャツは白無地が基本
礼装であれば白無地シャツが基本。サックスブルーの無地も許容範囲だ。織り柄入りも選択肢としてあるが、落ち着きをモットーに。生地はドレッシーなブロードなどを。

[RULE 03]タイは光沢が肝
華やかさを意識して、光沢のあるシルクサテンやツイルなどが適格。一般的なシルバーグレー系のほか、ネイビーや茶などシックな色もOK。無地や控えめな織り柄が○。

[RULE 04]靴は黒の内羽根
黒のカーフの内羽根ドレスシューズが暗黙のルール。なかでも黒のストレートチップが鉄板で、内羽根プレーントウも適格。オペラパンプスは格式が合わず適さない。

さらに詳しく知るにはコチラ!

「ビジネスの装いルール完全BOOK」

ビジネスの装いルールブック
新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』>> Amazon.co.jpで購入 

<⽬次>
第1章: 知的に⾒せるサイズ選びの正解
第2章: スーツの装い、基本の着⽅
第3章: 合わせ⽅の基本セオリー
第4章: ⾜元こそ装いの画⻯点睛
第5章: 上質な快適を装う
第6章: ⾮⽇常時にこそ試される教養
第7章: スーツのディテールには役割がある

本体価格:1000円+税
発行:世界文化社

[『ビジネスの装いルール完全BOOK』の記事を再構成]

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop