招待状のドレスコード「ブラックタイ」に黒ネクタイで参加したら赤っ恥!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

ビジネスの装いとは、その人の第⼀印象を決めるコミュニケーションツールの⼀つ。

MEN’S EX編集部がまとめた新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』は、そんな「きちんと感」の装い方をスーツ、ビジネスカジュアル、冠婚葬祭などのフォーマルまで網羅しています。ここでは、その中から一部をピックアップしてご紹介!

特別なハレの日の「適切」を知っておこう
「ドレスコード指定」時の正解

ドレスコード指定

招待状が届き、そこにドレスコードが書かれていたら、きちんと理解して守るのが出席者のマナーだ。基本となるルールをしっかり把握し、場に合わせたファッションで出かけよう

[ブラックタイ]格式高い会のしるし
必ずタキシードで臨むべし

ブラックタイ
ブラックタイのフォーマル度

正式な礼装でなければマナー違反と認定される

ブラックタイを文字通りに黒のタイを締めることと受け取るのは間違い。「タキシードでお越しください」という意味が正解だ。

かつては夜の準礼装という位置づけだったタキシードだが、現在ではテイルコートと並び、礼装の中でも最もフォーマルな正礼装と同格に扱われる。

ドレスコードがブラックタイということは格式高い式典になるので、正統なタキシードで参加しないとマナー違反になってしまう。当然シャツやタイ、小物まで礼装用のものでしっかり揃えることも必要だ。

【ブラックタイ】4つのルール

タキシード

[RULE 01]タキシード必須
タキシードの正式な色は黒か濃紺。ラペルはピークトラペルかショールカラーが正式とされる。ジャケットはシングル・ダブルともにあり、パンツの側章は1本。

シャツ

[RULE 02]シャツは胸プリーツ専用のものを
白無地で胸にプリーツの入ったシャツが正式。基本の襟デザインはウィングかレギュラーカラーのいずれか。フロントボタンを隠した比翼仕立てのタイプも多い。

靴

[RULE 03]靴はこの3種
礼装の足元は本来、エナメルのオペラパンプスや内羽根のプレーントウが正式。ただ、現在では黒カーフのストレートチップも着用OKとされる。

小物

[RULE 04]小物はすべて黒
タキシードに合わせるサスペンダーやカマーバンド、ベストなどの小物は、すべて黒で揃える。さらにカフリンクスやスタッズも黒を選ぶのが正解だ。

さらに詳しく知るにはコチラ!

「ビジネスの装いルール完全BOOK」

ビジネスの装いルールブック
新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』>> Amazon.co.jpで購入 

<⽬次>
第1章: 知的に⾒せるサイズ選びの正解
第2章: スーツの装い、基本の着⽅
第3章: 合わせ⽅の基本セオリー
第4章: ⾜元こそ装いの画⻯点睛
第5章: 上質な快適を装う
第6章: ⾮⽇常時にこそ試される教養
第7章: スーツのディテールには役割がある

本体価格:1000円+税
発行:世界文化社

[『ビジネスの装いルール完全BOOK』の記事を再構成]

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop