街中でアストンマーティンの新型ヴァンテージに乗って分かった乗り味

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1193225) ["id"]=> int(1193225) ["title"]=> string(26) "car_20210325_astonmartin_1" ["filename"]=> string(30) "car_20210325_astonmartin_1.jpg" ["filesize"]=> int(124108) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_1.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1193119/car_20210325_astonmartin_1" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "car_20210325_astonmartin_1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1193119) ["date"]=> string(19) "2021-03-18 10:19:27" ["modified"]=> string(19) "2021-03-18 10:19:27" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(501) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_1-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(501) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(501) } } ["entry_gallery_description"]=> string(271) "

撮影車両にはオプションの20インチホイールが装着されていた。ハイブランドらしく、その他にもインテリアなど、好みに合わせて自由にカスタマイズができるメニューが豊富に用意されている。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1193226) ["id"]=> int(1193226) ["title"]=> string(26) "car_20210325_astonmartin_2" ["filename"]=> string(30) "car_20210325_astonmartin_2.jpg" ["filesize"]=> int(312420) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_2.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1193119/car_20210325_astonmartin_2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "car_20210325_astonmartin_2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1193119) ["date"]=> string(19) "2021-03-18 10:19:33" ["modified"]=> string(19) "2021-03-18 10:19:33" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(521) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_2-300x208.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(208) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(521) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(521) } } ["entry_gallery_description"]=> string(284) "

ソフトトップを装備したロードスターモデルも販売されている。写真の車両に装備されているベーンドグリルは歴代のアストンマーティンを踏襲したデザインとなっていて、クーペモデルにも装備が可能。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1193227) ["id"]=> int(1193227) ["title"]=> string(26) "car_20210325_astonmartin_3" ["filename"]=> string(30) "car_20210325_astonmartin_3.jpg" ["filesize"]=> int(140379) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_3.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1193119/car_20210325_astonmartin_3" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "car_20210325_astonmartin_3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1193119) ["date"]=> string(19) "2021-03-18 10:19:40" ["modified"]=> string(19) "2021-03-18 10:19:40" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_3-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/car_20210325_astonmartin_3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(381) "

ナビゲーション表示に対応した最新世代のデジタルメーターを搭載。ドライブモードはスポーツ、スポーツプラス、トラックの3種類。ノーマルやコンフォートといったニーズの高い快適なモードを用意していないところに、スポーツカーというキャラクターがより表れている。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
アストンマーティン 新型ヴァンテージ

性能に自信があるからこそのネーミング

古くからのアストンマーティンファンであれば、ヴァンテージという名前の持つ響きに抗し難い魅惑を感じてしまうものだ。“ヴァンテージ”はその昔のサブネームで、最も高性能なグレードを特別にそう呼んでいた。意味するところもまた“優勢”。アドバンテージと意味は同じである。

例えば最初のヴァンテージはアストンマーティンV8というモデルのハイスペック版で、V8ヴァンテージとその名をセットでアストンマーティンファンが耳にすれば、必ず“ほほう”と振り返る。そんな由緒ある名前なのだ。

ヴァンテージの名が単独のモデル名として初めて使われたのは2005年デビューの、その名もV8ヴァンテージだった。面白いことに当時、このV8ヴァンテージというモデルはブランドで最も小さなサイズのエントリーモデルでもあった。それゆえ、昔ながらのファンには違和感があったかもしれないけれども、たとえエントリーモデルであっても他ブランドよりパフォーマンスは“優勢”だという、それはメーカーの心意気を表すものだったに違いない。

アストンマーティン 新型ヴァンテージ
ボディサイズは全長4465mm×全幅1942mm×全高1273mm、重量は1530kgとなる。8速ATを後部に設置するなどパッケージングを徹底することで、コーナリング性能に重要な50:50の重量配分を実現している。

それはともかく、現行型のヴァンテージは先代と同様にブランドのエントリーモデルという位置付けを継承している。兄貴分のDB11やDBSスーパーレッジェーラとは違って、2シーターのGTスポーツだ。エンジンはもちろんV8で、今では4Lのツインターボとなった。このエンジン、実はメルセデスAMGが開発したM177と呼ばれるユニット。63系に搭載されているウェットサンプエンジンだ。トランスミッションは7速のマニュアルと8速のオートマチックから選べる。AMGエンジンをマニュアルで操れる唯一のモデルなのだ。

アストンマーティン 新型ヴァンテージのディテールを見る(画像3枚)

<p>撮影車両にはオプションの20インチホイールが装着されていた。ハイブランドらしく、その他にもインテリアなど、好みに合わせて自由にカスタマイズができるメニューが豊富に用意されている。</p>

撮影車両にはオプションの20インチホイールが装着されていた。ハイブランドらしく、その他にもインテリアなど、好みに合わせて自由にカスタマイズができるメニューが豊富に用意されている。

<p>ソフトトップを装備したロードスターモデルも販売されている。写真の車両に装備されているベーンドグリルは歴代のアストンマーティンを踏襲したデザインとなっていて、クーペモデルにも装備が可能。</p>

ソフトトップを装備したロードスターモデルも販売されている。写真の車両に装備されているベーンドグリルは歴代のアストンマーティンを踏襲したデザインとなっていて、クーペモデルにも装備が可能。

<p>ナビゲーション表示に対応した最新世代のデジタルメーターを搭載。ドライブモードはスポーツ、スポーツプラス、トラックの3種類。ノーマルやコンフォートといったニーズの高い快適なモードを用意していないところに、スポーツカーというキャラクターがより表れている。</p>

ナビゲーション表示に対応した最新世代のデジタルメーターを搭載。ドライブモードはスポーツ、スポーツプラス、トラックの3種類。ノーマルやコンフォートといったニーズの高い快適なモードを用意していないところに、スポーツカーというキャラクターがより表れている。

<p>撮影車両にはオプションの20インチホイールが装着されていた。ハイブランドらしく、その他にもインテリアなど、好みに合わせて自由にカスタマイズができるメニューが豊富に用意されている。</p>

撮影車両にはオプションの20インチホイールが装着されていた。ハイブランドらしく、その他にもインテリアなど、好みに合わせて自由にカスタマイズができるメニューが豊富に用意されている。

<p>ソフトトップを装備したロードスターモデルも販売されている。写真の車両に装備されているベーンドグリルは歴代のアストンマーティンを踏襲したデザインとなっていて、クーペモデルにも装備が可能。</p>

ソフトトップを装備したロードスターモデルも販売されている。写真の車両に装備されているベーンドグリルは歴代のアストンマーティンを踏襲したデザインとなっていて、クーペモデルにも装備が可能。

<p>ナビゲーション表示に対応した最新世代のデジタルメーターを搭載。ドライブモードはスポーツ、スポーツプラス、トラックの3種類。ノーマルやコンフォートといったニーズの高い快適なモードを用意していないところに、スポーツカーというキャラクターがより表れている。</p>

ナビゲーション表示に対応した最新世代のデジタルメーターを搭載。ドライブモードはスポーツ、スポーツプラス、トラックの3種類。ノーマルやコンフォートといったニーズの高い快適なモードを用意していないところに、スポーツカーというキャラクターがより表れている。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop