【Nakamura’s BASIC#2】ダブルブレストは80年代フレンチテイストでスポーティに

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

普遍を知り、アップデートすることこそ洒脱の鍵

“軸をぶらさず、かつ立ち止まらない”。これがビームス クリエイティブディレクター 中村達也さんのファッション哲学だ。そのためには、ベーシックを基盤に装いや選びでいかに“今”を表現するかが肝要。基本も応用も熟知する中村さんに、その極意を学ぼう。



ダブルブレストジャケット

「堅く見えがちなダブルブレストは80’sフレンチテイストでスポーティに」
――中村さん

ここ5〜6年にわたって各ブランドが打ち出し、年々浸透度を増しているダブルブレストジャケット。往時は威厳や重厚さといったイメージがつきものだったが、現在はリラックスして着られるものが主流に。そんな新定番ジャケットを今風に着こなすコツとは?

TAGLIATORE(タリアトーレ)

 
タリアトーレのダブルジャケット2種

[左]カジュアルダウンしやすい柄ものも人気上昇中
芯地などを軽量化しリラックス感を高めたモデル「G-ダレル」の新作。チェックなど柄ジャケットにもダブルブレストが増えているのが昨今の傾向だ。無地よりカジュアルな印象になり、休日使いもしやすいのが魅力。10万1200円(ビームス 六本木ヒルズ)

[右]王道にして新鮮さも備えた4つボタンの紺ブレ
代表作「ヴェスヴィオ」をベースに、肩線を後ろに振るなどのアレンジを加えた「コスタ アズッラ」。ホップサックウールで仕立てた王道の紺ブレだが、フロントを4つボタンにすることで新鮮さを演出している。10万4500円(ビームス 六本木ヒルズ)

[ UPDATE POINT ]

軽快さを出せるアンコンや4つボタンを
装いの“軽やかさ”が不可欠な今のムードを受けて、ダブルジャケットも軽快感を備えたものが打ち出しの中心となっている。上写真・左のようなアンコン仕立てに加え、昨今はシャツのように軽いダブルも多い。また、昨年から4つボタンのダブルが注目されているが、これも6つボタンに比べ軽快に映るのが特徴だ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop