新連載「Nakamura’s BASIC」。今月は無地スーツの極意を学びます

array(4) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1193398) ["id"]=> int(1193398) ["title"]=> string(16) "ME2105-122-124-3" ["filename"]=> string(20) "ME2105-122-124-3.jpg" ["filesize"]=> int(242108) ["url"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-3.jpg" ["link"]=> string(56) "https://www.mens-ex.jp/archives/1193406/me2105-122-124-3" ["alt"]=> string(52) "ナカムラベーシックのコーディネート1" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(16) "me2105-122-124-3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1193406) ["date"]=> string(19) "2021-03-19 06:42:42" ["modified"]=> string(19) "2021-03-19 08:30:10" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-3-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(898) "
シャツ2万7000円/エリコ フォルミコラ、タイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ2800円/ビームスF(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[NAVY SUIT style]と同じ

 

NAVY SUIT style
「ブルー系で統一してシックなVゾーンに」――中村さん

「ダブルストライプのシャツにヴィンテージテイストのジャカードタイをコーディネート。柄自体は主張のあるものですが、色みをブルー系で統一することで落ち着いた印象にまとめています。ネクタイの柄はピッチが広いものを選んで、シャツの柄のバランスに配慮しているのもポイント。チーフは白無地をTVフォールドで挿して、控えめな胸元にしました」

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1193399) ["id"]=> int(1193399) ["title"]=> string(16) "ME2105-122-124-4" ["filename"]=> string(20) "ME2105-122-124-4.jpg" ["filesize"]=> int(242451) ["url"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-4.jpg" ["link"]=> string(56) "https://www.mens-ex.jp/archives/1193406/me2105-122-124-4" ["alt"]=> string(52) "ナカムラベーシックのコーディネート2" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(16) "me2105-122-124-4" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1193406) ["date"]=> string(19) "2021-03-19 06:42:43" ["modified"]=> string(19) "2021-03-19 08:30:10" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-4-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-4-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-4.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-4.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(961) "
シャツ2万2000円/ギ ローバー、タイ1万7000円/フランチェスコ・マリーノ、チーフ6800円/パオロ アルビザッティ(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[NAVY SUIT style]と同じ

 

NAVY SUIT style
「イエローストライプのタイで’80〜’90年代的アメリカンを意識」――中村さん

「1980〜’90年代のアメリカ的なテイストを盛り込んだスタイリング。キーアイテムはイエローのストライプが効いたタイ。独特の華やかさが特徴で、1980〜’90年代的なムードを醸し出します。ちなみに当時、イエローの入ったタイは“モテる服装”に欠かせませんでした(笑)。シャツは青無地に。柄タイを合わせる際は、白より青のほうが柔らかな印象になります」

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1193400) ["id"]=> int(1193400) ["title"]=> string(16) "ME2105-122-124-5" ["filename"]=> string(20) "ME2105-122-124-5.jpg" ["filesize"]=> int(314184) ["url"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-5.jpg" ["link"]=> string(56) "https://www.mens-ex.jp/archives/1193406/me2105-122-124-5" ["alt"]=> string(52) "ナカムラベーシックのコーディネート3" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(16) "me2105-122-124-5" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1193406) ["date"]=> string(19) "2021-03-19 06:42:43" ["modified"]=> string(19) "2021-03-19 08:30:10" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-5-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-5-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-5.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-5.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(916) "
シャツ2万6000円/ボリエッロ、タイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ3800円/ビームスF(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[GRAY SUIT style]と同じ

 

GRAY SUIT style
「今季注目のカラーシャツは無地だけでなくストライプも」――中村さん

「今季、久々に復活したカラーシャツを効かせてアップデートを。こちらはグリーン系の色ですが、無地ではなくストライプを選んだのがポイント。白場がある分、無地のグリーンより合わせやすくなります。ネクタイも同じくグリーン系で統一しつつ、チーフは白でなく生成りを合わせて柔らかい雰囲気に。色を差すときは複雑なVゾーンにならないようご注意を」

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1193401) ["id"]=> int(1193401) ["title"]=> string(16) "ME2105-122-124-6" ["filename"]=> string(20) "ME2105-122-124-6.jpg" ["filesize"]=> int(293478) ["url"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-6.jpg" ["link"]=> string(56) "https://www.mens-ex.jp/archives/1193406/me2105-122-124-6" ["alt"]=> string(52) "ナカムラベーシックのコーディネート4" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(16) "me2105-122-124-6" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1193406) ["date"]=> string(19) "2021-03-19 06:42:44" ["modified"]=> string(19) "2021-03-19 08:30:10" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-6-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(81) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-6-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-6.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ME2105-122-124-6.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(917) "
シャツ2万5000円/ドレイクス、タイ1万7000円/フランチェスコ・マリーノ、チーフ3800円/ビームスF(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[GRAY SUIT style]と同じ

 

GRAY SUIT style
「クリーム色のシャツでグレースーツを柔和に」――中村さん

「シャツは一見、白無地のようですが、実は薄いクリーム色。白よりも柔らかい印象を醸し出したいときに便利なアイテムです。そんな雰囲気に合わせて、ネクタイも軽やかなプリントタイを選びました。色柄を多用しているためレベルが高く感じるかもしれませんが、タイのベースカラーをスーツと、柄色をシャツやチーフの色とリンクさせて調和を図っています」

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

普遍を知り、アップデートすることこそ洒脱の鍵

ナカムラベーシック_メイン

“軸をぶらさず、かつ立ち止まらない”。これがビームス クリエイティブディレクター 中村達也さんのファッション哲学だ。そのためには、ベーシックを基盤に装いや選びでいかに“今”を表現するかが肝要。基本も応用も熟知する中村さんに、その極意を学ぼう。



ネイビー&グレーの無地スーツ

ナカムラベーシック_メイン2

ライトトーン無地スーツで足しすぎず引きすぎないバランス感覚を持って着る
――中村さん

スーツの大基本といえばネイビー&グレーの無地。ここ数年は英国調の隆盛により、グレンプレイドやハウンドトゥースなど柄物が主流だったが、今、改めて王道の無地を見直してみたい。新鮮に見せる鍵はやはりシャツタイにあるが、中村さんはどんな装いで“今”を表現するのだろうか。

[ UPDATE POINT ]

今買い足すならライトトーンのものを
今季、無地スーツを買い足そうと考えているなら、ネイビー、グレーともに少しだけ明るめのトーンを選ぶのがおすすめ。春夏スーツにおいては定番的な選択だが、濃紺やダークグレーよりも軽やかな印象に見え、これが今また新鮮に感じるのだ。

<figure><figcaption>シャツ2万7000円/エリコ フォルミコラ、タイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ2800円/ビームスF(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[NAVY SUIT style]と同じ</figcaption></figure>
<p> </p>
<p><strong>NAVY SUIT style<br />「ブルー系で統一してシックなVゾーンに」――中村さん</strong><br />
「ダブルストライプのシャツにヴィンテージテイストのジャカードタイをコーディネート。柄自体は主張のあるものですが、色みをブルー系で統一することで落ち着いた印象にまとめています。ネクタイの柄はピッチが広いものを選んで、シャツの柄のバランスに配慮しているのもポイント。チーフは白無地をTVフォールドで挿して、控えめな胸元にしました」</p>

シャツ2万7000円/エリコ フォルミコラ、タイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ2800円/ビームスF(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[NAVY SUIT style]と同じ

 

NAVY SUIT style
「ブルー系で統一してシックなVゾーンに」――中村さん

「ダブルストライプのシャツにヴィンテージテイストのジャカードタイをコーディネート。柄自体は主張のあるものですが、色みをブルー系で統一することで落ち着いた印象にまとめています。ネクタイの柄はピッチが広いものを選んで、シャツの柄のバランスに配慮しているのもポイント。チーフは白無地をTVフォールドで挿して、控えめな胸元にしました」

<figure><figcaption>シャツ2万2000円/ギ ローバー、タイ1万7000円/フランチェスコ・マリーノ、チーフ6800円/パオロ アルビザッティ(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[NAVY SUIT style]と同じ</figcaption></figure>
<p> </p>
<p><strong>NAVY SUIT style<br />「イエローストライプのタイで’80〜’90年代的アメリカンを意識」――中村さん</strong><br />
「1980〜’90年代のアメリカ的なテイストを盛り込んだスタイリング。キーアイテムはイエローのストライプが効いたタイ。独特の華やかさが特徴で、1980〜’90年代的なムードを醸し出します。ちなみに当時、イエローの入ったタイは“モテる服装”に欠かせませんでした(笑)。シャツは青無地に。柄タイを合わせる際は、白より青のほうが柔らかな印象になります」</p>

シャツ2万2000円/ギ ローバー、タイ1万7000円/フランチェスコ・マリーノ、チーフ6800円/パオロ アルビザッティ(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[NAVY SUIT style]と同じ

 

NAVY SUIT style
「イエローストライプのタイで’80〜’90年代的アメリカンを意識」――中村さん

「1980〜’90年代のアメリカ的なテイストを盛り込んだスタイリング。キーアイテムはイエローのストライプが効いたタイ。独特の華やかさが特徴で、1980〜’90年代的なムードを醸し出します。ちなみに当時、イエローの入ったタイは“モテる服装”に欠かせませんでした(笑)。シャツは青無地に。柄タイを合わせる際は、白より青のほうが柔らかな印象になります」

<figure><figcaption>シャツ2万6000円/ボリエッロ、タイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ3800円/ビームスF(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[GRAY SUIT style]と同じ</figcaption></figure>
<p> </p>
<p><strong>GRAY SUIT style<br />「今季注目のカラーシャツは無地だけでなくストライプも」――中村さん</strong><br />
「今季、久々に復活したカラーシャツを効かせてアップデートを。こちらはグリーン系の色ですが、無地ではなくストライプを選んだのがポイント。白場がある分、無地のグリーンより合わせやすくなります。ネクタイも同じくグリーン系で統一しつつ、チーフは白でなく生成りを合わせて柔らかい雰囲気に。色を差すときは複雑なVゾーンにならないようご注意を」</p>

シャツ2万6000円/ボリエッロ、タイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ3800円/ビームスF(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[GRAY SUIT style]と同じ

 

GRAY SUIT style
「今季注目のカラーシャツは無地だけでなくストライプも」――中村さん

「今季、久々に復活したカラーシャツを効かせてアップデートを。こちらはグリーン系の色ですが、無地ではなくストライプを選んだのがポイント。白場がある分、無地のグリーンより合わせやすくなります。ネクタイも同じくグリーン系で統一しつつ、チーフは白でなく生成りを合わせて柔らかい雰囲気に。色を差すときは複雑なVゾーンにならないようご注意を」

<figure><figcaption>シャツ2万5000円/ドレイクス、タイ1万7000円/フランチェスコ・マリーノ、チーフ3800円/ビームスF(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[GRAY SUIT style]と同じ</figcaption></figure>
<p> </p>
<p><strong>GRAY SUIT style<br />「クリーム色のシャツでグレースーツを柔和に」――中村さん</strong><br />
「シャツは一見、白無地のようですが、実は薄いクリーム色。白よりも柔らかい印象を醸し出したいときに便利なアイテムです。そんな雰囲気に合わせて、ネクタイも軽やかなプリントタイを選びました。色柄を多用しているためレベルが高く感じるかもしれませんが、タイのベースカラーをスーツと、柄色をシャツやチーフの色とリンクさせて調和を図っています」</p>

シャツ2万5000円/ドレイクス、タイ1万7000円/フランチェスコ・マリーノ、チーフ3800円/ビームスF(以上ビームス ハウス 丸の内) スーツは上画像[GRAY SUIT style]と同じ

 

GRAY SUIT style
「クリーム色のシャツでグレースーツを柔和に」――中村さん

「シャツは一見、白無地のようですが、実は薄いクリーム色。白よりも柔らかい印象を醸し出したいときに便利なアイテムです。そんな雰囲気に合わせて、ネクタイも軽やかなプリントタイを選びました。色柄を多用しているためレベルが高く感じるかもしれませんが、タイのベースカラーをスーツと、柄色をシャツやチーフの色とリンクさせて調和を図っています」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Sep. VOL.325

9

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop