オンオフ使える「春ジャケット」のおすすめを人気ショップ&ブランドに聞いた!

bool(false)

>> この記事の先頭に戻る

LUIGI BORRELLI(ルイジ ボレッリ)

ルイジボレッリのネイビージャケット

「ナポリのテーラリングを駆使し軽さとシルエット美を両立」
バインド ピーアール 河原昇平さん

 

ヘリンボーンウールのネイビージャケットは、一枚仕立てだがアンコンではない。「芯地を使わずに、職人が縫製とアイロンだけで立体的に作るナポリ伝統仕立てのため、軽量なのにシルエットがきれい。きちんと感も備わっています」(河原さん)。15万円(バインド ピーアール)



CARUSO(カルーゾ)

カルーゾ_ジャケット

「エレガントなブルゾン感覚でヘビーローテーションできます」
エストネーションPR 井平貴紀さん

 

最大の特徴は表地を裏まで引き返し、共地で作る無双仕立て。「ポリエステル生地を無双仕立てにすることで、ふっくらリッチな風合いに仕上げました。ウエストを絞りすぎていないため、ブルゾン感覚で着回すことができます」(井平さん)。13万円(エストネーション)



FINJACK(フィンジャック)

フィンジャック_軽快ジャケット

「薄くて軽いのにエレガント。イタリア伝統技が光ります」
SHIPS メンズ プレス 河野建徳さん

 

伊語で雲を意味する「ヌーヴォラ」シリーズの軽快ジャケット。「サラッとした楊柳素材を使用し、副資材を極力省くことでシャツのような薄さと軽さを実現。ハンドを多用したイタリア伝統仕立てだけに、品もしっかり備わっています」(河野さん)。6万円(シップス 銀座店)



[MEN’S EX Spring/Summer 2021の記事を再構成]
※表示価格は税抜き

2024

VOL.342

Summer

  1. 2
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop