陸上・朝原宣治さんに聞いた「選手とコーチの理想の関係」とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

東京五輪のゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める丸山茂樹プロが、オリンピアンと語らいながらそのライフスタイルを深掘りする本企画。最終回のゲストは元陸上選手の朝原宣治さん。陸上とゴルフの意外な接点、マスターズ優勝を果たした松山英樹プロの秘話なども飛び出した。

【Fun for Win】VOL.13
東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ 丸山茂樹×朝原宣治[後編]

>>>[前編]はこちら

丸山さんと朝原さんの対談後編_メイン

丸山茂樹さん
1969年生まれ。千葉出身。日本ツアー通算10勝。2000年よりアメリカツアーに参戦して3勝。2002年には伊澤利光プロとゴルフワールドカップを制覇。現在はゴルフ解説などで活躍する傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも尽力。東京五輪ではリオデジャネイロ五輪に続き、ゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。愛称は“マルちゃん”。セガサミーホールディングス所属。

朝原宣治さん
1972年生まれ。兵庫出身。高校から陸上を始め、走り幅跳びと短距離で活躍。1996年アトランタ五輪100mで、日本人として28年ぶりに準決勝進出。2008年北京五輪では400mリレーで銀メダル獲得。同年引退し、現在は大阪ガスに勤めながら陸上クラブ「ノビィ トラック&フィールドクラブ」を主宰。生涯スポーツの祭典、世界マスターズ陸上にも挑戦し続けている。

不夜城のネオンに導かれ砂漠地帯をドライブデート

丸山 朝原さんは、休日をどのように過ごされているんですか? 

朝原 これまでは週末も仕事やトレーニングにあてていたので、休日はほとんどありませんでしたが、最近は家族と小旅行を楽しむこともあります。淡路島は車で2時間程と近くて、大好きな温泉もあるのがいいですね。

丸山 明石といえば鯛ですね。

朝原 鱧も雲丹も美味しいですよ。野菜では玉ねぎが有名ですね。

丸山 最近は料理もされるとか。

朝原 先日、妻の誕生日に初めてローストビーフを作りました。

丸山 格好いいですね。

朝原 普段はあまり料理をしないので、共働きの妻から小言を言われていたんです。ある日、僕ら夫婦と共通の友人の三人で食事をしたときに、妻は夫に何をしてもらったら喜ぶかという話題になって、これはまずい展開だぞと思いながら聞いていたところ……。

丸山 お気持ち、お察しします(笑)。

朝原 妻が何もしなくてもいい日があると特別感があっていいから、夫が料理をするのが一番だろうという話になり、僕も作らざるをえなくなって。見栄えが良くて誕生日にも相応しいローストビーフを、動画を見ながら作りました。マッシュポテトも添えて。

丸山 奥様は喜ばれたでしょうね。

朝原 「これ、これ!」と初めて見る喜びようでしたね。これで妻の機嫌は、一年はもつと思います(笑)。

丸山 奥様はバルセロナ五輪シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)の銅メダリスト、奥野史子さんですよね。五輪出場後は、シルク・ドゥ・ソレイユで活躍されていたとか。

朝原 ラスベガスでショーガールとして舞台に立っていました。当時は僕もオースティン在住だったので、楽しかったですよ。週末はラスベガスの職場まで彼女を送り届けたりもしたんですが、砂漠のなか車を走らせていると突如きらびやかなネオンが現れるんです。

丸山 確かに夕方のマジックアワーに浮かび上がる様は圧巻。まさに不夜城と呼ぶのに相応しい街ですよね。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Summer VOL.324

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop