アシックスランウォークのローファー。その魅力を編集部員が語る【名作予報】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

見た目を裏切る歩行性

アシックスランウォークのローファー

 
アシックスランウォークのローファー


対談_橋本 橋本 このローファー、今、業界人の間でも話題のランウォークですよね。


対談_平澤 平澤 そう。ご覧の通りのトラッド顔なのに、とにかく歩きやすい。


対談_橋本 橋本 やっぱり。この色合いも珍しいですし、夏にぴったりの清涼感ですね。


対談_平澤 平澤 ちなみにこのベロアは英国の超有名タンナー製。しかもゲルソールのブルーの見え方にもこだわっていて、ベロアのシックな色合いとのバランスを考慮して、色の濃さや明るさ、透明感を調節しながら仕上げてあるそう。


対談_橋本 橋本 へぇー、確かにベロアのアッパーとゲル部分にトーンの異なるブルーが、とても洒脱な仕上がり。紐靴が多かったこの手のドレス靴において、ローファーはなかなか珍しいですよね。


対談_平澤 平澤 そうそう。長年トップアスリートの足元を支えてきた名門が、その知見と技術を余すところなく搭載したローファーだけあって、この群を抜いたソールのクッション性と屈曲性は、スニーカーと同等だね。


対談_橋本 橋本 これなら、今の時代のセットアップにもぴったり。上品さと軽快さ、そしてこの華やかさが、服飾業界人たちからも注目されるわけですね。


対談_平澤 平澤 夏のクールビズにも涼やかだし、休日用のお出かけ靴としてもぴったり。



アシックスランウォークのローファー_靴底
 

機能と美しさを備えた新時代のドレスニ
踵部分と前足部の周囲に衝撃緩衝機能「GEL」を搭載。ミッドソールにはランニング靴にも使用している「アンプリフォーム」を採用し、弾むように軽い足取りを実現。4万9500円(アシックスジャパン お客様相談室)


    話したのはこの2人


    対談_平澤 平澤香苗(編集長)
    重くて堅い、仕事靴の概念を覆すランウォークの機能性に注目。自身もレディスを履いて快適さを実感した。


    対談_橋本 橋本慎司(ファッション担当)
    長時間歩き続けても疲れにくいランウォークは取材のお供。脱ぎ履きしやすいローファーを次は狙っている。


Brand HistoryASICS RUNWALK(アシックスランウォーク)
日本が世界に誇るスポーツ用品メーカー、アシックスが1994年から展開。オーセンティックなデザインとスポーツ工学を応用した逸品を展開。



[MEN’S EX Summer 2021の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
※表示価格は税込み

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop